この時期注目の成分!ビタミンC誘導体で紫外線ケアはできるのか?

管理人
日差しが強くなってくるときになるのが美白ケアですよね。

 

美白ケアに有効な成分にビタミンC誘導体がありますが、強い日差しに含まれる紫外線のケアをすることはできるのでしょうか。

暖かくなると多く見かけるようになるビタミンC誘導体入りの化粧品が実際に紫外線による影響をどれくらいケアできるのかご紹介します。

良く分からないけどとりあえずビタミンC誘導体入り化粧品を使っている。という方はビックリする事実もあるので是非読んでみてください。

ビタミンC誘導体の働き


ビタミンC誘導体とはビタミンCを人工的により肌に吸収浸透しやすいように改良した成分です。

ビタミンCはもともと非常にもろく壊れやすい性質を持っているのでそのまま化粧品などに含有しても効果を得ることが難しい成分でした。

ビタミンC誘導体はそんなビタミンCの壊れやすい性質を強化した吸収浸透ともに良い成分なのです。

ビタミンC誘導体の働きとしては主に、活性酸素の除去・色素沈着の予防・メラニン色素の抑制・コラーゲン生成を促す・新陳代謝を促すといったものがあります。

 

ビタミンC誘導体が紫外線予防に効く?


いつの間にか紫外線ケアにはビタミンC誘導体がとにかくオススメといった感じの覚え方をしている方が増えているようですが、正確に言うとビタミンC誘導体は紫外線によって活性化したメラニン色素を抑制するために使うには最適ということです。

なので今日これから外出するからビタミンC誘導体入り化粧品をタップリつけたから紫外線対策はバッチリという考え方は間違いです。

ビタミンC誘導体はあくまでも紫外線によって受けた刺激によって活性化したメラニン色素を抑制するものなので紫外線自体を予防してくれるわけではありません

紫外線が気になり始めたらビタミンC誘導体入り化粧品で肌を整えて、それからしっかり紫外線ブロックの日焼け止めやファンデーションで紫外線をカットすることが重要です。

ビタミンC誘導体に隠された落とし穴


意外と知らない方が多いようですがビタミンC誘導体の効果の中に皮脂を抑制する作用があります。

この皮脂抑制は思春期などの皮脂が過剰になってできるニキビには対策としておすすめですが、大人ニキビのように乾燥によってできるタイプには逆に悪化させる場合もあるんです。

ビタミンC誘導体をタップリ肌につけることで肌表面の皮脂分泌量が減少します、そうすると乾燥肌の方はただでさえガサガサの肌が油分が減ることで更に水分が逃げやすくなるのです。

管理人
結果的に乾燥肌や肌荒れによる皮膚の乾燥が強い方はビタミンC誘導体の作用によって更に乾燥が加速する場合があるのです。

 

乾燥肌でお悩みの方はビタミンC誘導体を使う場合はしっかり保湿ケアも並行して行う必要があるというわけです。

オススメの紫外線ケア

紫外線によって受けてしまったダメージをより効果的にケアするためにはビタミンC誘導体をどのタイミングで使うのが良いのでしょう。

1 洗顔後すぐのケア


まずおすすめの使い方としてはローションや美容液などビタミンC誘導体を含むケア用品は色々ありますが、洗顔後の清潔な肌に使うのがおすすめです。

わざわざここで書かなくても購入した化粧品のパッケージなどにおすすめの使い方が記載されていると思いますが、基本は洗顔後の生活な肌にしっかり浸透させるのが効果的です。

ビタミンC誘導体入りの基礎化粧品で肌を整えたらそのあとにファンデーションやBBクリームなどで紫外線予防をしていくのが紫外線対策としてはおすすめです。

2 夜のケアとして使う


ビタミンC誘導体入りの化粧品の多くは美白系化粧品であることが多いです。

管理人
美白系化粧品の中には紫外線に当たると成分が変性して思いもよらない作用を起こすことがあります。

 

なので高濃度のビタミンC誘導体入り美容液や集中美白ケア用品の場合はまずは日中に使用可能か確かめる必要があります

基本的に私自身は日中に受けた紫外線のダメージを夜のケアでしっかり修復することを重要だと思っていますので、ビタミンC誘導体入り美容液などをタップリお肌につけてナイトケア用として使用しています。

とにかく紫外線によるメラニン色素の活性を抑えたい方は夜のケアにはホワイトショットなどの集中美白ケアができるコスメを使ってみることをおすすめします。

噓でしょ!?ポーラのホワイトショットの効果が凄すぎた!!

2017.03.07

3 皮脂の気になる部分に使う


Tゾーンなど普段からケアしていてもどうしても皮脂の分泌が気になる部分てありますよね。

私は春頃から夏にかけて特にTゾーンの皮脂量が増加して化粧崩れなどが気になるので洗顔後にビタミンC誘導体をたっぷり含んだ美容液などでTゾーンをカバーします。

お化粧前に皮脂の気になる部分にはビタミンC誘導体をつけ、乾燥が気になる目元・口元には保湿系クリームで整えておくと化粧ノリも違ってきます。

管理人
特に小鼻周りは皮脂や汚れが溜めりやすいので化粧する前にしっかりビタミンC誘導体で整えておくとヨレが違ってきます。

ビタミンC誘導体と紫外線まとめ


ビタミンC誘導体はあくまでも紫外線によって活性化するメラニン色素を抑制する働きがあるだけで紫外線自体を予防するわけではありません

紫外線対策の基本は紫外線を肌に浸透させないのが重要なのでビタミンC誘導体入り化粧品で肌を整えた後にしっかり紫外線予防をする必要があります。

紫外線によって受けてしまったダメージは主に朝から夕方までの時間に受けるので帰宅してお風呂から上がった後にしっかりナイトケアをすることが重要です。

「今日受けたダメージは今日のうちに修復する」こんな気持ちでナイトケアは朝よりもしっかりビタミンC誘導体などを含んだ美容液で集中補修すると効果的です。

実際に私がこの時期から愛用し始めるのがポーラのホワイトショットというビタミンC誘導体を含んだ美白化粧品です。

夜はホワイトショットで濃密美白ケアをして朝の美白ケアにはオールインワンタイプのBIHAKUというフラーレンとビタミンC誘導体を含んだ強力コンビを使っています。

実際に使った様子など美白化粧品をまとめたランキングもありますのでビタミンC誘導体いりコスメをお探しの方は参考にしてみてください。

美白美容液ランキング!おすすめの美白美容液徹底比較

2017.12.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です