家で本格的に脱毛する方法!自宅脱毛とサロン脱毛の違い

脱毛を考えた時に選択として出るのがで気軽にできる家庭用脱毛器の使用です。

家庭用脱毛器を使った脱毛方法はエステサロンや医療脱毛よりも安価で出来て、時間の都合も自分に100%合わせられるので忙しい方に人気です。

そんな家で行う脱毛を失敗せずに行う方法と、実際のところサロン脱毛とどっちが良いのか比べてみました。
自分の家で脱毛を始めるか、思い切ってサロンでお金をかけて脱毛するか迷っている方の参考になればと思います。

家とサロンのメリット・デメリット

まず簡単に自分の家で脱毛を行う場合とサロンで脱毛を受ける場合のメリットとデメリットをまとめてみました。

お家で脱毛

メリット
  • 自分都合でいつでもできる
  • 脱毛にかかるコストを抑えられる
  • 多くはカートリッジ交換で長期間使える
  • 家族で併用可能
  • 痛みに合わせてケアできる
デメリット
  •  面倒になる
  • 用意や準備が面倒
  • 背中など自分でしづらい部分がある
  • 脱毛効果が医療脱毛より弱い

エステサロン脱毛

メリット
  • 並行してエステなども組める
  • 美容アドバイスが貰える
  • 行けば後は寝てるだけ
  • 医療脱毛より安い
  • 美意識が上がる
デメリット
  •  制約が多い
  • 時間がかかる
  • 予約が取りづらい
  • 押し売りされる事がある
  • 最低6回は照射しないと効果が出にくい
  • お金がかかる

医療脱毛

メリット
  • 医療従事者が行うので安心
  • 脱毛効果が高い
  • トラブルがあっても処方がスムーズ
  • 効果が半永久的
デメリット
  • 場所が限られている
  • お金がかかる
  • 痛い
  • 肌トラブルが多い
  • 制約が多い
  • 時間がかかる

実際に私自身の経験を踏まえてそれぞれメリット・デメリットをまとめましたがサロンや医療脱毛の良いところはなんと言っても自分でやらなくていいので施術中は楽です。

更に効果も医療脱毛の場合は半永久的に期待できるので1度しっかり脱毛さえしてしまえばその後はムダ毛に悩まされなくて済みます。

しかし、サロンや医療脱毛は制約が厳しく肌の状態次第では施術を中止されてしまう事があるのでしっかりスキンケアが行えて時間とお金に余裕がある方じゃないと難しい面もあります。

お家でする本格派脱毛

サロンや医療脱毛、そしてお家でのセルフ脱毛それぞれ良いところと悪いところをチェックしましたが、自宅で本格的に脱毛をするならどういう点を気をつけなければいけないのかまとめました。

お家脱毛は脱毛器が重要

当たり前ですがやはり脱毛の効果を左右するのが脱毛器の能力です。
最近の家庭用脱毛器は以前よりも出力が上がってきておりかなり脱毛効果も高くなってきました。

管理人
私が実際に数種類試した中でのおすすめ家庭用脱毛トップ3を紹介します。

 

私が実際に脱毛器を購入して脱毛を家で行った結果としてはケノンが1番使いやすく、脱毛効果も満足できました。

トリアはとにかく照射時の痛みがケノンの倍位あって痛みで脱毛するのが嫌になりました、効果はケノン同様にありました。

パナソニックの光エステはコードレスタイプなので充電して置いておくと気づいた時にパッと照射出来て継続しやすかったですが、威力は弱めで脱毛効果は満足度が低めでした。

お家脱毛は毛周期に合わせる

サロン脱毛や医療脱毛って1度照射すると次回までにけっこう期間を期間をあける必要がありますよね、その理由は毛周期が関係しているからです。

管理人
毛周期は大きく分けて3つの時期に分類されます。

 

成長期

この時期は毛の毛根部分にある毛乳頭と言われる部分の周りにある毛母細胞が分裂と増殖を繰り返すことで毛を成長させる時期です。

毛乳頭によって毛母細胞は栄養をもらい太く長く毛は成長します。

退行期

退行期は成長期で分裂や増殖などを繰り返していた毛母細胞の分裂が止まり、毛球と言われる毛根部分の膨らみが縮小することで毛根自体が押し上げられる時期です。

毛の成長をサポートしていた毛乳頭がこのタイミングで毛球から外れるので毛の成長は止まり毛と血管などの繋がりがなくなります。

休止期

毛乳頭と毛球が完全に離れ毛乳頭が丸くなり次の毛の成長に備えて準備します。
離れてしまった毛は次第に抜けやすくなり、体の部位によって数ヶ月〜数週間で毛が抜け落ちます。

脱毛に適しているのは成長期

脱毛の対象部分となる体毛の多くは毛周期が4〜6週間感覚でサイクルしていると言われており、脱毛に最も向いているのがメラニンが豊富な成長期の時期だと言われています。

成長期の毛を見極めるためには1度毛を剃ることで新たに生えてきた毛が成長期の毛ということになるので、そのためサロンや医療脱毛でも前日にシェービングを行うことを重視しているのです。

照射感覚は2週間に1度がおすすめ


自宅で脱毛をする時に困るのが照射をするタイミングですが、理想は2週間に1回のペースでの照射がおすすめです。

管理人
体毛の毛周期は長くて6週間で1サイクルなので成長期は約2週間ほどある計算になります。

 

その為効率よく脱毛するのであれば成長期が終わる直前の2週間後にもう1度照射することで1回分の照射威力の弱さを効率よくカバーできます。

エステサロンや医療脱毛は1回の照射で毛根を焼き切る事ができますが、家庭用脱毛器では1回でそこまでの威力は期待できないので、その分1本の毛に対し2回照射することで脱毛効果を高めることが可能です。

脱毛効果が得られる最低照射回数


家庭用脱毛器で脱毛する場合は最低でも4〜5回ほどの照射をしないと脱毛効果が実感しにくいです。

エステ脱毛だと大体3回目くらいから脱毛効果を実感し始め、医療脱毛は1回の照射でも脱毛効果が実感できます。

その為とトータルの時間はかかっても1回ずつ脱毛効果を実感しながら脱毛をすすめたい方には医療脱毛の方が向いています。

逆に最終的にしっかり脱毛できれば良いと言う方は家庭用脱毛器でも満足ができると思います。

お家でできる脱毛部位

脱毛部位は脱毛器の機種等によって変わります、今回は管理人が実際に使用しているケノンのが対応している脱毛部位を紹介します。

引用元:ケノン公式ユーザーサポート

脱毛可能部位
顔・背中・ワキ・胸・腕・お腹・太もも・ひざ下など
ケノンで脱毛が可能な部分は基本的には粘膜付近や皮膚が弱い部分への使用は避けるように明記されています。

VIOは実際に私自身使用してみましたが痛みがちょっと他の部分よりも強く毛のう炎を起こしやすいので清潔にする事と、ケノンに付属しているクーリングパックを使用して鎮静化する必要がありました

ケノンでは実際にはほぼ全身の脱毛が可能なので全身脱毛を安く済ませたい方には最適です。

肌荒れやトラブル回避の秘訣

自分の家で脱毛するとなると自分自身で照射しなければならないので使い方を間違うと肌荒れやトラブルに発展しやすいので注意が必要です。

お家ケアでのポイント

  1. 脱毛前後は清潔な状態を保つ
  2. 照射レベルは弱〜強へ徐々にステップアップ
  3. 使用前の冷却と使用後のクールダウンは必須
  4. 日やけをしない
  5. 紫外線対策と保湿ケアは必須

サロン脱毛と基本は考え方は一緒で最低限、脱毛部位を清潔な状態に保つ事と保湿ケアなどのスキンケアも欠かさずにしておくことで肌荒れなどを防げます。

ケノンやトリアなどの本格派家庭用脱毛器の場合は照射レベルが選べるようになっているので、最初の1〜2回は弱いレベルで様子をみつつ徐々にレベルアップするのがおすすめです。
特にVIOなどの皮膚が弱く毛が濃い部分は毛の部分に照射エネルギーが集中して毛穴にダメージが蓄積しやすいので照射レベルは低めが安心です。

家でのセルフ脱毛で効果はあるのか

管理人はエステの脱毛に通っていた経験がありますが、脱毛の契約が切れて2年ほど経過したら脱毛した部分にチラホラとムダ毛が再び生えてきました。

管理人
数十万も払って通うのを止めたらまた毛が生えてくるなら二度とエステで脱毛はしないと心に誓ったのを覚えています。

 

そんな再び生えてきたムダ毛を除去してくれたのが家庭用脱毛器ケノンでした。


ケノンを使い始めた時は正直これで本当に効果があるの?と思いましたがきちんと2週に1回コツコツ続けている内にムダ毛が本当に脱毛されました。

管理人
サロンと違いまた生えてきたとしてもいつでも脱毛処理ができるのでかなり心強い味方です。

 

お金があれば本当は半永久的に脱毛できる医療脱毛を始めたいのですが、現在そんな余裕はないので暫くはケノンでコツコツ脱毛を続けてみたいと思います。

家庭用脱毛器でもきちんと続けてさえいれば脱毛効果が得られるので、脱毛初心者や予算的に10万円以内が限界という方にはピッタリだと思います。

タイプ別おすすめ脱毛法

家で気軽にできるセルフ脱毛は魅力的ですがタイプによっては思い切ってサロンや医療脱毛を始めたほうが良いケースもあるのでここではタイプ別におすすめできる脱毛法をまとめました。

美意識を磨くエステサロン脱毛


管理人
エステサロンでの脱毛がオススメできるタイプは美意識が高く、脱毛以外にもエステなどに興味がある美容系女子がおすすめです。

 

実際に私も脱毛と並行して痩身のエステコースを受けていた事がありますが、気分的にもかなりアガりますしインスタ映えが抜群です。

エステ脱毛の良いところは美容知識の高い女性が多いため美容情報が入手しやすく流行に敏感な若い世代にはおすすめです。

デメリットはやはり脱毛効果が回数や使っている機器によって弱かったりするので永久脱毛を目指すならオススメしません。
▶▶サロン脱毛のレビューはこちら

徹底的に脱毛するなら医療脱毛


管理人
どうせ脱毛をするなら今後二度と通わなくて良いよう効果が半永久的に続く本格脱毛がしたいという方は絶対に医療脱毛がおすすめです。

 

エステや家での脱毛と違い痛みが強くなり肌トラブルのリスクも高まりますが1年ほど頑張って通えばムダ毛とおさらばできます。

最近では医療脱毛なのに全身で20万円をきるような良心的な価格のクリニックも見かけるようになったのでもし気になっているのであれば1度体験や公式サイトなどをチェックしておくことをオススメします。

▶▶医療脱毛のレビューはこちら

じっくり脱毛するなら家庭用脱毛器


管理人
仕事などで忙しくて一々サロンの予約を取ったり、町中まで出ていくのはしんどいという方は家でマイペースに脱毛できる家庭用脱毛器がおすすめです。

 

家庭用脱毛器のケノンだと出力もエステサロンで使用しているエネルギー帯近くまでアップしているので回数さえこなせば同じような脱毛効果が得られます。

ネックなのは背中など手が届きにくい部分の脱毛がちょっと難しいので誰かに手伝ってもらうか頑張って手を伸ばして自力でやる必要があります。

コストや時間と手間があまりかからずに手軽に誰でも脱毛を届いたその日から始められるので、すぐに脱毛を始めたい!という方におすすめです。

▶▶家庭用脱毛器のレビューはこちら

脱毛で迷ったら

脱毛を始めようといろいろ調べている内にエステが良いのか医療脱毛が良いのか、どれが損をせずに1番安心して受けられる脱毛なのか分からなくなりますよね。

管理人
管理人が経験した数多くの失敗経験を活かして言うならば、エステか医療かで迷ったら医療脱毛をオススメします。

 

国民生活センターの調査でも脱毛の施術に関しての危害報告は問題視されており、発表によると2016年は危害報告があった179件中109件がエステ脱毛による危害報告だったそうです。

引用先:国民生活センター 脱毛施術による危害

国民生活センターでも脱毛を始める際はエステ脱毛と医療脱毛の違いを契約前にしっかり認識することが重要だと書かれていました。

正直エステ脱毛も全身脱毛になると10万円近くはかかるので、大きな金額を払うならば徹底して比較検討して、納得してから契約をすることをオススメします。

家庭用脱毛器に関しては自己責任で施術を行うのと、かかる金額もエステや医療脱毛と比較すると安価な場合が多いのであまりトラブルに発展したケースは少ないようです。

まとめ

家で脱毛が出来たらこんなに楽なことはありませんよね、自宅で脱毛する場合はちょっとした脱毛に関する基礎知識を覚えておくだけでかなり効果的に脱毛をすすめることができます。

管理人
今回紹介した家で脱毛する際に気をつけて起きたい注意点を最低限、抑えておけばトラブルもなく脱毛を進められると思います。

 

美容ブームがきてから脱毛サロンが急増してエステ系脱毛は被害も広がっているので脱毛を始める際は口コミや評判など徹底的にチェックして納得がいかないサロンでは契約しない事が重要です。

私のように十数万円かけたのに再びムダ毛が生えてきて結局、家庭用脱毛器で脱毛する羽目にならないよう脱毛選びは慎重に行いましょう。

脱毛器ケノン効果なしは本当?実際に使って徹底レビューしてみた

2017.03.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です