NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)が持つ効果とは

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)という成分ご存知ですか?

2011年にワシントン大学教授の今井眞一郎先生がマウス実験で糖尿病への治療効果を上げた物質として知られました。

管理人
このNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)、ここ最近の研究で抗老化効果が期待できるといわれており若返りの成分とも言われているようです。

 

今回はNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)が持つと言われている美容効果や健康への効果について簡単にまとめめてみました。

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)とは

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)は私たちの体の中にある無数の細胞内で重要な働きをするNAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という成分に変換される物質であることが分かっています。

NAD+は電子運搬体と呼ばれる物質の1つであり体内で高エネルギー電子や水素原子を運ぶ役割を担っています。(つまり酸化還元反応を起こす重要な物質)

最近の抗老化に関する研究ではこのNAD+という物質とNMNが年齢とともに各臓器などで減少していく傾向にあるとわかりました。

NMNは変化することで体内で各臓器の修復などにも効果を発揮し、さらにNAD+の形を介し体内で代謝・炎症・老化・分化など多彩な反応に関係すると言われています。

このNAD+が減少すると体の中で必要なエネルギーを作ったり、修復する反応に必要な物質が不足するため結果として老化を引き起こす要因になると言われています。

NMNは体内で変化することでNAD+に変換されることが分かっているため、人工的にNMNを投与することで加齢によって起きるNAD+の減少を予防しエイジング効果が得られると考えられています。

NMNが注目されている理由

NMNが医療業界だけではなく美容業界などでも注目されている理由はエイジング効果があるという点です。

NMNは変換されることで体内での修復機能を持っているため、加齢によってNMNが減少することで修復機能が低下して老化が引き起こされると考えれています。

NMNは食べ物や化粧品などに配合して日常的に使用できるよう製品化することが可能だと言われており現在もサプリメントなどとして販売されているものもあります。

NMNを経口摂取することで効率よくエイジング効果が得られると考えられているため、今後エイジング関係のサプリメントとして製品化される可能性も非常に高く今注目されている物質の1つと言えます。

ここまでのおさらい

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)という物質は加齢とともに減少することが研究によって分かりました。

NMNは変換されるとNAD+という物質になり、このNAD+は体内で酸化還元反応を取り仕切り非常に重要な物質です。

加齢によってこのNAD+も減少することが分かっていて、NMNを人工的に摂取することができたらNAD+の素になるNMNを補充できるので結果的にNAD+が増えてNAD+の効果の1つにある修復作用が強まるので、老化を食い止めることができるのではないか。という話でした。

NMNと一緒に出てくるサーチュインとは

NMNについて調べてみると多くの文献などにサーチュインという言葉が出てくると思います。

このサーチュインというのは長寿遺伝子と言われているサーチュイン遺伝子のことで、抗老化に関して深いかかわりがある物質だと言われています。

NMNを調べるとサーチュイン(Sirtuin:SIR2)が出てくるのはサーチュインが体内で酵素と反応する際にNAD+の影響を受けるからです。

NAD+が体内に豊富にあるとサーチュインによって起きる反応が体により優位な形で行われるため、NAD+の素となるNMNについて調べるとサーチュイン遺伝子に関しての記述も出てきます。

NMNを体内に増やすことでNAD+は増え、NAD+が増えることで体内で起きるサーチュインによる反応で得られる体への効果(抗酸化・炎症抑制)が高めると考えられるためNMNとサーチュインは一緒に記述されることが多いです。

カロリー制限をすると若返るという噂

美容の本など見ると年配の方がカロリー制限をすると若返るようなことを書いてあるものをたまに見かけます。

管理人
このカロリー制限によって得られるエイジング効果も実はサーチュイン遺伝子と関係しています。

 

マウスを使った実験でカロリー制限を行ったマウスにサーチュインの増加がみられたということから、カロリー制限を行うことでサーチュインが増加しエイジング効果が高まると言われているようです。

カロリー制限をすることで実際にエイジング効果を実感している方もいるようなので、まだ疑問に残るところが多いながらも美容法の一つとしてカロリー制限が良いと進められているようです。

レスベラトロールとサーチュインの関係

NMNを配合したサプリに一緒に配合されていることが多いのがレスベラトロールという成分です。

レスベラトロールは赤ワインに含まれているポリフェノールの一種で、摂取することでサーチュイン遺伝子の活性化が期待できると言われています。

しかし、実際に調べてみるとレスベラトロールを投与してサーチュイン遺伝子の活性がみられたのはマウスによる実験で、同等の効果を得るためには人間だと赤ワインを1日100本近くまで飲まないと同等量を摂取できないそうです。

赤ワインでサーチュイン遺伝子の活性をするのは無理そうですが、その分サプリメントという形でレスベラトロールを高配合したものが売られておりアメリカなどでは大ヒットしているようです。

NMNで期待できる効果

★NMNで期待できる効果
・エイジング効果
・長寿化
・インシュリン感受性を高める
・炎症反応の抑制
・抗酸化作用

NMNで期待できるのではないかと言われている効果は上記のようなものがあるようです。

しかし実際のところはマウスでの実験結果のみでそれ以上の段階とは言えません。

管理人
マウスと人では単純に効果を得るために必要な投与量なども桁が違ってくるため、それだけの量を投与して副作用などがないとも言い切れません。

 

なのでNMNに関しては現段階ではマウスに対しての効果は認められているものも、人間に対しての効果は未知の部分が多い物質と言えそうです。

参考:健康長寿 ・ ウィキペディア ・ エッセンシャル細胞生物学 南江堂

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。