保湿化粧品の成分別特徴を徹底解剖!あなたに合う保湿化粧品とは?

肌トラブルの原因になりやすい乾燥ですが年齢とともにどうしても乾燥しやすくなってしまいます。

そんな時に活躍してくれるのが保湿化粧品ですが、最近の化粧品は色々と種類がありすぎてどれを選べば良いのか分からないなんて事ありませんか?

今回は沢山ある保湿成分をそれぞれの特徴別に効果などまとめましたので自分にあう保湿化粧品選びの参考にしてみてください。

肌が乾燥した時の正しいお手入れ方法


気づいたらいつの間にかカサカサになってしまうお肌の乾燥ですが、乾燥症状が出た時はしっかりケアをしてあげることが大切です。

管理人
一般的に肌は皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の3つの要素がバランスを保つことで健やかな状態を保っています。

 

乾燥により肌がカサつく時はこれらの因子のどれかがバランスを崩しているので化粧品で補ってあげることが大切になります。

肌の健康を保つ3つの因子は化粧品で補うことが出来、皮脂はスクワラン、天然保湿因子はアミノ酸、細胞間脂質はセラミドが類似した効果があるので積極的に摂りたい成分です。

これらの美容成分も実は保湿成分の1つでそれぞれ効果や特徴が違いますので、早速それぞれの特徴を確認しましょう。

保湿成分の特徴とそれぞれの効果

保湿成分と言っても色々種類が有りすぎて全てを紹介することは出来ないので個々では代表的なものを紹介します。

水分を与える成分


化粧水などの基剤として成分の大部分を占めることが多い精製水ですが、角質に水分を届けるので肌を柔らかくしっとりさせる効果があります。

管理人
例えるならカラカラに枯れた花壇にお水をやるようなイメージで乾燥してしまった肌に水分を注ぐ効果があります。

 

角質に水分を届ける効果がありますが精製水だけでは時間の経過とともに蒸発して姉妹肌が乾燥するので、与えた水分をしっかり維持するための保湿成分も必須となります

水分をつかむ機能成分

肌の健康を維持するために必要な天然保湿因子をサポートする効果があるアミノ酸系保湿成分ですが、成分としてグルタミン酸Naやセリンなどがあります。

実は最近話題になっている化粧品にはこれらのアミノ酸系保湿成分を配合しているものが多くこれからも増えることが予想されます。

管理人
アミノ酸系保湿成分は精製水などで与えられた水分を肌の中でしっかりキャッチする効果があります。

 

しかし、周囲の湿度に影響されやすい特徴もあるので冬場など湿度が下がる季節は効果が低下して保湿力も低下する傾向にあります。

他にも水分をしっかりつかむ機能を持つ保湿成分としてグリセリンなども有りますので多くの化粧水などには精製水などと合わせて配合されていることが多いです。

水分を抱えて維持する


水分をつかむだけでは湿度など環境の変化などで掴める量が減少したりとデメリットもあります。

そこで活躍するのが水分をしっかり抱えて離さない保湿成分です。

管理人
水分を抱えて離さない成分としては保湿成分として有名なヒアルロン酸Naやコラーゲンなどがあります。

 

よく保湿効果が高いと言って売られている化粧品には多く含まれている成分ですよね。

ヒアルロン酸などは元々肌にある成分でもあり環境の変化に左右されずに水分を抱えてくれるので保湿成分としては欠かせない成分と言えるでしょう。

水分を挟んで維持する


保湿と言うと肌に水分を与えてそのまま逃さないようにすればいいと思いがちですが肌には色々な成分が存在するのでそれぞれあった保湿成分を与えてあげることが大切です。

管理人
水分を挟む効果がある保湿成分はしっかりと水分を維持できるので水分を保持することが得意です。

 

成分としてはセラミドやレシチン、スフィンゴ糖質と言った成分があり肌のバリア機能をサポートしてくれる成分としても有名です。

これまでに紹介した掴む・抱えるだけでは長時間の保湿効果のキープは難しいので挟む効果がある成分もしっかりチェックしておきたいポイントです。

仕上げに蓋をして逃がさない


保湿ケアの最後はやはりクリームなど油性成分を含んだ化粧品で蓋をしてあげることが重要です。

いくら化粧水や美容液で保湿成分をタップリ与えても蓋がなければどんどん時間とともに逃げてしまいます。

管理人
仕上げに向いている保湿成分としては油性成分であるスクワランやホホバオイル、ワセリンなどがあります。

 

基本的に化粧水や美容液で十分に水分を与えた後にこれらの成分を含んだクリームを塗ってあげると水分が蒸発するのを防止して潤いを長持ちさせることが出来ます。

保湿クリームにはフタをする作用だけではなく他にも色々と美容成分を配合してものがありますが最低限スクワランなどの成分が配合されていれば十分です。

保湿成分はどれも一緒じゃない


保湿成分と言うとどれも肌に潤いを与える効果が有るだけで一緒に感じますが実は肌の中で起きている効果はそれぞれ違います。

肌の乾燥が気になり始めたらまずは自分の肌の状態をよーく観察してみて皮脂が過剰になっているのか、肌自体の弾力なども低下しているのかなどほんとうに必要な成分を選ぶことが重要です。

最近では化粧水や美容液など成分を一々確認しなくてもこれらのそれぞれの機能を持った成分が全部1つにまとめてあるオールインワン保湿ジェルなど有りますので活用するのも一つの手です。

ローヤルゼリーもっちりジェルの効果と1ヶ月使った本音の口コミ評価

2018.09.13

この記事のまとめ


化粧品の中でも皆さん使ったことがある保湿化粧品ですが、実は成分ごとに保湿力や機能が違うことがわかりました。

管理人
それぞれの特徴を踏まえて化粧品選びを出来たら一番いいのですが正直これだけ細かく化粧品成分をチェックするのは面倒ですよね。

 

そんな方のために今回紹介したそれぞれの保湿効果を含んでいるオールインワンジェルも販売されているので簡単に保湿ケアをしたいという方はまずはオールインワンジェルから始めてみてはいかがでしょうか。

オールインワンだといくつも化粧品を揃える必要もなくコスパもいいので安く手軽に保湿ケアを始めたい方には最適です。

【保存版】乾燥肌におすすめの保湿化粧品ランキング

2018.09.03

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。