ヤーマンのEMS「クワトロビート」を購入!使ってみた感想・効果

こんにちは、ゆりえ(@yurie7521)です。

ここ最近はダイエットや筋トレで体作りを頑張っていますが、たまたまヨドバシカメラに行ったときにフィットネスコーナーの目立つ位置に置いてあったヤーマンのExaBoaute クワトロビートというEMSベルトを見つけました。

いままでSixPadとかスレンダートーンなどの有名なEMSベルトは使ったことがありますが、どちらもテレビショッピングのようにうまくは行かず結局途中で使うのを辞めてしまった経験があります。

ただ今回のクワトロビートは今までのEMSベルトとは違うポイントがたくさんあるため、今度こそ効きそう!という直感が働き購入することにしました。

もちろん効きそうだと感じたのにはいくつか理由があります。

私がクワトロビートを選んだ理由
  • YA-MANのEMSがすごいことを知っていた
  • 3D振動が加わったことでEMSが深層筋まで届く
  • 自分の体型に合わせてモードを選べる

実は以前YA-MANから販売されているRFボーテキャビスパRFコアというEMS×ラジオ波×キャビテーションができるダイエット器具を購入したことがあり、他のEMS器具とは違う質の高さがあることは知っていました。

クワトロビートはベルトでお腹に固定してつけられますし、3D振動と強力なEMSが同時にお腹に来るので脂肪がついているお腹でも引き締められそうだと感じました。

実際に使ってみて感じた効果や使い心地なども口コミしていきますので、お腹周りが気になっている方は参考にしていただければと思います。

クワトロビートってどんな商品?

クワトロビートは美容家電などで有名なYA-MANが販売しているEMSベルトです。

ただ、これまでのEMSベルトがあくまでも筋トレをする方のサポートにとどまってしまい、EMSが痩せたい方のダイエットに直結しない原因を取っ払うことに成功しているように思います。

3D振動でお肉や脂肪を柔らかくする

お腹周りにたっぷりと皮下脂肪がついている状態だと脂肪やお肉の硬さが原因で脂肪の下にある筋肉までEMSが届きにくくなります。

実はそれが太っている人がEMSベルトをつけても効かない一つの原因です。

クワトロビートの場合はEMSとは別に3D振動機能が搭載されているので、お腹の脂肪やお肉を徹底的に柔らかくほぐすことができます。

揉みだして柔らかくなったところに本格EMSで刺激

ただ振動するだけではなく、振動と同時に本格的なEMSが表層筋から深層筋にいたるまでしっかり刺激を与えてくれます。

脂肪が柔らかくなっているのでEMSが奥まで届きやすくなりますので、EMSだけは届かなかった部分まで引き締める事ができます。

寝ながらでも座りながらでも使えるから楽

やっぱり寝ながらでも座って作業をしながらでも好きな体勢で使える!というのはEMSベルトの醍醐味とも言えるところだと思います。

クワトロビートは本体とベルトが別になっていますが、使うときにベルトを使ってお腹に装着することができます。

これならベッドで横になってスマートフォンなどを見ながらエクササイズをすることもできますし、ソファーに座ってテレビ番組などを見ながらでも引き締める事ができます。

自分で重い腰をあげて運動をするよりもただじーっとしているだけで良いのでとっても楽です。

実際に開封して使ってみました

公式から新品を注文したので、さっそく開封して使ってみました。

付属品について

外箱を開封して付属品を一通りチェックしてみました。

付属品
  • クワトロビート本体
  • ACアダプター
  • ベルト(長・短)
  • 電極パッド(4枚)
  • カバーパッド

これらがはいっていました。電極パッドは弱ってきたら新しいものに交換する必要があるのですが、最初から4枚入っているのはかなり嬉しいですね。もちろんこの4枚を使い切ったらパッドだけ購入する必要があります。

1枚で1ヶ月目安なので、本体を購入すればだいたい4ヶ月くらいは追加購入なしで使えることになります。

ベルトは部位によって使い分ける

クワトロビートには短いベルトと長いベルトが1本ずつ入っています。長いベルトはお腹まわりやお尻、背中などに装着するときに使います。

そして短いベルトは腕や脚などに装着するときに使うことになります。

脂肪が気になる場所はどこでも使えるので、この2本のベルトを使い分けていきます。

お腹だけ気になっている!という方は短いベルトは使うことがないので、なくさないように箱にしまっておくのがいいですね。

パッドはボタンで簡単に取り付け可能

まずは使用前にパッドをクワトロビートの本体に取り付けていきます。

パッドの裏側にはボタンが4つついているのでパチパチっと本体に取り付けていきます。

この取り付けもSixPadのようにアブベルト1個に対して6つのシートを1つずつ貼っていくような作業が必要ないのでとても楽です。

ベルトを左右でお腹に装着します

パッドを付けたら気になる部位にクワトロビートを装着していきます。

今回はお腹につけてみたいと思います。

巻き方は簡単で長い方のベルトをクワトロビート本体の左右にあるバックルのような部分に引っ掛けます。

ベルトの片側をマジックテープで止めたら、パッドごとお腹にくっつけて反対側も同様に引っ掛けていきます。

後は落ちないように少し強めに固定すればOKです。

【注意】充電式じゃないので電源ケーブルは常に挿しておく必要あり

私も最初は充電して使うタイプのEMSだろうと勝手に思っていたので、充電してから使うのかな~と思っていました。しかしケーブルを挿しても充電中を示すランプなどは一切点灯せず。

あれ、おかしいな…?初期不良?と思って説明書を見ると充電式ではないということに気が付きました。

つまり使う時は常にケーブルを挿したままにしておく必要があるということです。

こうなると、家事をしながら使うのがかなり厳しいですし、お掃除や洗濯、料理をしながら使うのは無理です。

個人的にはこの時点でちょっとガッカリしたのですが、前向きに考えると充電の手間がないし電池交換も不要という感じでメリットもあります。

使う時は黙って椅子に座って本やテレビを見るなど、割り切って使えばとくに問題はないと思います。

使用前の調整はちょっとコツがいる

使い方については説明書を事前に読んでおけば問題ないですが、いきなり使おうと思ってもおそらく使い方がパッと見ではわからないと思います。

わかりやすく簡単な使い方だけここで解説しますね。

本体の上部にはこのように5つのボタンがついています。

  • 電源ボタン長押しで電源ON
  • モードを1回押すとセルケアモード
  • モードを2回押すと引き締めモード
  • モードを3回押すとソフトモード
  • ソニックを押すと振動ありOrなし
  • レベルアップを長めに押すとレベルアップ
  • レベルダウンを長めに押すとレベルダウン

ボタン操作はこんな感じです。

レベルは8段階ありますので、最初はレベル1から使って少しずつ強くしながら調整していきます。

本体正面にはこのようにランプが点灯する箇所が6個ついています。

一番左が電源ONの場合点灯し、その右が振動ありの場合点灯します。

右の4つがEMSの強さを表示するランプになっています。レベル8まであるのに4つしかランプがありませんが、点灯と点滅でレベルがわかるようになっています。

EMSレベルの確認方法
  1. レベル1…1個点滅
  2. レベル2…1個点灯
  3. レベル3…2個点滅
  4. レベル4…2個点灯
  5. レベル5…3個点滅
  6. レベル6…3個点灯
  7. レベル7…4個点滅
  8. レベル8…4個点灯

わかっていれば問題ないですが、説明書を読んでいないとすぐには理解できないところだと思いますので、購入したら一度は説明書を読んでから使うことをおすすめします。

使用感・EMSの強さなどについて

一通り仕様についても理解できたので実際に使ってみました。

文章だけでは伝わりにくい部分もあると思いますので、以下に詳しく動画でも使ってみた感想などをまとめています。

まず動画では誤ってレベル6から使い始めてしまったので、いきなりお腹の腹筋をつりそうになっていますが、レベル1からなら誰でも問題なく使えると思います。

私のように腹筋がほとんどなく、サラッと脂肪がついているくらいのお腹の人はレベル3~4くらいで十分に筋肉の収縮を実感することができます。

逆にお腹にたっぷり皮下脂肪がついているぽっこりお腹の方はEMSのレベル6~8くらいでちょうどいいかもしれません。

EMSの刺激は安いEMSベルトのようにヒリヒリと表面ばかり痛いのとは違って、表面は痛くないのに筋肉の奥底だけ収縮しているような不思議な感覚です。

同時に3D振動も加わっているので、お腹の感覚が麻痺しているような感覚もあります。数分つけているとお腹が温まってくるので、3D振動の影響で脂肪が柔らかくなってきているのだと思います。

EMSの体感は今まで使ったことがあるどのEMSベルトとも違って、独特な感じですが痛くないのに筋肉には届いているので使用感としてはかなり良いものだと感じました。

1回使ったくらいでお腹が凹んだり、腹筋が引き締まった感じはありませんが数ヶ月ちゃんと毎日使っていれば確かにモニターさんのようにビフォー・アフターできるくらいの違いは出そうな気がします。

使用後はカバーパッドをつけて電源を外して保管

使った後は付属していたカバーパットを電極部に装着して保管しておきます。

電極パッドについてはもとからついていたフィルムに戻しておかないと、乾燥してすぐに使い物にならなくなるのでフィルムは捨てないように注意しましょう。

電源はお好みですが、本体に無駄な負担がかからないように私は毎回使った後は電源コードも抜いて保管しています。

価格・コスパについて

クワトロビートの価格については個人的には結構高いな…と思っています。

私が購入したセットだと税抜き29,800円となっていました。

とくに割引などにないので、普通にその値段で買うかどうか…という感じになります。

Amazonなどでは安いEMSベルトが5,000円前後でもいっぱいあるので、迷ってしまいそうですが振動とEMSを組み合わせた商品は他にはありませんでした。

また、SixPadやスレンダートーンも同等の価格帯ですから、特別クワトロビートだけが高額な商品というわけでもないです。

唯一気になるのは交換パッドが4枚で役4,800円とかなりお高めなところですね。1ヶ月1枚と考えるとクワトロビートを使い続けるには月々1,200円は必要になってきます。

管理人
さすがにこの値段を出して本体を買っているのに交換パッドを使わないで使用を辞めるのは勿体無いので、私は交換パッドも買いながら使っていこうと思いますがパッドの費用はもうちょっとなんとかならないの…?というのが本音です。

まとめ

今回はYA-MANが販売している新感覚のEMSベルト「クワトロビート」という商品を実際に購入して使ってみた感想などをまとめてきました。

不満を感じたところ
  • 充電式ではなく常時電源が必要なところ
  • 交換パッドが高い

できれば家事をしたり歩き回りながら使えたらな…と思ったので、そこは不満として残りました。おそらく振動がかなり激しい関係で充電式では稼働が難しいからこの仕様になったのだと思います。結果を求めるには我慢も必要…ということでしょうね。

良いな!と思ったところ
  • 3D振動とEMSの組わせは本当にすごかった
  • EMSがピリピリ痛くない
  • 痛くないのに筋肉の奥にしっかりEMSが届く
  • お腹の脂肪がかなりあっても効きそう
  • 充電不要・電池不要

改めてまとめると良いな!と感じたところの方が多かったです。

EMS系の商品は似たようなものばっかりですが、YA-MANは技術的にもアイディア的にも一歩先を行っている印象があります。

とりあえず今後も毎日使い続けてお腹をキュッと引き締めていこうと思います。また何か変化を感じたり進捗があった場合はこの記事に追記していきますね。

YouTubeでの紹介動画はこちら

※よろしければチャンネル登録もぜひお願いします

 

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。