肌を白くするには美白オールインワンが最適?成分からみる有効性とは

肌を白くする方法を探している人は少なくないと思います。

生まれつき肌が黒い人もいますが、子どもの頃から外で日光を浴びることが多い人などはメラニンの影響で大人になってもちょっと黒い肌のままになってしまうこともあります。

すでに黒くなってしまっている肌を白くするためには日焼け止めなどを今から使っても手遅れです。

それ以上黒くならないように対策をするという意味では使うメリットもありますが、やっぱり今よりも肌を白くしたいですよね。

最近だと色々な美白化粧品が登場してきていて充実しているので、美白オールインワン化粧品を使うことによって肌を白くすることも可能になりました。

オールインワンなのでただ美白をするだけではなくて保湿や化粧下地などに使っていく事もできるのが嬉しいところです。

なぜ美白オールインワンを使うことで肌を白くすることができるのか。成分からしっかりその有効性についても確認していきましょう。

成分からみる美白オールインワンの有効性

まずは美白を目指すためにどんな成分があるのか。そしてそれらの成分がどのような働きで肌が白くなるのかという仕組みをチェックしていきます。

注目成分のフラーレンが美白に効果的

美白のために成分としては肌本来の透明感を引き出すと言われるフラーレンという成分が効果的であると今注目されています。

フラーレンの持つ肌への効果が凄い!シミも消し去る美容液のチカラ

2017.02.26

フラーレンにはシミやシワなどが増えてしまう原因になる紫外線の影響を徹底的に抑制して肌を白くてキレイに保つ効果が期待されています。

またフラーレンは肌を白くするだけでなく高い保湿効果もあるので、乾燥による肌荒れなどを防ぐなど美容面で幅広く使っていける有効成分になっています。

フラーレン配合の美白オールインワンはこちら

APPS(アプリシエ)は万能美肌成分

APPS(別名アプリシエ)という成分がは肌をキレイにするために万能に効果を発揮してくれる美肌成分として今注目度が上がってきており、APPSが配合されている美白化粧品も多くなってきました。

APPSはいわゆるビタミンC誘導体の一種となっています。肌の奥までしっかり浸透するのが特徴で、美容皮膚科などでも用いられることがある成分です。

メラニンの影響でできるシミやシワの対策にももちろんなりますし、ニキビや肌荒れなどにも効果的な成分となっています。

肌を黒くしたりクスミやシミを増やす原因となるメラニン色素の発生自体を抑制できるので、APPS配合のオールインワン化粧品などを使い続けることで自然に肌本来の白さまで戻していくことが可能になります。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はメラニン色素をの生成を抑制する働きのあるシミの治療や日焼け・加齢が原因となるソバカスなどの対策として使っていくことができる美白成分です。

シミが増えて顔に広がっていく原因となる物質にプロスタグランジンというものがありますが、その発生をトラネキサム酸によって抑制することができるのが特徴的です。

またメラノサイトの活性化も徹底的にガードしていくことができるので肌を白くするだけでなく幅広く使っていける成分でもあります。

トラネキサム酸配合のオールインワンはこちら

ハイドロキノンには要注意?

肌を白くする成分で調べると必ず「ハイドロキノン」という成分が出てきます。

確かに単純に肌を白くするという効果においてはハイドロキノンは有効性も確認されているもので、メラニン色素やメラノサイトそのものを破壊するほどの強力な効果があります。

その美白効果だけを目的としてハイドロキノンが含有されている商品を使う方もいますが、実はハイドロキノンには他の美白成分にはない危険性などもあります。

使い方にかなり細かい注意点などがあるので美白オールインワンと同じ感覚で適当に塗っていると取り返しがつかないような事態に陥ることもあるので取扱が面倒な部分があります。

ハイドロキノン系の注意点とデメリット
  1. パッチテストが必要
  2. 冷蔵庫で保存する必要がある
  3. 妊娠中は使えない
  4. 高濃度だと赤みがでる場合がある
  5. 刺激性が強いので痒みやヒリヒリ感がでることがある

正しく使いこなせるならハイドロキノンは肌を白くするために確かに効果的ですが、上記のようなデメリットがあるので個人的にはあまり他人に進めることはできない成分です。

美容皮膚科などに相談をしてハイドロキノンを処方してもらって正しい使い方をしっかりとレクチャーしてもらってから使うというくらいの意気込みがないなら使用は控えたほうが良い美白成分だと言えます。

美白オールインワンで肌を白くするならどれがいいか

では実際に美白効果の期待できるオールインワン化粧品をどれか一つに絞って購入するのであれば何を基準にしてどれを選べばいいのでしょうか。

これまでに10種類以上の美白化粧品を使いながらそれぞれの良い点悪い点を自分の目で確かめてきた私としてはフラーレンが主成分格として配合されていること。

そしてオールインワンなので保湿効果や肌のきめ細かさや弾力を高めるための成分にも手を抜いていないものを選ぶようにするのが一番満足度が高くなるということがわかりました。

10種類以上の美白オールインワンから選んだのは「BIHAKU」

これまで美白オールインワンだけでも10種類以上とっかえひっかえ使ってきましたが、その中から「肌を白くする」という目的で使うならBIHAKUホワイトエッセンスという美白オールインワン化粧品を推奨します。

BIHAKUホワイトエッセンスを使った口コミ評価!買いか徹底検証

2018.07.23

安全であることを前提にしているのでハイドロキノンは含まれていませんし、肌を白くするために取り入れていきたいフラーレンとAPPSが両方配合されているのも特徴的です。

美白に特化しているオールインワンは高額な物が多いですが、BIHAKUホワイトエッセンスについては初回無料で1ヶ月分購入することもできるので気軽に試せるところも大きいです。

BIHAKUについては実際に私も現在進行系で使っているので、使用感や使った後の変化など具体的的にまとめています。

美白オールインワンを使って本気で肌を白くしていきたいという方は参考にしていただければと思います。

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。




気になる毛穴のケアに
【完全保存版】毛穴スキンケア化粧品ランキング

毛穴の黒ずみ・ごわつき・ざらつき・たるみに効果的な化粧品だけをピックアップして比較しました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。