化粧品の新成分L22の効果をコスメコンシェルジュが解説

化粧品にの新成分として「L22(エル22)」という成分が特許を獲得し、美容経済新聞などでも取り上げられました。

今回はそんな注目度の高い「L22」について解説とL22を含む化粧品などを紹介していきたいと思います。

L22の効果についてコスメコンシェルジュの管理人が解説した動画はこちらから見ることができます。

注目の特許成分「L22」とは

L22とは「最も美しいとされている22歳(20代前半)の肌にある、皮脂構成成分を植物由来成分で再現した最先端の保湿成分です。

この成分は紫外線などによってダメージを受けた肌のバリア機能をサポートしたり、抗シワ、保湿、エモリエント作用をもつ成分です。

20代前半の肌状態をピークに年々肌の状態は老化をたどって行き、シワやハリ不足などのトラブルを起こしやすくなります。

今回新たに特許を取得しこれから化粧品やシートマスクなどにも配合されるL22は今までのケアのいっぽ先を行く最先端の美容成分と言えるのです。

L22を構成する成分

L22は実際の化粧品の配合成分欄などではL22ではなく、「(ホホバ油/マカデミア種子油)エステルズ、スクワレン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、フィトステロールズ」などと記載されます。

L22は特許を取得した商品名で実際の成分記述が異なるので注意しましょう。

大まかな成分としてはホホバ種子油やマカダミア種子油が起源で、非常に手触りもまろやかで使用しやすい成分となっています。

L22で期待できる効果

肌のピークである20代前半の皮脂成分に似せたことで、年齢とともに増える肌トラブルを防いでくれることが期待できます。

バリア機能のサポート

効果の一つに肌荒れを防ぐ肌のバリア機能のサポート効果があります。実は年齢とともに肌の皮脂分泌は低下し肌のバリア機能も乱れやすくなります。

L22はそんな低下傾向にある肌の皮脂成分をサポートすることで油分と水分のバランスを取り理想的な肌のバリアバランスを維持する手伝いをしてくれます。

エモリエント効果で肌を柔肌に

実はL22の効果にはバリア機能のサポート以外にもエモリエント効果もあります。

エモリエント効果とは肌の表面から水分が蒸発し、肌が乾燥するのを防ぎ肌質を柔軟性がある状態に維持する効果です。

20代後半になると急に肌がゴワゴワしたりガサついてきたと感じる方も多いと思います、L22はそんな肌のゴワつきを抑え柔らかい柔軟性のある素肌へと導いてくれます。

保湿効果で潤い貯蓄

バリア機能・エモリエント効果と来て欠かせないのが保湿効果ですよね。

L22は保湿効果も持っているのでL22を配合した化粧水やシートマスクなどを毎日のケアに入れることでふっくらみずみずしい潤い素肌のためのケアをすることができます。

抗シワ作用でシワを防ぐ

保湿系効果が目立つL22ですが抗シワ効果も持っていて、20代前半のようなシワの出来にくい肌質へとサポートすることができます。

シワって20代後半くらいから徐々に口元や目元などに出てきますよね…L22はそんな年齢を重ねることで出来やすくなるちりめんジワなどを予防する効果も期待できます。

L22の特徴をまとめると

L22の特徴

  • 紫外線によって受けた肌のバリア機能回復効果が抜群
  • エモリエント効果がある
  • 抗シワ効果がある
  • 保湿効果がある
  • 肌荒れ防止にもいい

肌の調子を20代前半のように整えてくれるまさに魔法のような美容成分と言えます。

油性成分だけどベタつかない

L22は20代前半の皮脂成分に似せて作られた成分です、そのため主成分からも分かる通り油性成分となります。

管理人
ここで心配なのが、油性成分ならスキンケアに使うと脂性肌だったりするとニキビなどの原因になるのでは?と思いますよね。

 

このL22はホホバ種子油やマカダミア種子油といった油の中でもベタつきがないモノを使用して構成されているため、使用を守って使用する分には毛穴詰まりを起こしたり肌荒れを起こす心配はありません。

L22が配合されている化粧品

実はこのL22という成分2015年に株式会社ダイアナというボディメイク用品やコスメを販売している会社が、「オイル美容液「ディアナージュ ユイール」(300mg×45カプセル・税抜き1万2,000円)」に配合して販売していました。

※現在は公式サイトでは取り扱いがないようでした。

その時は残念ながらあまり話題にならなかったのですが、数年の時を経て再度L22の効果が注目されるようになり、シートマスクや化粧品部門で今後いろいろな商品に配合されて販売されると言われています。

現段階ではL22を売りにしているような化粧品などはネットで検索してもほとんど見つからないですが今後に期待できる成分の1つとして美容業界で注目されています。

L22のまとめ

実は2015年から存在はあるものも、あまり注目されていなかったL22ですが、最近再びその効果が注目されるようになってきました。

過ぎ去りし日の20代前半の皮脂成分と似せて作られていることで、老化によって引き起こされるシワやハリ不足などをしっかり予防してくれます。

今後化粧品やシートマスクなどにも配合される機会も多くなるであろう注目の成分なのでエイジングケアが気になり始めた方は1度チェックしておくといいかもしれませんね。

【この記事の参考資料】
参考資料:美容経済新聞
参考資料:化粧品原料データベース

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。