埋没毛(埋もれ毛)の原因と解消法

自己流脱毛や悪質な脱毛サロンによる被害で多いのが埋没毛(埋もれ毛)トラブルです。

埋没毛は毛穴の中に毛根が残っている状態なので毛穴がプツプツと黒く目立ってしまい、せっかくムダ毛のケアをしても黒いプツプツが目立つのでツルツルの美肌というわけにいきません。

今回はなぜ埋没毛ができるのか原因と埋没毛を起こさないためにできる解消法を紹介します。

埋没毛ができる原因

埋没毛ができる原因はズバリ!毛の処理をする際に表皮から出ている部分だけをカットし、毛穴の中に毛根が残っている状態を引き起こしているからです。

自宅などでムダ毛処理をしている大半の方はカミソリやシェーバーでムダ毛を処理していると思います。

カミソリなどで処理するとどうしても表皮から出ている部分のみカットされて表皮の中にある毛根部分が皮膚の中に残った状態になります。

そうすると毛穴の出口付近がカミソリなどで処理した時に一緒に削られて残った毛根付近で炎症を起こして毛嚢炎になったりします。

さらにケアの際に削られた皮膚が再生するときに次に生えてきたムダ毛が皮膚の外へ出れずに皮下に埋もれてしまう埋没毛が発生するのです。

埋没毛が起きやすいケアとは

ここでは埋没毛が起きる原因となりやすい無駄毛のケア方法を確認していきたいと思います。

カミソリによるシェービング


やはり埋没毛が起きやすいケアというとカミソリによるシェービングがかなりの確率で起きやすいといえます。

管理人
管理人自身も実際に両ふくらはぎの裏が埋没毛が頻繁にできてムダ毛をケアしても結局毛穴がプツプツと目立つので困っていました。

 

埋没毛ができる原因は毛根の剃り残しや表皮が傷つくことで、再生するときに新しく生えてきた毛が表面に出れず表皮の中に潜り込んでしまうことが原因です。

なのでシェービングをするとしても毛の流れと逆らわないようにしたり、オイルなどで肌を傷つけないようにケアすることが必須と言えます。

私の場合はふくらはぎの裏をカミソリで剃る時は本当は毛の流れをみて上から下に撫でるように剃らなければいけないところは面倒で下から上に無造作に剃っていました。

毛の流れと反対に剃り続けると毛の剃った断面が広くなるので視覚的にも毛穴に残った毛根がよりクッキリ見えて埋没毛が目立つ状態を作り出してしまうのです。

カミソリの注意点
・表皮を傷つけないようオイルなど使う
・毛の流れに沿って剃る
・シェービング後は清潔にする
・保湿ケアで肌を保護

ワックス脱毛によるケア

ブラジリアンワックスなどムダ毛を引き抜くタイプのケアも多くの方がしていると思いますが、ワックス脱毛も埋没毛を起こしやすいケアの1つと言えます。

ワックスがムダ毛についてしっかり毛根から引き抜けた場合は良いですが、ムダ毛は何百本とありますので全てを完ぺきに引っこ抜くことは困難です。

たまたま毛の上部だけが切れてしまい毛根が毛穴の中に残ると、ワックスによってダメージを受けた肌は時間と共に再生しようとするため残った毛が表皮の中に取り残されて埋没毛になります。

更にワックス脱毛は毛を引き抜くケアなので毛根が毛乳頭と離れる前の状態である成長期に一気に引っ張って抜くことで毛嚢炎などの炎症トラブルも起こしやすいです。

基本的にワックス脱毛はしっかりとプロが行っているサロンで施術を受けるか、諦めて他のケアを選ぶかをオススメします。

ワックスの注意点
・毛嚢炎など起こしやすい
・肌にダメージが残る
・自己流だとトラブルが多い

毛抜きで抜く


意外にも埋没毛トラブルが起きるのが毛抜きによる自己処理です。

毛抜きで毛根ごと引っこ抜けることって正直あまりないんですよね…大半はどこか途中で切れてしまって肝心の毛根は毛穴に残ったままという状態が多いです。

管理人
特に毛が細かったりすると引っ張る力で途中で切れることが増えるので毛抜きでのケアも安心できるとは言えません。

 

毛抜きでのケアの場合は毛穴から無理やり毛を引っこ抜く事で毛穴自体がダメージを受けて外からばい菌が入り炎症を起こすことがかなり多いです。

剛毛を無理に引っこ抜くほど、抜いた後の毛穴がポッカリ開いた状態になり炎症を起こしやすくなるので股やワキなど蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい部分は毛抜きでの処理はお勧めしません。

注意点
・気を付けていても途中で切れることが多い
・雑菌によって炎症を起こしやすい
・毛抜きは消毒してから使う
・処理後は毛穴が開いているので清潔に保つ

埋没毛の解消法

埋没毛が起きる原因や起きやすいムダ毛のケア方法が分かったので次は埋没毛ができてしまった時の解消法を紹介します。

ピンセットで毛を出す

まず埋没毛の解消法で1番多くの方がやっているであろう方法が表皮に入り込んだ毛をピンセットで引き出して、カミソリで剃る方法です。

完全な埋没毛の場合は表皮の下に毛先も入り込んでしまっているので、かなり乱暴な方法になりますがピンセットで表皮を少し削って、中の毛が出てきたところをカットする方法が埋没毛の解消です。

なぜそのまま毛を抜いてしまわないかというとピンセットで表皮を削って無理やり毛を外に出した状態なので、そこで毛を抜くと毛穴に雑菌が入り毛嚢炎などのトラブルを起こす危険が高いからです。

まずは、表皮の角層に潜り込んでしまった毛をしっかり消毒したピンセットで繰り出してカットするのが1番トラブルを最小限に収める方法だと思います。

処理の前後はしっかり消毒をすることと、あくまでも個人的な処置ですので不安がある方は皮膚科に相談しましょう。

ピーリングやスクラブなどでケアする

意外にも埋没毛に効果があるのがスクラブ系の古い角質を除去してくれるスキンケアです。

管理人
顔などは週に1回とかやっている方が多いと思いますがさすがに全身に関してはあまりやっている方は少ないと思います。

 

スクラブやピーリング剤は古くなって肌表面についている角層を除去してくれるので、埋没毛の原因を作っている毛のうえの角層を除去して埋没状態を解消してくれる可能性があります。

そもそも皮膚はターンオーバーにより古い角質は時間と共に上に上がってきて自然と剥がれ落ちるようになっています。

そのため埋没毛の原因である毛を覆っている表皮も時間と共にターンオーバーの力で剥がれ落ちいつかは毛が出てくる可能性があります。

しかしターンオーバーによって毛が出てくるのを気長に待っていられないので、不要な角質を強制的に除去してくれるピーリング剤やスクラブがオススメというわけです。

ピンセットでの方法と比較して肌へのダメージを最小限でケアできて、ケア後はツルツルになるのでこちらの解消法はお勧めです。

プラセンタを継続することで肌のターンオーバーは整うのか?

2017.06.19

思い切って脱毛する


埋没毛と言わないまでも毛穴の中に毛根が残って黒いプツプツが大量にできていて恥ずかしい!という方にオススメな解消法が脱毛です。

管理人
脱毛って高いし手が出ない…と思っている方、安心してください。

 

確かに全身きっちり脱毛しようとか、部分的にもムダ毛を完全になくすのに脱毛する場合は結構お金がかかりますが、埋没毛の解消だけならお試しなどで1~2回当てるだけでも十分に毛穴の黒いプツプツを解消できます。

管理人自身は両ふくらはぎの裏が色白なのに毛穴に埋もれた埋没毛のせいで黒いプツプツがいっぱいあって毛を剃る意味が果たしてあるのか?と悩んだ時期もありました。

思い切ってエステの脱毛を契約して私の場合はふくらはぎは4回受けましたが、1回目でかなり毛が毛根から抜け落ちて、2回目になると毛穴の黒いプツプツはほとんど目立たなくなりました。

管理人
もちろんエステで2回脱毛器を当てたくらいじゃまだまだ脱毛途中なので、完全に脱毛を目指すなら6回ほどは受けないといけません。

 

私の場合はある程度毛がなくなって、埋没毛もキレイになったので4回で脱毛は終了させて、現在は家庭用脱毛器で脱毛しています。

▶▶管理人が愛用中の家庭用脱毛器はこちら◀◀

放置して出てくるのを待つ

お金もかからず肌も傷つけない方法としては埋没毛が自然と表面に出てくるまで放置して待つことです。

先ほどターンオーバーについて触れましたが、若いとターンオーバーは30日前後のサイクルで回っているので1~2カ月ほど放置していれば自然と表面の角層が剥がれ落ちて毛が出てきます。

それまで気にせずに放置できる方はそのまま放置する方法が1番安全でお金もかからないのでオススメです。

実際にあった怖い埋没毛の話

ちょっと余談ですが実際に管理人が経験した話で、VIOのムダ毛処理をしていて最近また気になってきたからとカミソリで剃ったことがありました。

Vのところをカミソリで剃ってみると1カ箇所だけ異様に毛穴が黒くなって、指で触るとちょっとボコッとしている毛穴があったんです。

いつもの埋没毛にしてはかなり毛穴が拡張していて大きいな…と思ったのですがこのくらいで一々皮膚科に行くのも面倒なので思い切ってピンセットでその黒く膨れ上がった毛穴をつまんだら…

ぐにゅッと太い鉛筆の芯のような直径3mmほどの円柱状の黒い塊が出てきたんです!

ビックリして毛穴を見てみると出てきた毛穴はポッカリ大きな穴ができていて、痛みなどは無かったですが場所が場所なのですぐに消毒してガーゼを当てました。

出てきたその太い鉛筆の芯のような黒い物体をピンセットで突くと…なんと無数の細かい毛が固まってできていたらしく突いた途端バラバラと無数の弱弱しい毛に分解されました。

正直この細かい無数の毛が固まった黒い物体を見た日からかなりの衝撃でカミソリでのケアをやめて思い切って家庭用脱毛器を買ってVIOのお手入れをすることにしました。

埋没毛って1本だけのイメージがありましたが、頻度は少ないと思いますが中には無数の毛が溜まり続けて毛穴が拡張するほどまでになることもあるので異常を感じたら皮膚科に相談してみる方が安心だと思いました。

ポッカリ開いた毛穴が元に戻るまで約1カ月ほどかかりその間毎日消毒していました。

まとめ

埋没毛ができる原因や埋没毛ができてしまった時の解消法をいくつか紹介してきました。

最後に今回紹介した内容を簡単にまとめて終わりにしたいと思います。

★埋没毛の原因
・自己ケアなどによる表皮へのダメージ
・毛先だけカットして毛根が残ることで起きる
・処理によって傷ついた表皮が再生する時におきる
・ワックスやカミソリ、毛抜きは埋没毛が起きやすい

 

埋没毛が起きる原因は、毛先だけ除去することで毛根が毛穴に残りそれが表皮の再生の時に表面に出らずに中に残ってしまうことが原因です。

カミソリや毛抜きなど自己ケアの代表格と言えるムダ毛処理は埋没毛のリスクが高いためスキンケアも一緒にしてあげることが必要です。

★埋没毛の解消法
・ピンセットで引っ張り出す
・スクラブなどで角質除去する
・脱毛体験で1度毛根ごと排出させる
・放置して自然に出てくるのを待つ

 

埋没毛の解消法としては上記のように無理やり自分で引っ張り出す方法から、思い切って脱毛体験に行って1回ムダ毛をリセットする方法などいくつかあります。

正直自己流のケアは炎症や化膿など起こす可能性も高いので医療従事者など経験がある方以外はあまりお勧めしません。

埋没毛は放置していると自然に出てくる場合もありますが、管理人のように無煤の毛が毛穴の中に溜まってとんでもない大物を作り出してしまうこともあるので、埋没毛でお悩みの方は脱毛なども検討してみてはいかがでしょうか。

医療脱毛と脱毛サロンの決定的な違いとは?料金や効果を徹底比較

2017.04.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です