花粉で肌荒れやカサカサが酷い!痒みもある時の最適な対処法は?

温かくなってくると気になりだすのが花粉による肌荒れ痒みですよね。

特に冬から春へと季節が変わる時期はまだ乾燥が強くお肌もカサカサになりやすい時期といえます。

花粉が多くなる時期に起きる肌荒れやカサカサ、痒み等が気になる時の対処法を今回は紹介していきます。

季節の変わり目は要注意

日本人の半分以上の女性が実は敏感肌であるというのは結構有名なお話で、特に季節の変わり目などにお肌の調子を崩す方は多いようです。

特に肌荒れがひどくなりやすいのが乾燥がまだ強く残っている春先などで、気温も暖かくなりスキンケアもついつい保湿ケアが不十分になりやすい季節です。

春先は乾燥対策と花粉や紫外線対策も一緒に行うことが必要になってきますが、多くの方は紫外線対策優先になってしまい結果的にお肌の乾燥が進行してカサカサになって痒みなどを引き起こすのです。

まずは肌荒れやカサカサといった目に見える肌トラブルが気になり始めた時は自分のスキンケアを見直すことが大切なんです。

管理人
では早速花粉の時期に起きてしまった肌トラブルの対処方法を確認していきましょう。

1 花粉の時期こそしっかり保湿


花粉の時期は何度も言うように乾燥がまだまだ残っていますので冬場とか同じようなしっかりとした保湿ケアをすることが必要になります。

特に敏感肌など肌荒れを起こしやすい方は乾燥が進むと肌のバリア機能が崩れてどんどん感想も悪化しやすくなる負のスパイラルに陥ってしまいます。

肌荒れや肌のカサカサ、痒みが気になる時はいつもより低刺激で保湿性の高いスキンケア用品でお肌のダメージを受けた細胞をしっかりと潤すことが重要です。

スキンケアで基礎の土台部分となるのはしっかりと潤ったお肌の環境を維持することですのでまずはしっかりと保湿性の高いスキンケア用品を使うようにしましょう。

2 肌のバリア機能を高めるケア


しっかりとお肌の保湿ケアができたら次に重要なのが外からの刺激に負けないバリア機能を持った肌に育てることが必要です。

肌のバリア機能を高めるにはセラミドやコラーゲンなどを多く含んだ化粧品を使うことがおすすめです。

最近では敏感肌専門ブランドから弱ったお肌のバリア機能を高めてくれる処方の化粧水などのセットも出ているので肌トラブルなどで悩んでいる方は1度トライアルセットなどで試してみるのもアリです。

敏感肌用ブランドのディセンシアから出ているサエルは肌のバリア機能アップだけじゃなく、紫外線によるダメージもケアできますので気になった方はランキングからチェックしてみてください。

【保存版】乾燥肌におすすめの保湿化粧品ランキング

2017.12.18

実際に私自身花粉症と敏感肌で花粉が飛散する時期は必ず肌の調子が悪くなりがちですが、保湿対策とバリア機能を高める化粧品に変えてからは大分トラブルは減ったように感じています。

3 痒みがある時は刺激は控える

敏子
最初はお肌のカサカサなどのちょっとしたトラブルだったのにいつの間にか痒みも出てきて少し赤みも出てきてしまった・・・

 

こんな時はいつものケアよりもさらに刺激を控えたデリケートなスキンケアを心がけましょう。

痒みが出てきて赤みまで出てくると肌に炎症が起きている可能性があります。

炎症が酷くなると皮が剥けるなどどんどん悪化しやすくなるのでとにかく炎症を沈めて肌を沈静化することが大切です。

炎症を沈めお肌の透明感を助けてくれる成分としてはコウジ酸や保湿効果などの高いプロテオグリカンなどもありますが、私が実際によく使用しているのはハチミツとローヤルゼリーはタップリ配合されているオールインワンクリームです。

ハチミツやローヤルゼリーには高い保湿効果や静菌作用、そして炎症を抑えてくれるなど弱った肌にとって必要なものがはいっています。

アレルギーなどなければ食用のハチミツでパックするだけでも効果的ですが、しっかりケアするにはスキンケア用品にハチミツとローヤルゼリーを含んでいるものを使ったほうが効果的です。

ローヤルゼリーもっちりジェルの効果と1ヶ月使った本音の口コミ評価

2017.12.19

4 蕁麻疹が出たら病院へ


花粉の時期が始まって痒みや肌荒れだけじゃなく蕁麻疹など現れるようになったら無理をせずに1度病院を受診しましょう。

花粉など刺激物になっている物に自分で心あたりがある場合はジップロックなどに入れて持って行くなども原因を特定するには効果的です。

私自身病院に行くのが面倒でずっと自己流のケアを続けた結果傷跡がシミのようになって消すまでにかなりの金額がかかりました。

自宅でのスキンケアで対策できるのはあくまでも軽度の肌荒れまでですので出血など重症化する前に1度専門家に相談することも対策としてはオススメです。

5 サプリを活用して内側からもケア


花粉に悩まされる季節花粉対策にマスクなど必須アイテムが幾つかありますが、私が実際に活用しているのが肌を元気な状態で維持してくれるプラセンタサプリです。

花粉による刺激によってお肌が荒れやすくなりますので外用のスキンケアだけじゃなくお肌の内側からもしっかりケアすることで健やかな状態に保つことができます。

プラセンタサプリにも多くの種類がありますので、私が今までに使ってコレは良いかも!と本当に思えたものだけをランキングにした記事がありますので興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

人気のプラセンタサプリの徹底比較ランキング【プロが教える】

2018.02.15

私の花粉による肌トラブル対策セットはコレ!

管理人
ここまでに紹介してきた対策方法は実際に私が今まで何年も花粉による肌トラブルと戦いながら見出した自己流対策になります。

 

きちんとした花粉の対策をお探しの方はアレルギー科や皮膚科での相談が1番おすすめですのでそちらも探してみてくださいね。

今まで私が花粉による肌トラブルと戦った結果、朝のスキンケアには時短効果があるローヤルゼリーもっちりジェルを使い、夜や週末など時間を使ってしっかりケアができる時はサエルでしっかりケアをしています。

更にここ数年で年齢肌や老化が気になり始めたという事もあり、毎日プラセンタサプリを飲むようにしています。

プラセンタサプリを飲むようになってから顔だけじゃなく手や首筋など全身のお肌の状態が若々しくなったと感じています。

この記事のまとめ


とにかく辛い花粉による肌トラブルですが、実は根本にはお肌の感想や紫外線などの刺激も関係しているんです。

花粉で肌荒れやカサカサ、痒みがひどい時
  • 保湿ケアは冬並みにしっかりと
  • バリア機能を高めるスキンケア
  • 痒みがある特はとにかく低刺激
  • 状態が悪化したらすぐ病院へ
  • スキンケアはサプリを併用して内側からも

基本となるのはこの5つの対策になると思います。

正直花粉の時期にあまり無闇にスキンケアを変えたりタッチを多くするようなケアを続けると、せっかくのスキンケア自体が刺激となって肌の状態を悪化させることもあります。

肌荒れや痒みが気になりだしたら、まずはいつのもケアを見直して保湿は十分か、セラミドなど肌を守る成分は足りているか、抗炎症作用のある成分は含まれているか等を確認するようにしてください。

お肌は毎日状態が変わっていきますので贅沢を言うと幾つかの化粧品タイプを用意してその日の状態に合わせたケアをすることが究極の対策と言えるでしょう。

管理人
流石に美容家や芸能人でもないので日替わりで化粧品を変えることはできないので私はトライアルセットなどを上手く活用して安く日頃のケアをしています。
花粉による悩みは肌だけじゃなく本当に辛いのもがありますが、しっかり早めに対策することで少しは楽になりますので是非今回の対策法を参考にしていただければと思います。

顔面が痒い!顔が痒くなる原因とは?

2017.02.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です