フリーラジカルが肌に与える影響と予防策まとめ

フリーラジカルと言えば何を思い浮かべるでしょうか、もともと化学などの分野で使われている用語なのですが、ここ数年で美容業界に最新の科学技術や医療技術が取り入れられることでどんどん美容に関しても専門用語が増加しているように感じます。

フリーラジカルとは簡単に言うと活性酸素のことを指しており酸化によるなどの老化を引き起こすと言われています。

酸化による影響が気になりだすのは大体30代後半くらいからでシワやシミなど酸化によって肌の変化が強く出てくると昔のように若々しい肌質を取り戻すことが難しくなるのです。

今回は肌を若々しく保つためにしっかりと対策しておきたいフローラジカルの影響と予防策についてまとめましたので最近年齢肌が気になるようになってきたという方は是非参考にしてください。

フリーラジカルが与える影響

最初から専門的な話をしてもわかりずらいのでまずはフリーラジカルが引き起こす酸化のイメージについて解説します。

酸化とは何か?

シルバーアクセサリーや釘など鉄などを放置しているといつの間にか黒くなっていたり、錆が生えてしまったりしますよね。

これは広義の意味での酸化による影響の一つと言えます、鉄などに含まれる成分とフリーラジカルが合体して酸化という現象を起こすことでダメージをあたえるわけですね。

コレが肌に起きると本来みずみずしくてハリのあった肌が、肌細胞にフリーラジカルが影響することでたるみやシワなどの肌の老けを引き起こすのです。

活性酸素によって起きる肌の酸化とは?

物に起きる酸化はイメージできましたが実際に肌の酸化といってもイマイチ何が何だかわかりませんよね。

肌が参加すると肌のハリや弾力を維持しているコラーゲンやエラスチンという肌細胞の中の成分が変化してしまって肌の弾力低下やシワなどを引き起こします。

更に紫外線によって肌に発生した活性酸素は肌の細胞をボロボロにしようと暴れるわけですが、それを食い止めるために増えるのが実はメラニン色素なんです。

メラニン色素は肌にできた活性酸素を肌の細胞の代わりにダメージを受けることで黒く変化して肌の細胞を守ります。

この黒く変わった部分の皮膚がシミとなって老化として私たちは認識するわけですね、メラニン色素はシミを作る悪者と思われがちですが実は身を挺して肌細胞を守ってくれた証拠がシミとして出現しているのです。

フリーラジカルはどこから生まれる?

そもそもフリーラジカルなんてものは体のどこから発生するのか気になりますよね、実はフリーラジカルは私たちが毎日する呼吸や紫外線などによって作り出されるのです。

私たち人間は生きていくためには酸素も太陽も必要なのでどう頑張ってっもフリーラジカルを身体の中から完全に消し去ることはできないのです。

しかし、美容で問題になるのは肌に対してのフリーラジカルの影響ですので最近の進歩した美容液など化粧品を予防対策に使うだけでフリーラジカルから受ける影響を予防することができるんです。

フリーラジカルによる肌の老化への影響を最小限にとどめるためにはいったいどのような対策が有効なのでしょうか。

身体の酸化予防にオススメの方法

身体の酸化といっても肌の老化や血管壁がもろくなったりとその影響は様々です、今回は肌の老化予防にオススメの方法と、体全体の酸化予防にオススメの方法をまとめてみましたのでご覧ください。

身体中の酸化予防対策

身体中のフリーラジカルによる酸化を最小限に食い止めるためにはやはり抗酸化作用の強い成分を含んだ食べ物やサプリを積極的に使っていくのが簡単に取り組める対策になります。

抗酸化作用の強い成分とはビタミンCやビタミンB群・水素水・ビタミンE・ポリフェノールなどが知られています。

特にポリフェノールは抗酸化作用が強い成分としても有名でエイジングケア用品の多くに配合されているほど酸化予防にはマストなアイテムです。

ポリフェノールはブドウや豆乳に含まれる大豆イソフラボンもポリフェノールの一種ですので、毎朝豆乳を飲むようにしたりブドウを積極的に食べるようにするなど食生活に一工夫入れるだけでも身体の酸化予防になります。

今注目の美容成分を使って酸化予防!

最近の販売されているエイジングケア用品の多くに抗酸化作用を持った成分を配合した美容液などが多いのですが、私が酸化予防にオススメなのはノーベル化学賞を受賞したフラーレンという成分です。

フラーレンの驚きのチカラとは?

フラーレンとは1996年にノーベル化学賞を受賞した比較的発見されて新しい成分のことなのですが、その特殊な構造から活性酸素などを消去する作用を持つことで美肌・老化防止に効果があると言われて美容液やローションに配合されるようになりました。

フラーレンを配合するのにも特殊な工程が必要であることからフラーレンを含んでいる美容液などは高価になる傾向にあるようです。

実際に私がフラーレンを配合している美容液で肌に対しての変化を実感したものはBIHAKUエクスチュアルという美容液があります。

実際に使ってみた体験談などは別の記事でご紹介していますのでこちらをご覧ください。

フラーレン配合の美白美容液のレビューはこちら

BIHAKUホワイトエッセンスを使った口コミ評価!買いか徹底検証

2018.07.04

フラーレンの抗酸化作用は抗酸化作用を持つことで有名なビタミンCのなんと役172倍ともいわれており、美容皮膚科などでも積極的に使われている成分なのです。

コエンザイムQ10も抗酸化作用あり!

正直抗酸化作用の強いフラーレンを含んだ美容液をお肌に使うことができたら肌の老化防止にはいいのですがお値段の関係もあってなかなか常用するのが難しいなんて方にオススメなのが還元型コエンザイムQ10です。

ビタミンCなどとコエンザイムQ10を一緒に使用していただくとよりフリーラジカルによる身体の酸化を防ぎやすくなるのでおススメです。

コエンザイムQ10には酸化型のモノもあるようなので可能であれば還元型で配合されているサプリや美容液などを使う方が効率は良さそうです。

フリーラジカルの予防まとめ

フリーラジカルとは酸化を引き起こす物質で呼吸によって体内に入った酸素や、ストレス、紫外線、タバコなどによって身体の中にどんどん蓄積されていく老化を引き起こす原因物質ともいえます。

このフリーラジカルの影響を少しでも抑えるためには活性酸素を作り出さないような生活を心がけたり、抗酸化作用の強い食べ物やサプリなどを積極的に若いうちから摂ることが必要です。

抗酸化作用の強い物質にはビタミンCやポリフェノール、フラーレンといった多くの成分が存在しますのでこれらを含んだサプリや美容液を使うことをおすすめします。

実際に私は25歳くらいの時に小さいシミが目元にできてから年齢を重ねるごとにシワやシミがどんどん気になるようになってきました。

そこで思い切ってフラーレンを含む美白美容液に変えたところ少しづつですが肌のトーンが明るくなってきてシミも気持ち薄くなったような気がします。

エイジングケアは早く始めれば始めるほど後になって大きな差になって返ってくるので最近肌が老けたかもと感じたらしっかりと抗酸化ケアを始めましょう。

美白美容液ランキング!おすすめの美白美容液徹底比較

2018.06.22

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。