美白サプリの正しい選び方|シミ・そばかすを防ぐランキング

美白サプリは色々とありますが、医薬部外品と健康食品(サプリメント)の2種類があります。

普通のサプリメントではなく医薬部外品として販売されているものであれば、シミ対策への期待値はサプリメントを上回るものとなります。

一度シミができたら何もしないで消えることはないので日に日に気になってくると思いますが、本格的にシミを消すためにはレーザー治療など手間とお金をかけた対策が必要になってきます。

しかし、美白サプリを使えば自宅にいながらでも対策ができるため、最近は市販されている医薬品を使ってシミのケアをしている人が増えています。

ここでは市販されている美白サプリを調査して、実際に毎日のシミ対策として使う際の利便性やシミへの効果、月々のコストなどを徹底的に比較してどれを選べば高い費用対効果が得られるのかをまとめてみました。

結果的に費用対効果が高く済む美白サプリをパッと見てわかるようにランキング形式で掲載しているので、早くおすすめの美白サプリを知りたい方は美白サプリのランキングまでジャンプして確認してみてください。

 

美白の邪魔をする原因

全体的に白くて透明感のある美しい肌は女性にとっては憧れるものです。しかし、顔に細かいシミやくすみがあるとそれだけで見た目年齢を引き上げる原因になってきます。

美白のためには以下を緩和する必要がある
  • シミ
  • くすみ
  • そばかす

美白を目指すためにはシミやくすみ、そばかすなどのマイナス要因を取り除くためのポイントを抑えて対処をしていくのが重要になります。

シミの原因

シミが少しあるだけでも肌が全体的に老けてみえるので、美白のためにはシミを目立たなくする必要があります。

シミができる原因は過剰に発生したメラニンにあります。

メラニンがシミの元凶となるメラノサイトを作り、メラノサイトが「メラニン色素」を作り出してシミが出来上がるという流れです。

太陽から発せられる紫外線などを浴びたり、ストレスを感じて活性酸素が発生すると身体が細胞を保護しようとしてメラノサイトを刺激します。刺激を受けたメラノサイト皮膚細胞のDNAに変異を起こしてメラニンを色素沈着させ、シミになります。

生活の中にあるシミの原因
  • 紫外線を浴びている
  • ストレスが多い
  • 喫煙・飲酒
  • 運動が不足している
  • 栄養の偏り
  • ホルモンバランスが乱れている
  • 肌ターンオーバーサイクルの乱れ

出典:第一三共ヘルスケア

紫外線などでメラニンが作られてしまっても、肌ターンオーバーサイクルが整っていれば、新陳代謝がおこってメラニンが剥がれ落ちるためシミにはなりません。しかし、加齢や生活習慣の乱れなどターンオーバーサイクルが乱れるとメラニンが剥がれずに残ってしまい色素沈着します。

美白サプリはこれらのシミの原因に対しても有効なので、シミができる原因を根本から改善へ導いてくれます。

美白サプリのランキングまでジャンプ

くすみの原因

くすみは肌がもともと持っている透明感やきめ細かさ、明るさなどが失われて顔全体が暗く見えるような肌の状態をいいます。

シミのようにところどころにうポツポツできるのではなく、肌全体に起きる問題なのでなかなか自分でも自覚しにくいところがあります。ただくすんだ肌だと肌が白くて綺麗な状態とはいえないのでメイク以前の段階でくすみをケアする必要もあります。

くすみの要因
  • 血行不良
  • 疲れすぎ
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • メラニン色素
  • 保湿不足

女性はとくに血行不良になる方が多く、日頃の睡眠不足やストレスの溜めすぎなどが原因で肌の血色感まで落ちてくすみが目立つようになることが有ります。また、保湿不足で肌が乾燥しているとツヤがなくなってさらにくすみが悪化します。

シミと同じように紫外線やストレスによるメラニンの発生もくすみを起こす原因になるため、美白サプリを使うことでくすみのケアも可能になります。

そばかすの原因

そばかすは目元の周辺や頬の上のあたりに茶色い斑点が散らばった状態です。思春期の頃に発生することが多く、大人になる頃には消えている人が多いです。

しかし年齢を重ねるとそばかすが再発してきて今度は思春期の頃のように放置していて消えることがなくなり肌に定着するのも特徴です。

大人そばかすの原因
  • 紫外線による肌ダメージ
  • 肌に合わない化粧品の長期使用
  • 過度なストレス
  • ビタミン・ミネラル不足
  • 睡眠不足

そばかすができる原因もやはり紫外線による肌ダメージやストレスなどによって発生する活性酸素などが影響してきます。

食生活で摂取する栄養素にあまりこだわりがない人はビタミンやミネラルなどを十分に食事で補う事ができていないこともあるので、ビタミンCやビタミンEのような抗酸化作用がある成分は食事からもできるだけ取り入れていきたいところです。

美白サプリのランキングに飛ぶ

美白化粧品だけでシミを完全に消すことはできません

美白化粧品はメラニンの生成を抑制してシミをできにくくするものであり、すでにできているシミを完全に消すことはできません

「シミに効果的」という売り出し方がされている美白化粧品も多いですが、化粧品はあくまでも日頃のスキンケアのサポートとして使うものなのでシミの治療に対する明確な効果があるというわけではないので注意しておきたい所です。

ドラッグストアなどに行くと1,000円〜2,000円くらいの値段で美白オールインワンなどが販売されていますが、それらは結局美白を謳っていても一定時間の保湿ができるくらいのものなのでシミに対しての効果はあってないようなものです。

小さいボトルに少し入っただけなのに1万円を超えるような値段がする高額な美白美容液やアイクリームなどはできかけた小さなシミには効くかもしれません。ただ、色素沈着をしている大きなシミなどはそれらを使っても薄くなるまでにはかなりの時間がかかってくることになります。

早くシミを消すにはやはりレーザー治療などを行うほうが効率は良いですが、痛みや費用の問題などシミを消す代わりに失う代償もあることを忘れてはいけません。

自宅にいながらできるシミ対策は2つ

自宅でできる対策に限った話でいうとシミ対策方法は2つしかありません。

1.シミに効くクリームを塗る

医薬部外品として販売されているシミ対策クリームを塗るとメラニンが還元してできたシミを薄くすることができます。具体的な成分としてはビタミンC誘導体やハイドロキノン、プラセンタなど抗酸化作用がありメラニン色素の抑制が可能な成分を直接肌に与えることでシミを緩和していくことができます。

2.美白サプリ(飲み薬)を飲む

外側からのケアはクリームなどの化粧品を塗るとか、シミがこれ以上悪化しないために日頃から日焼け止めを塗ったりするくらいしかできません。ただ、美白サプリを飲むことによって内側からシミをケアしていくことができます。美白サプリにも種類があり、医薬部外品としてシミに対する薬効があるものから、飲んで紫外線のケアができる防御型のサプリなど様々です。

シミが本当に嫌で、少しでも早くなくしたい方は上記の2つの対策方法を行うことで外側からのケアと内側からのケアによる相乗効果が期待できます。

この2つのケアを行ったとしても完全にシミが消えることはないでしょう。ただ、少なくともすでにできてしまったシミを薄くして目立たなくすることは可能です。また、これから未来にできるかもしれないシミを予防することができます。

ここからはこの対策方法のうちの「美白サプリ」を中心に解説をしていきます。

美白サプリのランキングをすぐにみる

美白サプリに期待できる効果

美白サプリは飲むだけでも美白・美肌を作るために役立つ様々な効果がある成分が配合されています。

できてしまったシミを薄くする

やはりシミ対策をしたいということはすでにシミがあるということですよね。美白サプリは飲むことで肌の奥に隠れているシミも肌の表面に出てきてるシミを軽減する効果があります。

メラニンの生成を抑制しながら排出を促す成分などが配合されているので、徐々にですがシミの原因を根本からケアしていくことができます。

紫外線による影響を緩和してシミを予防する

シミを発生させる環境要因は紫外線にあり、紫外線ダメージによって肌ストレスが発生するとメラニンが生成されてシミ予備軍が蓄積することになります。

美白サプリを飲むと活性酸素の働きを抑えて、メラニンの発生を抑止することができるので紫外線ダメージを受けてもその影響が肌に現れることがないように予防できます。

滋養強壮・疲労回復効果なども期待できる

一部の美白サプリは肌への効果だけではなく滋養強壮や疲労回復などの効果が同時に得られるものもあります。

特に医薬部外品の美白サプリについてはビタミンCやローヤルゼリーなどの成分が含まれることが多いため、お肌のケア以外に日常生活が快適になるメリットもあります。

美白サプリの選び方!買う前に見るべきポイント

美白サプリを1個見かけてすぐに購入するのではなく、購入する前にかならず複数の美白サプリを比較してどれが自分に適しているか。どれが最も費用対効果が高くなるか見極めてから購入することをおすすめします。

どれが良いのか見極めるにはいくつかの視点から美白サプリをチェックする必要があります。

美白サプリを選ぶ時にみる4つのポイント
  • 美白に効果的な有効成分の種類
  • 美白に効く成分の配合量
  • 第三類医薬品であるか
  • 品質管理が徹底されているか
  • 継続できる範囲の価格か

少なくともこの3点をしっかり比較して見ていけば失敗することはないはずです。

いい言葉ばかり公式ページにかかれていても配合量が書かれていないなどは問題外です。最低でも主成分の配合量などの記載があるものから選ぶようにしましょう。

美白に効果的な成分の種類

では実際に美白サプリに配合されることが多い成分を幾つか紹介していきます。どの成分がどのような役割で配合されているかを知っておくと選びやすくなります。

成分名 別の呼び名 主な効果
L-システイン シスチン、システイン メラニンの排出を促す
ビタミンC アスコルビン酸 メラニンの生成を抑制
ビタミンP フラボノイド ビタミンCを助ける
エラグ酸 ザクロエキス、ラズベリーエキス チロシナーゼの活性を抑制
ビタミンB6 ピリドキシン塩酸塩 肌の健康維持・皮膚の再生を促進
ビタミンB2 リボフラビン 皮膚細胞の新陳代謝を促進
プラセンタ プラセンタエキス 活性酸素を除去する抗酸化作用
ニュートロックスサン シトラス果実  紫外線の抵抗力を高める
ビタミンE トコフェロール 活性酸素を除去する

出典:https://www.lionshop.jp/contents/ellagic/

これら以外にも生薬などでシミ対策が可能な成分を配合している美白サプリもあります。

大半の美白サプリはこれらの成分のいずれかをメインとして配合しているので、上記成分を一通り覚えておけば「このサプリはシミに効きそうだ」と判断できるようになります。

管理人
サプリメーカーや製薬会社などが独自に研究して新しい成分を開発する事例などもあるので、聞いたことが無い成分が含まれることもあります。そうした成分などは事前に公式サイトなどをよく確認してなぜ配合されているかをチェックしておくことをおすすめします。

 

美白に効く成分の配合量

美白サプリによって配合されている成分の配合量は異なります。成分量についてはやはり同じ成分同士で比較するなら多いほうがシミに対する即効性は高くなります。

  • L−システイン:240mg
  • アスコルビン酸:500mg

できたシミに効くタイプの美白サプリであれば最低でも上記の成分量以上はほしい所です。上記を下回る場合はその他にカバーできるだけの有効成分が含まれるかどうかもポイントになります。

ちなみにL-システイン240mgという量は医薬品国内承認品目の上限値です。それを超える量は国内で販売される医薬品としては配合してはいけない決まりになっています。※下限は30mgです。

第三類医薬品はシミへの効果が明確

美白サプリというジャンルには一般的な健康食品に分類されるサプリメントと、医薬品に分類される第三類医薬品があります。第三類医薬品はお薬ですが医師による処方は不要でドラッグストアやWEB通販などでも購入することができます。

しかしそれでも歴とした薬であることに違いはなく、記載されている効果のために必要な成分量をきちんと配合していることが証明されています。

第三類医薬品の場合だとパッケージを見ると「しみ・ソバカスに効く」などと具体的な効果まで明記されていますが、そのために有効であることが国に認められている成分が必要なだけ含まれるからです。

普通のサプリメントだとそこまでの成分が含まれないため、曖昧な表現しか使われていません。

シミやそばかす、くすみなどをケアして美白を目指すなら第三類医薬品と書かれているかどうかを目安の一つとすると分かりやすいです。

ただし、お薬なので飲む個数や年齢制限、服用タイミングなどの指定が通常のサプリメントよりも厳しいことが多いので使い方には最新の注意を払う必要があります。

品質管理が徹底されているか

美白サプリだと配合成分が似通ってくることはあるので、選別する際の1つのポイントとして品質管理の体制なども無視はできません。

簡単に品質が良い美白サプリかどうか見極めるには以下のポイントを見ておくと判断しやすいです。

  • 国内工場で製造されている
  • 製薬会社などの施設で製造されている
  • 第3類医薬品である

この3点をクリアしている美白サプリであれば品質が悪くて何か悪影響が出るようなことはないでしょう。

 

海外のサプリについて

海外製の美白サプリが悪いというわけではありませんが、海外のものだと衛生管理が徹底されている工場で安全に製造されているか掴みにくいです。さらに成分量などが日本人の体質に向けられたものではないので副作用などの心配もあります。

  1. 日本人には効果が強力すぎる
  2. 高額な場合がある
  3. 品質や安全性が不透明

こうした点があるので安易に海外製の美白サプリを購入する前に本当に大丈夫かよくチェックしておくようにしておきたいところです。

やはり日本人がシミ・そばかすの対策として使うなら日本人の体質にあった成分量でバランス調整されている国産で医薬品認定されている美白サプリを選ぶのが確実です。

おすすめ美白サプリランキング

それではここからは実際に日本で販売されている美白サプリをランキング形式でご紹介していきます。

1位:ホワイピュア


ホワイピュア/くすりの健康日本堂

  • 価格:5,800円⇛初回半額2,900円
  • 1日の摂取量:6粒
  • L-システイン量:240mg
  • ビタミンC量:1,000mg
  • 定期縛り:なし

ホワイピュアは第3類医薬品として販売されているシミ対策美白サプリとして成分量・配合成分の種類、価格、品質のバランスが最も取れている商品です。

日本国内で生産されている美白サプリとしては必要な成分を限界まで配合しているのに価格は抑えられる所まで抑えている印象もあります。

ビタミンC(アスコルビン酸)が1,000mg配合されている点は他の美白サプリにはなかなかないメリットです。

シミ・そばかす・色素沈着に対する効果・効能が認められており、肌の奥に隠れ潜んでいるシミにも効き目があります。

購入時にホワイピュア薬用美白クリームもプレゼントされるため、これ一つ買っておけば内側からも外側からもシミのケアが可能になります。

ホワピュアが人気のポイント
  • L-システインが最大限の240mg配合
  • ビタミンCの量が1日1,000mgと多い
  • 肌の新陳代謝を高めるビタミンB2も配合
  • ビタミンEで紫外線も防御できる
  • ホワイピュア薬用美白クリームもセットでもらえる

実際に使用した人の口コミ


★★★★☆ 4/5点
シミが薄くなって肌が全体的に明るくなった。(40代前半/乾燥肌)
COMMENT
まだ飲みはじめてから1ヶ月半くらいですが、くすみがだいぶ取れてきてお肌が明るくなったように感じています。顔だけでなく手の甲のシミなども薄くなってきています。塗り薬とは違って身体全体に効果が感じられるのが良いですね。

★★★★★ 5/5点
そばかすが薄くなりました。(30代前半/敏感肌)
COMMENT
飲みはじめて1ヶ月くらいからそばかすが薄くなりだしていることに気が付きました。すぐには効果が感じられませんでしたが、続けているうちにだんだん変わってくるイメージです。今まではコンシーラ−で隠していたのに今では普通の化粧下地でも目立たなくなっています。シミも少し薄くなった気がするので流石医薬品は違うな…と実感しています。

★★★★★ 5/5点
肌が生まれ変わるような感じですごく良い(20代後半/乾燥肌)
COMMENT
外回りの仕事をしているので毎日日焼け対策を徹底的にやってます。そのせいか肌が苦しい状態になってきていました。シミは結局できているし、メイクでなんとかごまかすのもだんだん嫌になってきました。ホワイピュアは飲むだけでもシミ対策はバッチリだし今あるシミもこれからできそうなシミも抑制してくれるので助かっています。

2位:ピュアホワイト


ピュアホワイト/資生堂

  • 価格:4,320円
  • 1日の摂取量:6粒
  • 有効成分:クコの実、アブラヤシオイル、ライチ種子エキス
  • 定期縛り:なし

ピュワホワイトはあの大手美容ブランドの資生堂が販売している美白サプリです。

医薬品としての美白サプリでは定番の成分であるL-システインは含まれず、東洋で昔から美容・健康に良いと言われる素材を厳選して配合しています。

資生堂の研究によって発見された自然に透明感のある肌を作っていくために効果的なクコの実エキスや抗酸化作用が強く次世代のビタミンEと言われるアブラヤシオイルなどがメイン成分として配合されています。

シミ・そばかすなどの原因を作るメラニンの抑制やチロシナーゼの阻害などは配合成分でカバーできるため美白効果は極めて高いサプリとなっています。。

ピュアホワイトはサプリメントの他にドリンクも用意されていて、すばやく実感したい方はドリンク、継続して少しずつ肌を綺麗にしていきたい人は両方を併用していくのもありですね。

ピュアホワイトが人気のポイント
  • 東洋の美容成分が豊富
  • シミ・そばかすへの効果が高い
  • ドリンクは味も美味しい
  • 資生堂ブランドの安心感
  • お肌のケアだけではなく健康にもメリットが多い

実際に使用した人の口コミ


 4/5点
1本飲み終えるまでにニキビ跡が薄くなってきた。(30代前半/敏感肌)
COMMENT
1日8粒なので朝晩に分けて飲んでいます。美白効果に期待して購入してみましたが、先にニキビ跡が薄くなってきているのに気がつきました。サプリで効果を感じることができたのはこれが初めてです。

 5/5点
化粧ノリがよくなった。(30代前半/乾燥肌)
COMMENT
資生堂がもともと好きだったので最初から信頼していました。朝と夜に分けて使い続けること3週間hどでだいぶ化粧ノリがよくなった印象を受けています。美容にいい成分を毎日取り入れていることからなんとなく自信にもつながっています。続けやすいタブレットなのでこれからの季節に向けて継続していきます。

 4.5/5点
肌が荒れなくなった(20代後半/敏感肌)
COMMENT
季節に変わり目などでいつも肌荒れをして、その後もかなり長く荒れた肌が治らない状態が続くので悩んでいました。ピュアホワイトは少しでもそんな肌にプラスになればと思い自主的に始めてみたのですが、驚くことに今年は肌荒れをすることなく過ごせています。今は資生堂の定期お届けサービスに登録して毎日忘れずに飲むようにしています。

3位:ロスミンローヤル


ロスミンローヤル/アインファーマシーズ

  • 価格:7,600円⇛初割引1,900円
  • 1日の摂取量:9粒
  • L-システイン量:160mg
  • ビタミンC量:180mg
  • 定期縛り:なし

第三類医薬品であり、シミだけではなく小じわへの効果も認められている日本唯一の美白サプリがロスミンローヤルです。

L-システインやビタミンCの量は少ないですが、その分9種類の生薬やローヤルゼリーなどの有効成分が豊富に配合されています。限られた成分で量を多く配合するのではなく、成分の種類を増やして全体でカバーするタイプの商品です。

アインズ&トルペなどの全国展開されているドラッグストアでも知られているアインファーマシーズグループが製造・販売しているため知名度も高く信頼できる1品となっています。

ロスミンローヤルが人気のポイント
  • シミ以外に小じわへの効果が認めらている
  • 9種類の生薬成分が血行を促進し肌トラブルを軽減
  • 冷え性・肩こり・腰痛にも効き目がある
  • ローヤルゼリー配合で滋養強壮にも良い

実際に使用した人の口コミ


★★★★☆ 4/5点
シミだけじゃなく疲れにも効いた。(30代前半/乾燥肌)
COMMENT
普段から利用しているアインズが提供しているお薬なので何となく安心感があり購入し続けています。2ヶ月くらい使っていますが、シミは少し良くなったかな?と錯覚する程度です。ただ仕事の関係で夜遅く帰ってくる日も多くて疲れが常時溜まっていたのに、ロスミンローヤルを飲むようになってから「あぁ〜、ダルい…」と疲れを感じることが減りました。糖衣錠で飲みやすいですし、副作用とかもないのでこれからずっとお世話になると思います。

★★★★★ 5/5点
肌荒れが減ったのも嬉しい。(30代後半/混合肌)
COMMENT
美白サプリってなんか怪しいし本当に飲む意味あるの?と疑いの気持ちのほうが大きかったのですが、ロスミンは医薬品ですしアインズが作っていると知って購入しました。1ヶ月ほど使ってみた所、飲む前に悩んでいた肌荒れがなくなっており、シミもちょっと薄くなった気がします。2ヶ月目以降がお高めなのが気になりますが、価格以上の価値はあるように思います。

4位:キミエホワイトプラス


キミエホワイトプラス/富士常備薬

  • 価格:4,200円⇛初回価格1,900円
  • 1日の摂取量:3粒
  • L-システイン量:240mg
  • ビタミンC量:500mg
  • 定期縛り:なし

富士常備薬グループが販売する美白サプリのキミエホワイトプラスはしみ・ソバカスに加えてにきび・湿疹・かぶれなどの肌トラブル全般に効果がある医薬品となっています。身体の部位も一部分だけではなく目元や口元、首筋や手の甲など様々な場所に効き目があるのも特徴です。

これまで販売されていたキミエホワイトから「プラス」になって成分が強化されており、パントテン酸カルシウムが追加されました。1回1錠を1日3回飲むだけで良いので手軽に飲みやすい点も評価されているポイントです。

キミエホワイトが人気のポイント
  • ニキビ・湿疹・かぶれに効く
  • パントテン酸カルシウムが肌トラブルを予防
  • 疲れ・だるさ・倦怠感に効果的
  • 1回1錠だから飲みやすい

 

実際に使用した人の口コミ


★★★☆☆ 3/5点
すぐには効かないけど徐々に効く感じ。(30代後半/敏感肌)
COMMENT
テレビCMで見たことがあって気になっていたので購入。薬だから1週間くらいで効くのかな?と思っていたらそうでもなく2ヶ月目くらいからやっと肌が少しずつ変わってきた感じがしました。アトピー体質でもあるのですぐに掻いて肌が荒れることああるのですが、キミエホワイト飲んで以降は肌荒れやかゆみで悩むことが少なくなったのは嬉しいポイントです。

★★★★☆ 4/5点
二日酔いと倦怠感に効いた。(40代前半/混合肌)
COMMENT
夜のお仕事をしている関係でお酒はほぼ毎日飲んでいます。帰宅後にメイクを落としたら自分でも震えるくらいスッピンとの差があり、そろそろヤバイぞ…と感じて美白サプリを試すことにしました。まず1ヶ月飲んでいますがシミは薄くなってません。ただ、頻繁に悩まされていた二日酔いと全身の倦怠感には効いているようで思ったのとは違う方向でメリットを感じています。

5位:ハイチオールCホワイティア


ハイチオールCホワイティア/エスエス製薬

  • 価格:2,435円
  • 1日の摂取量:4粒
  • L-システイン量:240mg
  • ビタミンC量:500mg
  • 定期縛り:なし

ハイチオールCホワイティアはエスエス製薬が鈴木京香さんをイメージキャラクターとして採用したテレビCMや雑誌などの広告をたくさん打っているため知名度で言うと美白サプリの中でもトップクラスです。

ドラッグストアなどに行けばほとんどの店舗で置かれているため気軽にいつでも購入できるという点がメリットとなっています。

上位の美白サプリと比較しても見劣りしない成分量なのに価格は抑えられているため、続けやすいという意味では高く評価できます。

ハイチオールCホワイティアが人気のポイント
  • ドラッグストアでも手軽に購入できる
  • 各成分がバランスよく配合
  • 持ち運びに便利な60錠の小瓶タイプも選べる

 

実際に使用した人の口コミ


★★☆☆☆ 2/5点
シミは消えなかったけど肝斑にはいいかも。(20代後半/混合肌)
COMMENT
シミを消したくて購入したのですが、1瓶飲み終わっても変化は感じられませんでした。皮膚科にいって相談をしましたが、肝斑にしか効果がないと先生に言われました。ただ続けているとほんのすこしずつシミも薄くなってきた印象もあります。

★★★☆☆ 3/5点
肌が明るくなった。(30代後半/乾燥肌)
COMMENT
120錠の方を購入して朝晩2錠ずつ飲んでいます。今は4本目の終わりかけです。飲みはじめて3日くらいで肌が全体的に明るくなりました。1瓶飲んだ時点ではくすみが抜けたくらいでしたが、2本目の終わり頃には頬のシミは着実に薄くなっているのが実感できています。今でも完全に消えてはいませんが、ファンデーションで隠せるレベルになりました。

6位:トランシーノホワイトC


トランシーノホワイトC/第一三共ヘルスケア

  • 価格:1,600円
  • 1日の摂取量:3粒
  • L-システイン量:240mg
  • ビタミンC量:1,000mg
  • 定期縛り:なし

第一三共ヘルスケアが販売する第三類医薬品の美白サプリ「トランシーノホワイトC」シミのケアに必要な成分をバランスよく配合しながらも低価格で販売されているためコストパフォーマンスに優れています。

ビタミンB2やB6はど皮膚細胞のダメージから回復させることができる成分も含まれるため肌トラブル全般に役立ちます。

知名度的にはそこまで高くないですが、ドラッグストアなどでも販売されていることがあるので見かけた時にはパッと気軽に購入できるメリットがあります。

ロスミンローヤルが人気のポイント
  • ドラッグストアで購入できる
  • とにかく安い
  • 安くても成分は充実している

 

実際に使用した人の口コミ


★★★☆☆ 3/5点
お守り代わりのつもりが想像以上だった。(30代後半/乾燥肌)
COMMENT
仕事の関係で昼間に外に出ることが多くなってしまったので、日焼けとシミが心配でこれを気に使ってみることにしました。最初はお守り代わりになればいいやくらいの軽い気持ちでしたが、1瓶飲み終えた時点で肌に明るさが戻ってきた印象があり嬉しくなりました。

★★★☆☆ 3/5点
安いわりには良いですね。(40代後半/乾燥肌)
COMMENT
シミ・くすみは前から気になっていたのですが、美白サプリとか医薬品ってどれも高いイメージで使わずにいました。ただこのトランシーノはその中でもかなり安くてお手頃だったのでかってみました。あまり期待はしていなかったのですが、朝・晩に飲んでいると心なしかワントーン肌が明るくなった気がします。まだ2週間くらいなので大きな変化はないですが、3ヶ月くらいは継続して効果を確かめてみようと思います。

紫外線ダメージに特化した美白サプリ

ここまでに紹介してきた美白サプリはいずれも医薬品として認定されている商品なので、配合されている成分はどれも似た感じになっています。

医薬品ではない美白サプリの場合はより自由に配合成分の種類を増やしたりしながら違った側面から美白ケアができるような特徴的なサプリもあります。

特に紫外線へのダメージを防ぐ働きがある特許成分のニュートロックスサンなどをメインに配合している美白サプリは外に出歩くことが多い人が飲むと紫外線に対するインナーケアが手軽にできるなどメリットがあります。

上記の医薬品と成分の重複を避けることもできるため、併用することでシミを内側から抑制しながら、紫外線ダメージによる新たなシミの発生を防ぐ効果も期待できます。

美百花


美百花/株式会社MGO

  • 価格:7,980円⇛4,980円
  • 1日の摂取量:2粒
  • ニュートロックスサン量:250mg
  • ビタミンC量:不明
  • 他有効成分:植物プラセンタ・フィッシュコラーゲン・混合ハーブ
  • 定期縛り:なし

飲む日傘サプリなんて呼ばれ方もする今までにはなかった新しい発想を採用した美白サプリです。ニュートロックスサンは限界量の250mg配合されています。

日焼け止めクリーム要らずと言われるほど抗酸化作用や紫外線ケアに対する力が強力なので、モニター使用者の間でも日頃の美白ケアが楽になったとの声が多く挙がっています。

通常価格だと1袋7,980円とかなり高額なサプリメントですが、定期購入の場合は初回だけでなくその後もずっと24,980円で継続できるのは良心的ですね。定期縛りがないので要らなくなったら電話1本でいつでも解約できるのも安心感があります。

 

実際に使用した人の口コミ


★★★★☆ 4/5点
飲むだけで紫外線ケアができるから簡単。(20代後半/敏感肌)
COMMENT
敏感肌なので日焼け止めクリームのベタつきでもかゆくなって肌が荒れることがあり困っていたのですが、飲むだけで紫外線ケアができると言われる美百花を購入してその煩わしさから解放yされました。最初は半信半疑でしたが、使っているうちに肌が全体的に白くなってきて、友人にも「最近肌白くない?」と言われました。これからも季節問わず使って行こうと思います。

★★★☆☆ 3/5点
塗り忘れても安心。(30代後半/普通肌)
COMMENT
耳だけ紫外線対策をせずに長時間外に出た時に赤くなって酷い思いをしたことがあったのですが、これを飲むようになってからは塗り忘れとかを気にする必要がなくなりました。ベタベタ感がなくて、安心感があります。価格はちょっと高めですが安心を買う意味で続けようと思います。

インナーパラソル16200


インナーパラソル16200/ファインベース

  • 価格:7,000円⇛990円
  • 1日の摂取量:4粒
  • ニュートロックスサン量:250mg
  • ビタミンC量:10mg
  • 他有効成分:パインセラ・コプリーノ・ビタミンP
  • 定期縛り:3回

できているシミを薄くするというよりも日焼けのインナーケアが可能になるタイプのサプリメントになります。

ニュートロックスサンの正式なロゴマークが記載されており、1日に必要な量が含まれる高配合であることが証明されているので安心して飲むことができます。

日焼けなどでダメージを受けた肌の回復を早める働きや、紫外線ダメージによるメラニン色素の増殖を抑える働きなどがあるサプリとなっています。

 

実際に使用した人の口コミ


★★★☆☆ 3/5点
日焼け止めに頼る必要がなくなりました。(20代後半/混合肌)
COMMENT
ニュートロックスサンという聞きなれない成分が入っているので調べてみるとローズマリー葉とシトラス果実から抽出された植物由来ポリフェノールとのことです。ポリフェノールに抗酸化作用があることは知っているので紫外線を受けて発生する活性酸素を取り除いてシミができるメカニズムを解消できるのがわかりました。使ってみて今までよりも日焼け止めに頼る必要がなくなったので外出時は重宝しそうです。後は継続しやすい価格になってくれれば文句はありません。

★★★☆☆ 3/5点
ムラのない紫外線対策ができますね。(30代後半/乾燥肌)
COMMENT
体内で紫外線を予防する系のサプリって日本だとまだあまり馴染みが無いですが、海外ではかなり定着しているようですね。雑誌で見つけて良さそうだったので飲んでいます。日焼け止めだとムラが出たり塗り直す手間があって大変ですがサプリだと手軽でむらなく紫外線対策ができるので助かっています。

美白サプリを使う時の注意点

美白サプリはシミやそばかすのケアだけでなく紫外線対策や体調不良の対策など様々なメリットがあるものが多いですが、使う時に注意しておきたいポイントも幾つかあります。

重複した成分の摂り過ぎに注意

ここまでに紹介してきた美白サプリのうち医薬品に該当するものも含め、すべて必要成分は摂取目安量の範囲内に収める形で配合されています。

なので1種類だけを使う場合は問題ないのですが、複数の美白サプリを併用するときは成分の摂取量が過剰に多くならないか注意しておく必要があります。

例えばハイチオールCホワイトとトランシーノホワイトCを併用したりすると、L−システインの摂取量が1日480mgとなってしまうため基準量である240mgを大幅に超えてしまうことになります。

早く効果が欲しいからと2種類同時に飲もうとする人も中にはいるので、使う場合は摂取する成分が重複しないようによく確認しておく必要があります。

また、もし成分の摂取量が過剰に多くなりすぎた場合などは以下のような症状が出てくることもあります。

成分名 過剰摂取時にでる恐れのある症状
L−システイン 吐き気や腹痛、白髪が増える、下痢
ビタミンC 悪心、嘔吐、下痢
ビタミンE 出血、骨粗鬆症

参照「日本人の食事摂取基準(2015年版)

参照「厚生労働省 厚生科学審議会

せっかく美容や健康に良い成分なのに過剰摂取で台無しにするのはもったいないですし、危険もあるので医薬品の場合は特に重複には気をつけるようにすべきです。

最低でも1ヶ月以上は継続する

医薬品だから早く効くだろうと思って使っていて2週間たっても肌が変わらない…と1ヶ月使い切る前に辞めてしまう方もいますが、メラニン色素を脱色してシミやくすみを薄くするためには肌のターンオーバー周期が1周以上回らないと効果が現れません。

ターンオーバー周期は多少の個人差はあるものの基本的には1周で約28日間と言われています。なので目安としては1ヶ月ほどは継続して美白サプリを飲み続けないと肌が白くなるような目立つ効果はなかなか思うように現れません。

さらに、周期を繰り返すごとにより白くて透明感のある肌に生まれ変わってくるので、シミがかなり濃い方などは3ヶ月くらい継続しないと「よくなった」と言えるくらいの変化を実感できない場合があります。

L-システインはビオチンを一緒に摂取するべき

第三類医薬品の美白サプリに配合されているL-システインはシミに対する効果が強力ですが、同時に髪の色素なども薄くするリスクがあります。

そのリスクを緩和するためにはビオチンという成分を一緒に摂取しておくと効果的です。

ビオチンはビタミンBの一種であり、肌や髪の毛を健やかに保つ働きがあり、そのうちの効果の一つとして白髪を抑制すると言うものが有ります。

L-システインは長く摂取すると白髪を誘発する可能性があるので、ビオチンを同時に摂り入れることで白髪が発生するリスクを防いでくれると言われています。

ホワイピュアなどのビタミンB群も充実しているものであれば、そもそも心配には及ばないのですがL−システインを単独で摂取する場合などは注意が必要です。

L-システインのサプリはできれば半年くらい使ってシミが十分に薄くなったと判断した時点で卒業して、そこからニュートロックスサンなどが配合される紫外線対策サプリへと切り替えていくという考え方もリスクを減らすという意味では試す価値があります。

より効率よく美白ケアを行うために

美白サプリはシミ・そばかすを緩和して美白を目指すために非常に効果的な手段であることは間違いないですが、それだけではなく日頃の美白ケアとして以下のような取り組みを行うと効率が更に良くなります。

  • 美白美容液を使ったスキンケア
  • 肌にいい食生活
  • 適切なUVケア

サプリを飲むだけで手軽にケアをするのもいいですが、もっと真剣に美白に対して向き合っていきたい方は美白サプリ以外のところで美白ケアを徹底的に行なっていくのがいいでしょう。

美白美容液をつかってシミ対策

冒頭で美白化粧品ではシミを消すことができないというお話をしていますが、シミに対して全く効果がないわけではありません。

特に美白成分が濃縮されている美容液などはメラニン色素を肌表面から抑制してくれるためシミを目立たなくしていくために効果的です。

美白美容液を選ぶ前に知っておくべき成分
  • トラネキサム酸⇛メラニン色素濃度を減少させる
  • アルブチン⇛チロシナーゼの活性を抑制
  • ビタミンC誘導体⇛できたメラニンを還元する
  • プラセンタ原液⇛肌ターンオーバーを促進
  • ハイドロキノン⇛色素沈着を除去
  • フラーレン⇛活性酸素を除去

美白美容液では上記のような成分を1つで複数種類配合しているものもあります。美白サプリを飲むなら美白美容液を使って肌表面からのケアも同時に行うとより早くシミを薄くすることができるのでおすすめです。

美白美容液に関しては「美白美容液のランキング・選び方」でまとめているので参考にしてみてくださいね。

美白に効果的な食事

食事からも美白に役立つ栄養を補給しましょう。

健康的で健やかな美肌を作るためには普段の食事から摂取できる栄養素にも目を向けるべきです。どんな食べ物を食べるとより効果的に美白ケアが可能になるのかまとめてみました。

ビタミンC

レモンやオレンジなどの柑橘類、トマトやアセロラなどに多く含まれます。メラニンを還元する働きがあります。

ビタミンE

抗酸化作用があり、肌代謝を活性化させることができます。ナッツ類やアボカド、えごまなどに含まれます。

リコピン

活性酸素を除去する抗酸化作用が期待できる成分です。トマトやスイカなどに多く含まれます。

アスタキサンチン

抗酸化作用が強力でメラニンを抑制する働きがあります。サーモンやエビ、蟹、いくらなどに多く含まれます。

L−システイン

肌代謝を促してメラニンの生成を抑制します。すでに皮膚に沈着してシミになった黒色メラニンの排出を促すこともできます。大豆、ハチミツなどに含まれています。

管理人
無理のない範囲でもいいので日常的な食生活でも上記のような栄養素を積極的に取り入れながらシミ・そばかす・くすみを防止していきましょう。

適切なUVケア

いくら美白サプリでインナーケアをしていると言っても外に出る時などはできる限りUV対策を行うことは前提条件です。

最低でも外出をする時は肌が出る部分には紫外線をカットしてくれるUVクリームやパウダーファンデなどを活用しておくべきです。

可能なら外出するときには日傘をさして紫外線を防いだほうが安心です。

紫外線対策に特化したニュートロックスサンなどが含まれる日傘サプリを活用してUVをケアをしておけばある程度は表面上のUVケアを簡略化しても大丈夫です。

詳しくは「飲む日焼け止めサプリおすすめランキング」にまとめているので参考にしてみて下さい。

まとめ

今回は美白サプリを失敗せずに選ぶために必要な事前情報から、実際のサプリ選ぶに役立つランキングをまとめてきました。

美白サプリランキングTOP3

上記に加えて美白美容液など化粧品を使った美白ケアや食事、UVケアを行えば気になるシミを目立たなくして明るく透明感のある肌を目指すことができます。

美白ケアを後回しにして気づいた時にすでにシミだらけになっていては遅いので、早めにできる所からケアをしていきましょう。