脱毛の直後にお風呂が入れない本当の理由

初めて脱毛してみたら注意書きに当日のお風呂や岩盤浴などを控えるように書かれていて驚いた事があります。

脱毛すると多くのサロンで当日や翌日までお風呂に入るのを控えるように言われますが一体なぜなんでしょうか。

今回は医療脱毛やエステの脱毛で言われているお風呂禁止の真相を紹介したいと思います。

脱毛によって起きる肌への影響

脱毛って実はかなり肌への負担が大きいって知っていますか?特に医療脱毛で使用されている脱毛レーザーはエネルギーが強く使用法を間違えるとヤケドをする危険もあります。

脱毛の効果が強いほど肌への負担も大きくなるのでその分アフターケアが重要になります。

管理人
脱毛直後の肌は強い熱エネルギーを照射された後、つまり軽いやけど状態に近くなっています。

 

そう考えると脱毛サロンで言われる注意事項の意味もちょっと分かってきますよね。

脱毛によって肌は熱エネルギーを溜め込んだ状態になるので施術後は肌荒れを防ぐために色々と気をつけなければならない点が出てくるのです。

脱毛後にお風呂に入れない理由

脱毛後はなぜお風呂に入れないのか早速その理由をチェックしていきましょう。

体温の上昇を防ぐため

脱毛の施術を受けた後にお風呂に入るのを控えるように言う理由の1つに体温上昇によって、脱毛照射をした部分が熱を持つのを防ぐためという理由があります。

管理人
何度もになりますが脱毛器で照射された部分は軽いヤケドに似た状態で熱を持っています。

 

この状態でお風呂に入ってしまうと照射した部分の皮膚温度が上昇してかゆみや赤みを引き起こす原因となるからなんです。

家庭用脱毛器でも使用の前や後に照射部分をしっかり冷やすように注意書きがあるのもそのためです。

お風呂でこするのを防ぐ

お風呂に入ると皆さん身体を洗うタオルでゴシゴシとこすって汚れを落としますよね。

管理人
実はこのこする行動が脱毛後の肌には悪影響なんです。

 

サロンによってはシャワーはOKと言うところもありますが身体への強い摩擦は控えるように言われることが多いと思います。

身体を洗うタオルの素材でおおいナイロンなどは強くこすると肌の表面を傷つけて肌荒れを起こす原因となります。

脱毛直後の肌はダメージを受けて弱っているので身体を洗う際の刺激や摩擦でも肌荒れやかゆみを引き起こすことがあるのです。

浴槽の中の衛生状態

脱毛後にお風呂に入るのが問題になるのは実は水場、特にお風呂場の中は雑菌が繁殖しやすく傷ついた肌にとっては戦地を駆け抜けるような過酷さのためです。

脱毛器によって肌に高エネルギーが照射されたことで肌のバリア機能は低下しており、傷つきやすい状態です。

そこでお風呂に入り身体をゴシゴシと洗うことで身体を洗う時についた細かな傷に雑菌が入り込んで化膿や炎症の原因となります

実際に私自身も初めてクリニックで施術を受けた日に忘れてお風呂に入ったら脱毛した部分が赤く腫れた経験があります。

弱っている脱毛部位を守るためにも脱毛当日のお風呂は控えたほうが無難と言えるでしょう。

脱毛後翌日はお風呂に入れる

脱毛サロンの多くは翌日になるとお風呂に入ってもOKというところが多くなります。

しかし一部の医療脱毛などでは照射による肌へのダメージがエステサロンよりも強いため翌日以降も様子をみながらシャワーのみで入浴を済ませるようにと指導しているクリニックなどもあります。

基本的にはエステサロンで受ける脱毛の場合は当日中のお風呂さえ避ければ翌日以降はお風呂にいつも通り入れる所が多いので施術後に確認しておくと安心ですね。

脱毛直後の温泉や岩盤浴もNG

お風呂に入るのは控えるように言われたけど美肌に効果がある温泉や岩盤浴なら入っても良いのでは?と思う方がいるかと思います。

管理人
結果から言うと脱毛後1日以内の温泉や岩盤浴も原則は控えるのが望ましいです。

 

何度もになりますが脱毛直後の肌はダメージを受けていて弱っている日やけ状態だと思ってください。

そんな日やけ状態の肌で温泉や岩盤浴に入ると熱によって日やけ部分がヒリヒリしますよね。

それと同じで脱毛後の肌も温泉や岩盤浴に入ると熱によって赤みや炎症を起こす可能性があるので肌の状態が落ち着く目安である24時間は控えるようにするのがおすすめです。

シャワーの際のシャンプーも注意

私の通っていたサロンでは注意事項になかったのですが一部のサロンでは当日のシャンプーも控えるように書かれているところもあるそうです。

シャンプーも弱った肌への刺激になり肌荒れのリスクを上げるからだと思いますが、大半はシャワーはOKなのでシャンプーなども細かく書かれていない場合は気にしなくて良いと思います。

不安がある場合は施術当日にシャンプーなどはOKか聞いておくとトラブルにも繋がりにくいのでおすすめです。

脱毛に関する注意事項は意外に多い

今回紹介した脱毛後にお風呂が入れないという注意事項はほんの1つに過ぎず、実際にサロンや医療脱毛に行ってみると沢山注意事項が書かれた紙を最初に渡されます。

実際にミュゼなどの大手脱毛サロンでは11項目に及ぶ注意事項が書かれており、該当すると予約当日でも施術が受けられない場合もあります。

脱毛サロンが増えて多くの方が脱毛をするようになったため脱毛は簡単でデメリットが無いと思い込んでいる方も多くいますが、専門家が施術する様な本格的な脱毛にはデメリットもあるので契約する前にしっかり確認するようにしましょう。

脱毛を受けるのに最低限注意すること

脱毛を始めるのに契約もしていざ当日を迎えるにあたって最低限注意しておきたいポイントをまとめておきます。

注意点
・施術当日は飲酒はしない
・激しいスポーツやマッサージなどは控える
・予防接種などは施術前後10日はNG
・日やけや皮膚炎はNG
・2日前にシェービングを済ませる

実際に私が脱毛を受けていて最低限これだけは注意しないと当日施術が受けられなくなるという注意点をまとめました。

特に最後のシェービングに関してはレジーナクリニックは料金に含まれているためうっかり忘れてしまっても当日無料でケアしてくれますが、エステ系サロンの多くは有料だったりひどいと当日の施術自体できなくなります。

脱毛当日にカミソリでシェービングすると肌が荒れてしまい乾燥肌によって施術が中止になる場合もあるのでシェービングは2日前に済ませてしっかり保湿するようにしましょう。

まとめ

脱毛後にお風呂に入ってはいけない理由納得出来ましたか?

私自身大のお風呂好きで脱毛当日はお風呂はダメですよ~と言われていたにも関わらずお風呂に入っていました。

管理人
正直お風呂の温度や皮膚の状態によっては大丈夫だったりするのですが、弱っている時に入ると炎症を起こして痒くなり暫く脱毛できなくなります。

 

私も1度それで当日キャンセルになった事があるので、私は大丈夫と思っている方は注意してください。

脱毛をする際には細々とした注意事項があるので契約の際にはしっかり目を通すようにしましょう。

参考:ミュゼプラチナムQ&A

脱毛をしたあとかゆみがひどくなる原因と対処法

2017.12.08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です