医療脱毛の痛みがヤバイ!痛すぎるのに耐えれば効果はあるの?

少しずつ気温が温かくなってくると、半袖やノースリーブを着る機会が増えてくるので女性はムダ毛の処理をしている方が多いと思います。

しかしムダ毛の自己処理を長く続けていると肌のくすみや、毛穴が目立つ原因にもなってしまうので「そろそろ医療脱毛か脱毛サロンに通ってみようかな。」と考え始めている方もいるのではないでしょうか。

医療脱毛と聞いて思いつくのは永久脱毛ができるけど照射時の痛みが痛すぎるなど、脱毛はできるけど痛みがある。

はたしてどれほどの痛みなのか、「我慢できないほど痛すぎるのか。」痛くてもキレイに脱毛ができて効果があるのなら頑張って痛みに耐える価値はあると思います。

それでは、みなさんが気になる医療脱毛の痛みについて医療脱毛経験のある著者が本音を交えて詳しく解説していきます。

格安医療脱毛をお探しの方はこちら

レジーナクリニック銀座に潜入!実際に体験した本音を徹底レポート

2017.04.22

医療脱毛は痛いのか!?

痛みの感じ方にはもちろん個人差があると思いますが、正直にいうと「医療脱毛は痛いです。

医療脱毛は黒い毛に反応して熱を発生させることによって、毛を成長させる毛根を破壊します。

毛の生えた黒い毛根に瞬間的に熱が発生するので、痛みを感じてしまうということです。

管理人
医療脱毛は毛根にダメージを与えるほど強力だということがわかりますね。医療脱毛クリニックによっては麻酔もあるみたいのなので後ほど紹介したいと思います。

 

具体的にどう痛いの?

よく例えられているのが「ゴムではじかれたような痛さ。」と言われていますが、著者の感覚としてはゴムではじくというよりは毛抜きで一本ずつ思いっきり抜いた時のような痛さだと思います。

私はすね毛と太ももの毛が男性のヒゲと同じくらい太かったので医療脱毛に通って脱毛しましたが、毎回冷や汗をかきながら痛みに耐えていました。

太い毛を一本ずつ毛抜きで抜くと、毛によって痛みが強い部分があると思います。

医療脱毛の痛みは、毛抜きで抜くと同じくらいの痛みが照射部位に一気に起こるので足が痛みに反応してビクッとなることもありました。

著者は医療脱毛の痛みに耐えながら、「ムダ毛のないツルスベ足を手に入れるためには我慢は必要だ。」と自分に言い聞かせて頑張りました。

医療脱毛の痛みは我慢できる!?

痛みを我慢できるかどうかは本当に人それぞれであり、個人差があると思いますので一概には言えません。

だからと言って我慢できないくらいの痛みを無理に耐えてしまうと場合によっては、思わぬ事態になりかねません。

著者は太ももの医療脱毛中に、「いつもよりかなり痛いけどキレイになるためだ。」と冷や汗をかきながら痛みに耐えました。

その結果、照射後に太ももがヒリヒリしつつ帰宅すると毛穴がすべて火傷になっていて太ももの毛穴が全部カサブタになってしまいました。

医師の指示に従い、薬と保湿をしっかりと行ったのでさいわい太ももに跡は残らなかったのでホッとしています

医療脱毛と家庭用脱毛器で痛み比較

医療脱毛の痛みについて詳しく解説してきましたが、最近は医療脱毛以外にも痛みが少なく自宅で自由に脱毛をすることができるようになっているのをご存知でしょうか。

医療脱毛と家庭用脱毛器ケノンで痛みを比較してみました。

医療脱毛と家庭用脱毛器ケノンの痛み比較
医療脱毛 家庭用脱毛器ケノン
痛み 毛根にダメージを与えるので痛い。 レベルを上げると少し痛みを感じる。照射部位が熱く感じる。
痛い時の対処  肌の反応を見て、看護師又は医師が判断してくれる。 レベルを下げる。自己判断が必要になる。
サポート 医師の診察を受けられる。 ケノンの使い方は電話での相談ダイヤルがある。

医療脱毛は医療機関で行うので出力も高くプロが判断してくれますが、家庭用脱毛器ケノンの場合は自己判断が必要になります。

ケノンの場合は医療脱毛と違い出力が低いので、低いレベルから照射していけば痛みを抑えられます

家庭用脱毛器ケノンのより詳しい効果・口コミはこちら

痛くない医療脱毛もある

医療脱毛は痛いと何度も言い過ぎてしまった気もしますが、正直に伝えなくてはいけませんので本当のことを言ってきました。

しかし医療が日々進歩しているのと同じで医療脱毛器も進化しており、痛みを抑えつつ医療脱毛の効果を維持した脱毛器があるのです。

医療脱毛クリニックによっては、痛みの少ない蓄熱式の脱毛器を導入しているところもあります。

痛くない医療脱毛って?

医療脱毛で痛いといわれている脱毛器は直接毛根の黒い部分へレーザーを反応させることにより、熱をくわえてダメージを与えるといった仕組みです。

しかし痛みが抑えられた医療脱毛器は、従来の仕組みと違いじわじわと熱を伝えて毛根に栄養を送っている組織にダメージを与える方法です。

毛根への直接ダメージではなく、じわじわと熱でダメージを与えるので痛いというよりは熱いという感覚に近いようです。

著者
著者は毛根へのダメージを感じることができる、痛みを感じる脱毛器の方が好きです。

痛みを耐えれば効果があるの?

代表的な医療脱毛の仕組みは、毛根へダメージを与えることによって毛を生えさせなくするのが一般的です。

そして痛みがあるというのはしっかりと毛根へダメージを与えているという反応であり、効果は実感できると思います。

しかし、痛みにも限度があり異常な痛みを感じたら我慢をする必要はありません。

適度な痛みは伴いますが、痛くて我慢できないくらいの痛みに耐え続けると火傷につながる可能性もあります。

脱毛の効果をできるだけ最大限に感じたいからと言って、出力を高くしてもらって痛みが酷くても我慢し続けるといったことはしないようにしましょう。
管理人
医療脱毛はプロの看護師又は医師が行ってくれますから、危険な痛みと適度な痛みについては綿密に施術者とコミュニケーションを取ることによって対処していけるのではないでしょうか。

医療脱毛なら麻酔を使える!?

医療脱毛のメリットはたくさんありますが、医療機関ならではのメリットで痛みに関して強い味方となるのが薬を使ってもらえるところだと思います。

薬と言っても飲み薬ではなく、麻酔です。

医療脱毛クリニックによって麻酔の方法はさまざまですが、笑気麻酔や麻酔クリームを使って痛みを最小限に抑える努力をしているクリニックもあります。

麻酔を使用してもらう場合には、医療脱毛クリニックによって料金に違いがありますので事前に相談して確認することが大切です。

管理人
麻酔を使うことで痛みを最小限に抑えることができるのは、まさに医療機関だけの特権ですね。しかし麻酔を使うにはアレルギーや副作用も関係してきますので、しっかりと説明を受けて納得したうえで使ってもらいましょう。

 

まとめ

医療脱毛の痛みがヤバイということで、痛みを我慢すれば効果があるのか詳しく解説してきました。

医療脱毛は確かに痛いですが、毛根へダメージを与えている反応であり他の脱毛器を使うことにより痛みを軽減することもできます。

医療脱毛クリニックによっては、麻酔を使ってくれるクリニックもありますので医療脱毛をしたいけど痛みが心配という方は電話やメールで相談してみるのが一番いいです。

医療脱毛は高額な費用がかかるのに「痛い思いはしたくないし、麻酔も体に悪そうだから使いたくない。」と考えて他にいい方法がないか探しているという方には家庭用脱毛器を使ってみるという手もあります。

医療脱毛のように永久脱毛ではありませんが、家庭用脱毛器ケノンは痛みも抑えられて通う必要もないので自宅で自由に全身脱毛ができると話題になっています。

管理人
医療脱毛と家庭用脱毛器のメリット・デメリットを理解して自分に合った脱毛方法を選びましょう。

脱毛器ケノン効果なしは本当?実際に使って徹底レビューしてみた

2017.03.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です