顔が四角いと感じた時に試したい7つの事

鏡を見て自分って四角いかも…と悩んでいる方も多くいると思います。

管理人もお肌の曲がり角を超えたあたりから急になんだか顔が四角いと感じるようになりました。

今回は元々の骨格によって生まれつき顔が四角い人から、ある日急に顔の四角さが気になりだした方まで、顔の四角さを気になったらやっておきたい7つの対策法を紹介します。

顔が四角い原因とは

そもそも顔が四角いと感じる原因はいくつかあります。

原因
・エラや頬骨が張っている
・顎が四角い
・頬や顎に脂肪がついている
・顎周囲の筋肉が発達している
・噛み合わせが悪い
・肌のたるみが起き始めている

顔を四角いと感じさせる原因はよく知られているものでもこれだけあって、その原因にあった対処法をすることで顔をスマートに見せることも可能です。

今回は身近なところでできる手軽な対処法を紹介していきたいと思います。

顔が四角いと感じた時にしたい7つの事

私ってもしかして顔が四角い?と感じた時にしたい対処法を10個紹介していきます。

1 骨格による顔の四角さの対処法


遺伝などによりどうしてもエラが張っていたり、頬骨が出ていたりすると顔が四角く見えやすくなります。

骨格自体が芸人のキンタローさんのようにかなり出ている場合はエラが出ていない人よりも顔の下半分の面積が広くなるので、顔が大きく見えたりする原因ともなります。

物理的に顔を面長や卵型に変えるには残念ながら骨格を削るような美容整形などが必要になりますが、見た目の印象を変えるだけなら整形手術をしなくても十分に対策できます。

骨格によって顔が四角く見えている場合は、エラや頬骨が目立たないようにフェイスラインに沿って髪を残すようにすると髪の効果でスッキリして見えます。

実際に女優さんなどでもエラが張っていて顔が四角い方が多くいますが、髪型によって上手に目立つ部分を隠すことでスッキリとしたフェイスラインを作り出しています。

ポイント

エラの張っている部分よりも上部に重みをつけたり、ゆるいパーマなどでエラや頬骨あたりに髪の動きが出るようにカットするなどヘアスタイル次第で顔をスッキリ見せることが可能です。

注意点は前髪を広く作りすぎたり、サイドに段などを入れずにストレートにしてしまうと余計に顔の大きさや四角さを強調してしまうことになるので要注意です。

2 メイクで小顔に見せる

ヘアスタイルの次に手軽に顔をスッキリと見せる効果が高いのがメイクです。

顔が四角いと感じている方の多くはシェーディングなどの方法を積極的に取り入れている方も多いと思いますが、シェーディングを入れるだけではなくハイライトやファンデーションの塗り方を工夫するとよりスッキリした印象に仕上がります。

1.顔が四角い場合は洗顔後、化粧水で整えたら保湿クリームでしっかり顔全体を保湿しましょう。

2.しっかり保湿したらベースや化粧下地を塗っていきますが、ベースなどは小鼻周りや目元など顔の中でもよく皮膚が動く部分にしっかり塗って、なるべく顔の外側には塗らないようにします。

3.ファンデーションは顔の中心に5つくらいリキッドやクリームファンデを置いて顔の中心から外に向かって広げます。イメージは顔の中心は盛って、顔の外側は盛らないイメージで気になるエラ部分などは軽くスポンジで馴染ませる程度でOkです。

4.ハイライトはTゾーンと目尻の横をCを書くように入れます。目の下部分は小さい逆三角形を意識してハイライトを少し入れるくらいで十分です。

5.最後にシェービングですが、耳の下から自分のなりたいフェイスラインをイメージしながら余分な部分にシェーディングを入れるようにします。

もしシェーディングの濃さが上手く調節できない場合は自分の肌よりも1〜2トーンくらいファンデーションを使うと自然な陰影が出来ます。

今回紹介したメイクを意識するだけでもメイクの効果で顔の中心に光が集まり気になるエラや頬骨の印象を軽くしてくれるので、顔が四角い事に悩んでいる方は是非試してみてください。

 

3 余分な脂肪を落としてスッキリ

顔を四角く見せる原因は骨格だけではなく頬や顎周囲についてしまった脂肪による影響もあります。

以前はスッキリした顔立ちだったのにいきなり顔が四角いと感じるようになった方はもしかしたら脂肪による影響かもしれません。

管理人
頬骨やアゴ周りなど顔についてしまった脂肪は正直部分的に落とすのが難しいのですが、お風呂でのケアを少し変えるだけでスッキリすることもあるので紹介します。

 

お風呂の中で顔専用の発汗マスクなどを使用して脂肪の燃焼を高めてあげる方法がおすすめです。

実際に管理人が行っていたのはサランラップに穴を開けて目と口、鼻で息ができるようにしたものを顔につけてお風呂に15分ほど入るのを日課にしていました。

実際にサランラップでも顔に巻くことでかなり発汗量が多くなりフェイスラインがスッキリしました。

サランラップを使う場合はちゃんと息ができるようにしないと窒息死してしまうので口や鼻などは覆わないように注意しましょう。

4 マウスピースで矯正

顔が四角い方って意外と歯並びが悪かったり、かみ合わせが悪い方が多いんですよね。

私自身も親知らずの影響で年々かみ合わせがずれてきて最近歯医者でマウスピースを作りました。

管理人
歯並びが悪かったり、かみ合わせが悪いままにしておくと顎周囲の筋肉に余計な負担をかけたりするので、筋肉が張って顔が四角く見えるようになることがあります。

 

中高生以降で顔の四角いのが気になりだしたという方は実は骨格ではなく、かみ合わせなどの影響で顔が四角く見えている可能性があるので1度歯科でチェックしてみるといいかもしれませんね。

5 マッサージでフェイスラインを整える

顔が四角くなる原因でも紹介しましたが、顎周囲の筋肉が発達することで顔が四角く見えている場合があります。

かみ合わせが悪かったり、歯ぎしりや食いしばりをよくする方は筋肉によって顔が四角くなっているかもしれません。

そんな場合は筋肉のコリやハリをほぐすフェイスマッサージが効果的です。

マッサージ方法は基本のフェイスマッサージなどに加えて耳の下の丁度エラ部分を人差し指、中指、薬指を使って指先でクルクルとマッサージします。

普段マッサージしていない方だとマッサージの刺激で耳や顎に刺激を感じるかもしれません。

大体両方のエラを中心に10回ほどするだけでもかなり顔がスッキリした感じを受けると思います。

ついでに頭皮も耳の上や横などを中心に軽くクルクルと揉んであげるとより効果的です。

マッサージを行う時は専用のマッサージジェルなどを使うと肌が引き締まってより効果的です。

6 たるみ解消でスッキリ小顔

30代になったら急に顔が四角いように思える…こんな方いませんか?

管理人
年齢とともにいきなり現れる顔の四角さは実はたるみが原因で起きている可能性が高いです。

 

年齢とともに肌はたるみやすくなります、特にフェイスラインは重力によって下に引っ張られているのでしっかり毎日ケアしなければ年々たるみを引き起こしやすくなります。

顔がなんだか以前よりも長方形に近いように感じている方はたるみによる変化の可能性が高いのでスキンケアでしっかり予防しましょう。

管理人
基本的にはたるみによって顔が四角く見えている場合は、フェイスマッサージを中心に浮腫みを溜めないようにすることが大切です。

 

更にマッサージする時も肌のハリや弾力をケアするマッサージクリームやパックなどのクリームを使うと効果的です。

マッサージ方法は以下の方法を毎日コツコツ実践するのがおすすめです。

強くこすりすぎたりするとかえってシワや乾燥肌などトラブルを引き起こすのでクリームなどを使って優しくマッサージしましょう。

管理人
私がマッサージクリーム兼パックとしておすすめなのがローヤルゼリーもっちりジェルです。

 

このジェルはクリームタイプで滑りも良く肌への効果が非常に高く、オールインワンでパック機能もついているのでかなり使い勝手が良いです。

お風呂でゆっくり浸かりながらもっちりジェルで顔のマッサージをするだけでかなり顔のコリや浮腫みがスッキリしたように感じるので、顔のたるみが出てきた方におすすめです。

⇒ローヤルゼリーもっちりジェルの口コミををみる

7 メガネで誤魔化す

デートなど急な予定で顔が四角いのを早急にどうにかしたい場合におすすめなのが伊達メガネで誤魔化す方法です。

管理人
メガネをするとオシャレ上級者っぽさも出ますし顔の輪郭の印象が眼鏡によって変わるので手軽で効果が高い方法です。

 

四角い顔の方に向いているメガネはちょっと前に流行ったアラレちゃんメガネのような丸くて縦にも大きめのタイプのネガネです。

フレームは地毛に近い色の茶や黒などを選ぶと顔なじみも良くなるのでおすすめです。

メガネの形も四角い物を選ぶと顔の四角さを強調してしまう場合があるので、顔の四角さを隠すならボストン型と言われる丸くて大きめのネガネを選ぶようにしましょう。

顔の印象は簡単に変えられる

顔が四角いことは自分自身ではかなりのコンプレックスになりやすいことだと思います。

しかし、最近では髪型やメイクでビックリするほど顔の印象を変えることができるようになってきました。

もし、顔が四角いことで悩んでいたり困っている場合は、思い切って美容室などで相談してみるのは対策として有効です。

 

管理人
最近では骨格に合わせた似合わせカット売りにしている美容室も多くあるので、評判のいいお店をあたってみるのはおすすめです。

 

メイクもメイクレッスンや、美容室でプロの方にメイクをしてもらう事もできるのでメイクに自信がない方はメイクレッスンなどで知識を増やしてみるとかなり顔の印象も変わります。

最近では美容整形に頼らなくてもいくらでも顔の形を活かして美人に見せる方法が出てきているので、まずは身近なところから対策を始めてみてはいかがでしょうか。

 

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。