顔面が痒い!顔が痒くなる原因とは?

顔を洗って清潔にしていても気づけば顔面が痒い!なんてことありませんか?

私は特に季節の変わり目や冬の乾燥の強い時期に顔面が痒くなることが多く今回はなぜ痒くなるのか考えられる原因を調査してみました。

痒くてイライラしてしまう!なんてお悩みの方の参考になればと思います。

顔面をかくと余計痒くなる?

あなたは顔が痒い時どのような対策をしていますか?痒みが収まるまでかき続ける?ペシぺシと痒い部分をたたく?実は痒みによって皮膚をかいたりすると「痒い→掻く→皮膚が薄くなる」という悪循環を招いてしまうのです。

皮膚が薄くなると外的からの刺激にも弱くなり結果としてちょっとした刺激でもヒリヒリしたりどんどん痒くなってしまうのです。

顔面が痒いときこそしっかりと痒みの原因と対策方法を知ってきれいな肌を保ちましょう。

痒みの原因はいったい何?

皆さんが一番気になる痒みの原因ですが、皮膚疾患のほとんどは痒みを伴う場合が多いそうで原因も様々あるようです。

痒みのメカニズムは外的・内的な刺激を受けることでヒスタミンといわれる痒みを引き起こす物質などが放出されて頭が痒みとして認識することで、私たちがボリボリと患部を掻くという行動に出るわけです。

今回は身近でよく原因として考えられる痒みを引き起こす皮膚トラブルの原因をまとめましたのでまずはこちらをお読みください。

ストレスによって痒みが起きる

夜寝ようとすると全身痒くてなかなか寝られないなんて経験したことがある方もいるのではないでしょうか?

実際に私の友人が長期の旅行から帰ってきて明日から職場に出勤するという前日の夜に全身にものすごい痒みを感じて、搔いてしまったら蕁麻疹まで出てきて結局夜間救急センターのお世話になったことがあると言っていました。

それだけひどい痒みや蕁麻疹が出たならアレルギーか何かが原因だたの?と尋ねるとなんと驚くことに痒みの原因は明日から職場に出なくてはいけないというストレスにあったそうです。

これは実際に結構多くの方に当てはまる原因だそうで、ストレスによって受けた負荷を発散させようと体をかいたりすることでストレスを一時的に発散して気分をスッキリさせるといった行動がとられているようです。

確かに仕事などでも過度のストレスがたまると頭を搔きむしったり腕を搔いている人を良く見かけますがそれはストレスが原因の痒みによるものだったんです。

急激な温度変化による痒み

実は急激な温度変化によっても痒みは引き起こされるようで多くは痒みを伴う蕁麻疹を起こす場合が多いようです。

私が経験したのは冬場に熱いお風呂に急に入ると肌がなんだか急に痒くなってボリボリかいてしまったり、逆にお風呂上りに足や腕、顔面など痒くなってついついかいてしまうことがあります。

これらの原因は温熱・寒冷蕁麻疹というようで温度差によって皮膚の中の細胞が刺激を受けてヒスタミンという痒みを引き起こす素を放出してしまうことで起きるようです。

運動をした後に熱くて外で涼んでいたら急に顔や腕が痒くなるのもこの急激な温度差によって皮膚が刺激を受けるのが原因です。

汗によるかゆみ

これは明確に原因がわかっていない部分もあるようですが、緊張したり、運動したりすることで汗をかくとその部分が痒くなってかくと蕁麻疹まででてきてしまう現象です。

原因としては、汗に含まれるアセチルコリンという物質が何らかの刺激を起こして痒みを引き起こしていると考えられているようですが正確なメカニズムは証明されていないようです。

他にも汗をかくことによって顔面や腕などに痒みを引き起こす原因として自分の汗に含まれる物質にアレルギー反応を起こしていることがあるようです。

この痒みの特徴は手のひらや、足の裏にはできないようなので心当たりがある場合は一度専門家を受診してみる事をおすすめします。

アトピー性皮膚炎によるかゆみ

これは特に小児や乳幼児に多いのですが顔面に強い痒みを伴った湿疹が慢性的に繰り返す皮膚疾患の一つです。

最近ではストレスなどが引き金になって成人でもアトピーを引き起こしてしまうケースがあるようなので注意が必要です。

アトピーの見分け方としては乳児期は顔面に発疹が出やすくそれ以降は首や肘関節、膝関節などの内側によくできます。

どれも強い痒みを伴って赤く荒れたりぐしゅぐしゅとした発疹ができますのでこのような場合は酷くなる前に早めに専門の医療機関を受診しましょう。

特に子供などでは夜間に強く掻きむしってしまったりすることが多く朝起きたら布団が血まみれなんてことが良くあるので気を付けましょう。

毒毛虫による皮膚炎のかゆみ

これは私も実際に2回ほど経験があるのですが草むらや芝生といったどこにでもある草が生えている近くを通っただけで草むらに隠れている毒毛虫の毛が服や皮膚に刺さって強い痒みを起こします。

最初は見た目にも毛が刺さっているようには感じずかいているうちに小さい赤いぷつぷつがいっぱい大量に全身に出てきて初めて尋常じゃない状態に気づきます。

しかもただ痒いのではなくかいているうちにものすごく痛くなってきますのでこれから先茂みなど草むらに出かけた後に顔や体に痒みを感じた場合はまずは衣類など毛が刺さっていそうな部分をテープできれいにしてシャワーに入りましょう。

それでも強い痒みや発疹が大量に出てきた場合は皮膚科で薬をもらう必要がありますので病院を受診しましょう。

痒みの原因はたくさんある

ここまでで紹介した痒みの原因となるものはほんの一例で実はまだまだいろいろ痒い症状の原因は存在します。

虫やアレルギーによる痒みなどは正直自分ではもうどうすることもできないので早めに病院を受診するしかありませんが、ほかの原因については主に強すぎる刺激が原因ですので刺激を避けることで予防はできます。

また最近では化粧品などでも刺激から肌を守ってくれるようなものも出ていますのでこれからの季節、花粉やホコリなど刺激が増えますので早めに肌を守るスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか?

>>低刺激で肌の免疫を高めてくれるケア用品はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です