【要注意】夏から秋に肌荒れしやすくなる原因とその対策方法とは?

楽しいも終わりに近づくと気になりだすのがお肌の不調ですよね、夏からの変わり目は特に肌が弱っていることが多くしっかりスキンケアを徹底しないと大変なことになる場合もあります。

今回は夏から秋への季節の変わり目に押さえておきたい肌荒れ予防法や肌荒れの原因についてまとめました。

毎年この時期になると肌荒れが気になるという方は是非参考にしてみてください。

夏の肌質と秋の肌質の特徴とは?


そもそも季節によって肌質が変わるものなのか、と疑問に思っている方もいると思います。

結果からいうと夏の間と秋の間では同じ人物でも肌の状態は大きく変わりますので肌の状態にあったスキンケアが必要になります。

季節別肌の状態

季節
季節による影響 紫外線が増加

汗や皮脂によるベタつき

乾燥が加速

紫外線もまだ残る

肌荒れのタイプ ニキビ・吹き出物

日焼け・シミ・そばかす

肌のごわつき

乾燥小じわ

口元・目元の乾燥

肌のバリア機能低下によるトラブル

管理人
上記の表を見ると分かる通り秋の始め頃のお肌は夏のダメージを負ったまま乾燥する季節へと突入するので肌荒れを簡単に起こしやすい状態と言えます。

夏の間に蓄積したダメージが秋に現れる


夏は他の季節と比べて紫外線の量も多く気温や湿度も高くなりがちなので皮脂トラブルなども起きやすい時期です。

夏の間汗や紫外線対策のために制汗剤や日焼け止めといった肌に直接つけるタイプのものをどうしても日常的に使用してしまいます。

管理人
日焼け止めや制汗剤の中には肌に負担になるものも多く長時間付けることでお肌の機能が乱れることもあります。

 

更に女性の場合はファンデなども他に時期より小まめに塗りなおすことも多くなるので物理的な摩擦などのダメージも蓄積しやすくなっています

このような夏の間に少しづつ溜め込まれた肌のダメージが秋ころになると一気に表面化して肌荒れにつながるケースが多いんです。

肌荒れを起こすのはこれが原因

ベタベタと肌にまとわりつくような夏の季節からサラッとした心地いい寒さの秋になる頃どうしても夏の延長のようなスキンケアを続けている方が多いようです。

実は夏が終わり秋が始まる頃になると一気に乾燥が強くなります、それなのに多くの方は夏に余ったスキンケア用品で肌のケアを続けてしまうので肌がどんどんガサついたり肌荒れを起こしやすい状態へと進んでいきます。

秋に変わるころの肌は夏の間に受けた紫外線のダメージを残しているのでここでしっかり保湿対策を徹底しておかなければ紫外線のダメージと乾燥によるダメージのダブルパンチで一気に肌荒れを起こします。

夏から秋への季節の変わり目こそ早い段階で保湿系のスキンケア用品を取り入れたケアに変えることが大切なんです。

肌荒れの原因まとめ
  • 夏の間に蓄積したダメージが残っている
  • 秋の乾燥した空気に合ったスキンケアができていない
  • 秋に合った紫外線対策が不十分
  • 肌のバリア機能をサポートできていない

これだけは押さえておきたい予防法

夏の終わりころと言ってもまだまだ紫外線の影響はありますし日によっては気温もグンと上昇する日もあります。

この季節の変わり目に時期に大切になるスキンケアポイントをいくつかまとめました。

1 紫外線対策を変える


夏の間の紫外線対策と言うとガード力の強い塗る日焼け止めや夏用紫外線防止化粧品を使っていたと思います。

しかし秋への変わり目は夏本番と比べると紫外線量も落ち着いてきていますのでむやみに強い日焼け止めを使い続けるのではなく季節に合ったものを選ぶようにすると肌への負担を軽減できます。

管理人
私自身は夏の間は日中用下地・CCクリーム・塗る日焼け止め・飲む日焼け止めの4つを駆使して紫外線を予防していましたが季節の変わり目頃はCCクリーム・飲む日焼け止めの2つに減らします。

 

塗る日焼け止めは長時間付けるとベタつきも気になりますししっかり洗い流さなければニキビなどの肌荒れを起こしやすいからです。

夏から秋への変わり目に時期は正直そこまで徹底した紫外線対策をしなくても毎日のスキンケアをしっかりすることで十分美白対策は可能です。

【保存版】飲む日焼け止めサプリおすすめランキングTOP3

2018.09.21

2 スキンケアは保湿と美白を徹底する


何度も言うように季節の変わり目のお肌は紫外線によるダメージもまだまだ蓄積した状態です。

しかし秋のはじめは乾燥も気になり始める時期でもありますので美白と保湿この2つを重点的にケアすることが必要になります。

管理人
美白対策をすることで紫外線によって活性化されたメラニン色素を抑制し、保湿対策によって肌のバリア機能などを整えて肌荒れしにくい状態へと導きます。

 

美白と保湿両方しっかりするとなるとどうしてもスキンケアにかけるお金も気になってしまう、という方は美白効果を持った保湿系オールインワンジェルがオススメです。

特に夏から秋への季節の変わり目時期におすすめなのが「シズカゲル」という皮膚科医とエステの専門家が協力して作り出した美白系オールインワンジェルです。

使用感がとてもサッパリとしており残暑が残る秋のはじめにはピッタリです。

3 夏の間に毛穴が開いた方は引き締めケア


どうしても高温多湿の時期は毛穴も開きやすくなりますよね、開いてしまった毛穴を放置すると皮脂など溜まりイチゴ鼻の原因にもなります。

夏から秋へ変わる頃になるとだいぶん気温も落ち着いてきますのでこの時期こそしっかり毛穴ケアを徹底することが大切です。

開いてしまった毛穴を元のように引き締めるには収れんタイプの化粧水などもオススメですが最近では毛穴ケアに特化したスキンケア用品もあります。

寝る前に毛穴の気になる部分に付けて朝に洗顔で落とすタイプの「ケアナノパック」は比較的早く毛穴の引き締まりを実感できるのでかなり人気です。

管理人
毛穴トラブルは放置しておくとニキビやザラつき、凹凸などのトラブルを引き起こしますので夏から秋への変わり目の時期こそ徹底的にケアしましょう。

この記事のまとめ


夏から秋へと季節が変わると同じようにお肌の状態も移り変わっていきます。

特にこの時期は夏の紫外線ダメージを残しているので美白と乾燥対策は肌荒れ予防のために必須と言えるでしょう。

肌荒れ予防対策
  • 美白ケア
  • 保湿ケア
  • 毛穴ケア

上記のようなケアは肌荒れを予防するためにしっかりと気をつけておきたいポイントといえます。

毎日のコツコツとしたスキンケアの積み重ねが1ヶ月、1年後の肌の状態を大きく変えますので今年の夏は肌に負担をかけたと思う方はいつもより念入りにケアをしてみてはいかがでしょうか。

【保存版】乾燥肌におすすめの保湿化粧品ランキング

2018.09.03

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。

ABOUTこの記事をかいた人

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。