30代でシミだらけ!今からでも間に合う3つのシミ対策法

30代なのにシミだらけ」なんて状況になったら目も当てられないですし、化粧を厚塗りしてごまかし続ける日々に嫌気が指してきますよね。

美容に対して無頓着なまま生活をしていると30代でも見た目年齢が40代後半とか50代くらいに見えちゃうくらいシミが増えることがあります。

30代でシミゼロは理想ですが、よほど普段からスキンケアを徹底していないと完璧な状態を目指すのは難しい所があります。

まずはなぜ30代でシミがたくさんできはじめてしまったのか原因から見直して、今からやるべき対策を行っていきましょう。

対策方法を今すぐにみる(※下に飛びます)

30代にできるシミの原因

30代でシミが増えすぎる原因には以下のような物があります。

  1. 10代〜20代の頃のケア不足
  2. 紫外線の受けすぎ
  3. 肌の保水力の低下
  4. ホルモンバランスの乱れ
  5. 大きなストレス

シミはいきなりできるものではなく、時間をかけてメラニン色素が増えて今までは隠れていたシミが少しずつ表面上に現れるようになります。

なぜメラニンが増えてしまうのか?と言うと上記のような原因が関係してくるわけです。

もう少し細かくみていきましょう。

10〜20代の頃スキンケアに力を入れてましたか?

10代や20代前半くらいまではスキンケアにそこまで時間やお金をかけなくても特に肌トラブルなどがなく普通に過ごせていたという女性は多いと思います。

ただ年齢にかまけてスキンケアのサボりグセがついてしまい、そのまま30代に突入すると気づいた時にはシミだらけの顔色が悪いおばさんみたいな顔になっていた…なんてことになりかねません。

20代半ばをすぎるとお肌の曲がり角なんて言われる時期になってきます。この頃までに適切なスキンケア知識を身に着けて対策をしていかないと30代は悲惨なことになる人が続出します。

今更過去のことを言っても仕方がないですが、お肌の曲がり角は人生に1回だけではないのでこの後も何度かやってきます。40代や50代になった時に取り返しがつかないような肌状態になることを避けるには今が最後のチャンスなのです。

紫外線はシミの最大の原因です

外に出る時はUVカットはしていますか?特にケアもせずご近所だからとスッピンで外に出たりする癖がついていませんでしょうか。

紫外線ケアをせずに外に出るということは、武器を持たずに戦場にいるようなもので紫外線に対して無防備な状態です。

太陽光などから紫外線を肌に受けると皮膚がダメージを負い、炎症を受けたり褐色化して肌表面に症状が現れます。「日焼けをしても数ヶ月で元に戻るし大丈夫だろう」なんて考えていると、シミお化けになってしまいます。

紫外線は皮膚の細胞を破壊するため、それを防ごうとメラノサイトがメラニン色素を生成します。すると皮膚の奥側からメラニン色素が広がって沈着し皮膚表面にシミとして現れてくるのです。

学生時代などに外で運動をする部活などを長く続けていた方はその頃から日焼けを繰り返してメラニン色素ができやすい状態になっていることもあります。

少なくともシミだらけの現状を改善するためにもこれからは紫外線の対策を行うのは必須条件と言えます。

30代は肌の保水力が落ちてシミができやすい

30代になってくると20代の頃と比べて身体の機能が衰えてきたかも…と感じることがよく有りますよね。

体力も落ちてきますし、今までよりも太りやすくなっていたり。自分では認めたくないかもしれませんが、年齢には逆らえないので着実に身体機能は少しずつ落ちてきています。

その余波は体力だけではなくお肌にも当然訪れてきます。

特にシミだらけの30代女性は肌の保水力が低下している可能性がとても高いです。

肌には水分を保持する機能があり、それを保水力と呼びます。保水力が高ければ乾燥肌・敏感肌の対策にもなりますし、新陳代謝が高まってシミができにくい肌を目指す事ができます。

しかし加齢の影響で保水力は年々落ちてくるので、その影響からシミが表に出てきてしまったというのも原因の一つとして考えられます。

管理人からの一言肌の保水力はこれからのスキンケア次第ではまだ高めることが可能なので、ただその場しのぎの保湿をするのではなく肌本来の保水力から向上させる方向でケアをしていくのが理想です。

ホルモンバランスの乱れもシミの原因になります

ホルモンバランスの乱れが原因でシミが急増することがあると言われることもあります。

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が何らかの原因によって著しく低下したりすると、その流れでメラノサイトが刺激されてメラニンが大量発生することがあるのです。

30代だったらまだ更年期世代ではありませんが、若年性更年期障害などが影響してくることはあるでしょう。

そこまでいかなくても、日頃のちょっとした日常生活の乱れなどが原因で意識していない間にホルモンバランスが乱れることはよくあります。

ホルモンバランスを乱す習慣の一例
  • 睡眠不足・睡眠の質の低下
  • 食生活の乱れ
  • 栄養バランスの崩れ
  • 飲酒
  • 喫煙

女性も30代で正社員として働いているなら地位もあがって毎日忙しく過ごしている方が多いです。結婚して出産をされた方は出産を気にホルモンバランスが急変してしまうこともあります。

女性は出産をしたら急に老けるなんて言われることもありますが、都市伝説ではなく実際によくある話なのです。

あなたのシミの原因はこの中のどれかに該当していそうですか?該当がありそうな所から少しずつ対処をして乱れたホルモンバランスを整える努力をするだけでも結果はかなり変わってきますよ。

大きなストレスはシミを増やす

30代女性はキャリアウーマンとして毎日バリバリ働き詰めになっているか、子育てでお子様に毎日振り回されてストレス貯金をし続けているかもしれません。

  • 仕事のストレス
  • 家庭のストレス
  • 子育てのストレス
  • 老後のストレス
  • お金周りのストレス
  • 両親・親戚づきあいのストレス

普通に生活をしているだけなのにちょっと周りを見渡せばストレスの要因に囲まれてしまいます。

人は強いストレスを感じた時に活性酸素と呼ばれる物質を生成する働きがあります。活性酸素は身体を錆び付かせ、老化や病気を招く原因となってくる忌まわしき存在です。

さらに活性酸素はお肌にメラニン色素を植え付けるため、毎日ストレスを感じるような生活が続いていると日を追うごとにメラニン量が増え、それに比例する形でシミも顔に増えてしまうのです。

管理人
ストレスは万病の元なんて昔から言われていますが、それだけでなくシミの原因にもなってきます。

30代におすすめ!自宅でできる3つのシミ対策

では30代でシミだらけの顔になっていて流石にヤバい…と気づいた貴方のために自宅でもできるシミ対策方法を5つ紹介していきます。

1.これ以上シミを悪化させないために紫外線対策を徹底する

今よりも更にシミが増えるなんてことは絶対に避けたい所なので、これ以上の悪化を防ぐために紫外線の対策は必ず行うようにしましょう。

  1. 外に出る時は日傘をさす
  2. 深めの防止をかぶる
  3. 日焼け止めクリームを使う
  4. 紫外線対策サプリを飲む

現状できる紫外線の対策としてはこのような物があります。重複した対策はないので、できるなら全て行うのが理想です。

日傘だけでは紫外線を完全にガードすることはできないので、日焼け止めか紫外線サプリなどを併用する必要があります。

曇りの日や冬の寒空などでも紫外線は必ずあるので、どんな天候気候でも油断は禁物です。

2.シミに効果的な美容液を使う

シミ対策に効果的な美容液を使ってシミのケアを行って今肌表面に出てきてしまっているシミを少しずつ薄く目立たないように改善していく努力も必要です。

シミ美容液は本格的なものだと少量でも高額でお財布事情的にかなり厳しい方も多いと思いますが、美白特化のオールインワン美容液などを使うことでコストを下げたシミ対策も可能になります。

シミ対策に有効な成分一覧
  • フラーレン
  • APPS
  • フラバンジェノール
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • プラセンタ

このあたりの成分がバランスよく配合されている化粧品であればある程度シミに対する効果が期待できるため、手の届く範囲の化粧品でもシミ対策に役立つものへ切り替えると良いでしょう。

 3.シミに効く医薬品を使う

最終手段…というわけではないですが、いよいよこのままだと本当にヤバイかも知れないという方はシミに効く医薬品を購入してみるのが良いでしょう。

実は普通にドラッグストアなどでシミに効く医薬品が市販されています。例えばエスエス製薬のハイチオールシリーズなどが有名ですね。

L-システインという成分が肌代謝を高めてくれるので乱れた肌のターンオーバーサイクルを整えてシミの原因となる黒色メラニンの排出をサポートしてくれます。

抗酸化作用も強い成分なので紫外線やストレスの影響で溜まってしまった活性酸素を除去して細胞ダメージを軽減する働きもあるため、ストレスが原因となる肌荒れやニキビなどのトラブルを同時に改善していく事もできます。

サプリではなく医薬品なので、敷居が高いように思われますが、処方の要らない第3類医薬品として普通にネットなどでも購入できます。

薬ですがすぐにシミが改善するわけではなく1〜3ヶ月くらいの時間をかけて少しずつシミの元から排出していくようなイメージです。他の対策と並行して行うことで更にスピーディーなシミ対策が可能になります。

まとめ

30代というまだ若い年代なのにシミだらけになっていると周囲との差も感じて嫌になって来る人も多いと思います。

対策をしたいと思っていても、ぼんやりとした対策方法しか思い浮かばないとなかなか行動に移すのも難しいですよね。

シミを取るためのレーザーを使った医療などもありますが、保険適用外で高くつくし怖い…など躊躇する理由は探せばいくらでもでてきます。

ここまでに紹介した対策方法だったらそもそも難しいことは何もないですし、習慣化すればいまで来ているシミの対策だけでなく今後のシミの予防も可能になります。

ぜひ40代になった時に今よりも見た目年齢が若くなるような状況を目指して、スキンケアを行っていきましょう。

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。