大気汚染の肌への影響とは?肌荒れの予防と対策法まとめ

暖かくなってくると気になってくるのが紫外線の影響ですよね、しかし肌に影響を与えるのは実は紫外線だけではないのです。

環境破壊が進んだことで大気汚染が進み近年では肌への影響が問題となってきているようです。

大気汚染による肌への影響を知って肌荒れの予防と対策法をしっかりと身に付けましょう。

身近に潜んでいる大気汚染の影響

一口に大気汚染といっても工場から出る煙もあれば、車の排ガスなど思い返せば私たちの生活の身近なところに常に汚染物質は潜んでいます。

これらの空気中に排出される汚染物質は風に乗っていたるところへと飛んでいきますので、しっかりと大気汚染物質から肌を保護する対策をしておかないと大気汚染物質の影響をそのまま肌へと届けてしまうんです。

大気汚染による影響を受けやすいのは肌のバリア機能が低下している方なので、敏感肌や乾燥肌といった肌トラブルを起こしている方は要注意です。

スキンケアをどんなに頑張ってもなかなかキレイにならないと困っている方はもしかしたら大気汚染による肌への影響が関係しているかもしれません。

こんな肌トラブルは大気汚染が原因?

では実際に大気汚染によってどんな肌トラブルが引き起こされるのかご紹介しましょう。

1 肌のシワやたるみ

肌のシワやたるみは年齢による変化だから仕方がないと思っていないでしょうか。

実は人間の肌に起きる老化の大半は紫外線や外部刺激による活性酸素の影響が最も大きく、年齢による変化というよりは外部刺激をどれだけ受けずに過ごしてきたかという部分が関係しています。

なので若い時に野外活動をたくさんしていた方とインドア派だった方の皮膚を比較すると肌の状態は全く違います、それは紫外線や大気汚染による肌への刺激を受けた量で差が出るのです。

大気汚染物質を長期にわたって浴び続けると活性酸素が肌の中で発生して肌の老化を急激に早めます

肌に活性酸素が増えると肌の老化によるシワやたるみの原因になりますのできちんと毎日スキンケアをしているにもかかわらずシワやたるみが気になるという方は大気汚染の対策が不足している可能性があります。

2 なかなか治らない肌荒れ

いつもは割とすぐ直っていた肌荒れがいつの間にか1年中治ったり悪化したりを繰り返すようになってしまった。こんな方は要注意です。

スキンケアもばっちりしているのに肌荒れがなかなか治らない負のスパイラルにハマっているという事はスキンケアが間違っているか、何らかの外部刺激による影響をブロックしきれていないかという事です。

もしあなたのスキンケアが正しいなら肌荒れを繰り返す原因は大気汚染物質による刺激が理由かもしれません。

大気汚染物質にはPM2.1なども含まれますのでとにかく治らない頑固な肌荒れでお困りの方は肌を保護する対策を取り入れたほうが良いかもしれません。

3 原因不明のかぶれや痒み

季節の変わり目などになると多くなるのが痒みやかぶれといった肌トラブルですよね。

花粉症やアレルギーが原因と分かっている方は対策の使用もありますが、原因がよくわからないまま痒みとかぶれを繰り返してしまう方も中にはいます。

そんな方はもしかしたら空気中に浮遊している汚染物質によってアレルギー反応を起こしている可能性があります。

空気中の汚染物質は実は呼吸器系への影響だけではなく肌に刺激を与え続けることでアレルギーの原因を引き起こすことも知られています。

住んでいる身近なところに工場や大きな道路など汚染物質が発生しそうなポイントがある場合は大気汚染に対する予防も考えたほうが良いかもしれませんね。

大気汚染による肌への影響を環境ストレスとも言いますがタバコや光化学スモッグといったモノも大気汚染の一種になりますので対策が必要です。

大気汚染から肌を守る方法とは?

様々な肌トラブルを引き起こす汚染物質ですがその目に見えない大気汚染から肌を守るためにはどのような対策や予防法を取り入れたらいいのでしょうか。

外出時はファンデーションでカバー

最も大気汚染の影響を受けやすいのが外出時の外を歩いている時です。

紫外線対策と同じように大気汚染に関しても大気汚染もブロックしてくれるタイプのコスメを利用すると効果的です。

私が実際に使用しているのはディセンシアから販売されている敏感肌用美白化粧品サエルです。

サエルのCCクリームは大気汚染物質による影響をオウゴン根エキスという有効成分を含ませることで肌への影響をカットします。

もちろん普通のファンデーションでもしていないのと比べると肌への影響を軽減してくれますがきっちり肌を守り切りたい方は紫外線と大気汚染物質をカットしてくれるタイプの化粧品をおすすめします。

DECENCIA「サエル」トライアル10日使用後の口コミ

2018.03.05

スキンケアで環境ストレスをシャットアウト

外出時に浴びる可能性のある物質をファンデーションなどでカットすることは非常に有効な対策ですが毎日のスキンケアでも汚染による環境ストレスを軽減することができます。

家でするスキンケアで重要になるのは肌のバリア機能を高めて肌自体の環境ストレスに対する免疫を強くしてあげることです。

肌のバリア機能を高めてくれる化粧品と言えばディセンシアのアヤナス・サエル・つつむが非常に定評があります。

ディセンシアの製品は独自の研究開発によって編み出された肌のバリア機能を高める処方を使っているので今までどの化粧品を使っても効果がなかったという方でも満足していただける製品だと思います。

この記事のまとめ

肌のトラブルの原因は紫外線の影響だけではなく実は空気中に舞っている汚染物質によるものもあると分かっていただけたと思います。

紫外線の影響に比べてまだまだ知らない方が多い大気汚染による肌への影響ですが、この調子でオゾン層の破壊や排ガスなどが増えるとますます無視できない影響となってきます。

なかなか治らずに繰り返す肌荒れや、原因不明の痒みといった肌のトラブルももしかしたら環境ストレスの影響かもしれませんのでぜひ明日から対策を取り入れていただけたらと思います。

ディセンシアのクリームを徹底比較!目的にあったコスメを選ぶには?

2016.10.14

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。