自宅で手軽に脱毛をするおすすめの方法まとめ

今回は、自宅手軽脱毛したいと考えている方におすすめの脱毛方法を紹介していきたいと思います。

エステや病院で脱毛の予約を取る必要もなく、自宅で簡単に脱毛ができるなんて夢のようですよね!

自宅でできる手軽な脱毛法をピックアップして紹介していきます。

自宅脱毛のネックは脱毛力

誰しもが1度は考えたことがあるであろう自宅での脱毛ですが、結局脱毛器の値段が高かったり、手間がかかるため断念した方も多いのではないでしょうか。

実はここ最近では以前と比べて自宅用脱毛器の脱毛力もアップしてきており、更に使用方法もかなり簡単になってきています。

自宅脱毛は以前は時間と手間がかかって脱毛力もイマイチというイメージでしたが、今では自宅でもエステサロン級の脱毛効果を得ることも夢ではなくなってきているのです。

自宅でのムダ毛処理のメリット・デメリット

みなさんが行っているムダ毛処理は、大体がカミソリなのではないでしょうか。

安くて効果的で生えてくるのが遅いムダ毛処理の方法はなんなのか、わたしが考えに考え自分の体で体験した赤裸々な感想もまじえて紹介したいと思います。

※スマホの方は横にすると見やすくなります

ムダ毛処理の種類とメリット・デメリット経験談
ムダ毛処理の種類 メリット デメリット 著者の経験談 
カミソリ
  • 簡単に自己処理できる
  • 安く購入できる
  • スグに毛が生える
  • 毛が生えるとジョリジョリする
  • 毛が太くなったように見える
  • 肌を傷つけたり、肌トラブルの原因となる
  •  簡単に自己処理できるがスグに生えてくるし、ジョリジョリしてしまう。
  • 剃った時に傷つくと自己処理して失敗したことがバレてしまい、恥ずかしい思いをした。
除毛クリーム
  • 毛が伸びてもチクチクしない
  • 仕上がりがツルツルになる
  • カミソリと違って剃りキズの心配がない
  • 除毛クリームの臭いがキツイ
  • 毛を溶かすクリームなので肌がピリピリと痛くなる可能性がある
  • 肌荒れの原因にもなりかねない 
  • 毛が生えてきても、肌の調子が改善していないと再び使う事ができない
  • カミソリ後のジョリジョリを改善させるために挑戦したが、除毛クリームのニオイのキツさで頭が痛くなった 
  • 肌が除毛クリームに負けて、肌がヒリヒリ・ピリピリと痛くなった
ワックス脱毛 毛を根元から抜くので、処理後はツルスベ肌になる テープやワックスをはがす時、とても痛い
  • 背中や腰の産毛が気になり、剃ると太くなるので市販のワックステープを使用したらツルスベ肌になったが、後日毛嚢炎になった。
  • 背中全体にニキビのようなデキモノが発生し皮膚科に行った。
テープ脱毛 1~2週間は毛が気にならない
  • 毛嚢炎になる可能性がある 
  • 埋もれ毛の原因となる
  • 背中全体にマダラに跡が残ってしまった 
  • これはとても後悔しています
家庭用脱毛器
  • いつでも脱毛できる
  • 自分専用なので衛生的に良い
  • 恥ずかしい思いをしない
  • ずっと使う事ができる
  • 医療やエステ脱毛と違い即効性は期待できない
  • 自分で行うので範囲が広いと面倒
  • 手の届く範囲になってしまう。(手伝ってくれる人がいれば大丈夫。)
  • 仕事が忙しくても、空いた時間に自分のペースで脱毛できた 
  • 自分で毛の生え方や様子を見ながら出力を調整できるので納得して脱毛できる
  • 自分で出力を調整しながら脱毛できる
毛抜き  毛を一本ずつ根元から抜くので仕上がりがキレイ 
  • 一本ずつ抜くので果てしない作業になる 
  • 埋もれ毛の原因となる
  • 脇毛を一本ずつ抜いていたが、埋もれ毛になった 
  • 毛穴が目立つようになった

自宅でできる脱毛の種類をメリット・デメリットそして、経験談をまじえて紹介してきました。

まだカミソリだけで自己処理している方は、是非ともわたしのような失敗はせず剃りキズや毛嚢炎の跡のない綺麗な肌を保っていただきたいと思います。

わたしの失敗談を参考にして是非とも「脱毛への近道」を歩むきっかけにしていただきたいのです。

脱毛の種類別 お金と時間の関係

わたしが単純に自宅で脱毛したいと考えて選ぶならば、「家庭用脱毛器」という結果になります。

この結果に私が行き着いた理由を知ってもらうためにもまずは脱毛するのにかかるお金や時間などを比較した表を作ったので見ていきましょう。

脱毛の種類別に考えるお金と時間の費やし方
脱毛種類 カミソリ ワックス脱毛テープ脱毛 家庭用脱毛器 エステ脱毛 医療脱毛
脱毛効果 脱毛ではない 毛嚢炎など肌トラブルになる可能性があるので、経験上おすすめしません。私は、皮膚科に行きました。治すのも時間がかかります。 徐々に毛が細くなっていく。 効果はあるが、気長に待つ必要がある 即効性がある
お金 とても安い 少し高いが手は届く 高額
時間
  • 数日おきに自己処理
  • 自己処理をずっと続ける
  • いつでも脱毛できる
  • 予約の心配がない
  • 脱毛に通う回数が多い
  • 予約が必要
    •  脱毛に通う回数は少なくて済む
  • 予約が必要

カミソリは手っ取り早い自己処理方法ですが、毛の生えるスピードが速い人は毎日剃らなくてはいけません。

それに肌を傷つけて負担になっていることは確実なので長期的なランニングコストと肌を綺麗に保つという観点で考えるとイマイチです。

医療脱毛は効果が出るのが本当に早く、せっかちで神経質な私でも満足することができました。

管理人
しかし施術料金が非常に高いことから数回で通えなくなりました。
剛毛で毛深くてすぐに脱毛効果を得たい人には最初の数回で一番気になる所を減らすという目的で通ってみるのもいいと思います。

家でできるカミソリでの自己処理、はたまた勇気を出して医療脱毛!?エステ脱毛!?けど自宅でなるべくお金をかけずに脱毛がしたい!!

管理人
「自宅でなるべくお金をかけずに脱毛したい!!」それが一番賢い考え方だと思います。そんな理想的な脱毛のいいとこどりをしたものが「家庭用脱毛器」なのです。

自宅脱毛におすすめ脱毛器BEST3

1位 ケノン
2位 光エステ
3位 トリア

脱毛経験者が選ぶランニングコストを考えた脱毛方法とは

医療脱毛・エステ脱毛の経験を経てわたしが出した、いいとこどりの脱毛方法は「家庭用脱毛器ケノン」です。

脱毛の効果が出るまで少々時間はかかりますが、カミソリでのランニングコストを見てみれば家庭用脱毛器の方がとてもメリットがあるのではないでしょうか。

ヴィーナス女性用カミソリカミソリでの自己処理に費やすランニングコスト
ランニングコスト1年間 ランニングコスト10年後
本体¥991(替え刃2コ付)+替え刃4コ¥1,400=¥2,336

¥2,336×2=¥4,672

(1か月に一回替え刃を変えて半年で本体も買える計算)

¥4,672(年間)×10=¥46,720

 

管理人
10年も自己処理を続けますか!?果てしない時間が無駄になってしまいます。カミソリで10年¥46,720ほぼ5万円ほどかかって、時間が無駄にかかるそして肌荒れの可能性。。。

 

家庭用脱毛器”ケノン”は定価98,000円のところをタイムセールの時を利用すれば約3万円引きの69,990円で購入できます。

ほぼ7万円ですが、一人で買うのではなく家族や友人そして彼氏や旦那様とシェアすればするほど一人の負担する金額は低く抑えることができます。

タイムセールで69,990円は二人でシェアすると一人34,995円です。これはすぐに手の届くような金額なのではないでしょうか。

脱毛器ケノン効果なしは本当?実際に使って徹底レビューしてみた

2017.03.11

自宅でお手軽脱毛おすすめ方法まとめ

最終的には今すぐに脱毛しなければいけない急ぎの理由がない限り、わざわざ高いお金を払って医療脱毛・エステ脱毛に行かなくてもいいのではないでしょうか。

もしどうしても早く脱毛効果を期待したいのなら、医療脱毛かエステ脱毛に行くことをおすすめします。

医療脱毛は高いのでエステ脱毛であれば、ミュゼプラチナムさんで脱毛通い放題のキャンペーンなども行っているので施術してもらうといいと思います。わたしは”ミュゼプラチナム”さんでわき脱毛通い放題を経験しましたが、数回通えば少しずつ毛量の減りを実感できます。

ミュゼプラチナムの脱毛効果は本物?評判がいい理由をチェック

2016.09.07

総合的に考えて特に脱毛を急ぐ理由がなければ、それなりに脱毛効果を実感できて自己処理の回数が減る「家庭用脱毛器ケノン」で十分なのではないかと思います。

管理人
「あと7年早ければ。」私も脱毛に大金をかけずに「家庭用脱毛器」だけで済んだのに。。。非常に悔やまれてなりません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です