プラセンタの効果とは?プラセンタの知られざる効果一挙公開

プラセンタ(placenta)が美容効果など高い成分として有名になって数年経ちますが、実はプラセンタは美容面以外にも効果を発揮することが最近の研究で分かってきています。

管理人
特に臨床現場などでは今までなかなか改善されなかった訴えに対して驚くほど効果を示したなんて声すら聞こえています。

 

今回は今話題のプラセンタの有名な効果から意外と知られていない効果まで一挙大公開します。

プラセンタに興味があるけど詳しく知らないという方は是非参考にしてください。

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤の中にある成分を抽出して医薬品やサプリメントにしたものを言います。

よくプラセンタは胎盤のことですと書いてあるのを見かけますが厳密には胎盤は英語で確かに「placenta」といいますが一般的にサプリなどで売られているプラセンタは胎盤から成分を抽出したものを指し、胎盤そのままが入っているわけではありません。

プラセンタは意外と歴史が深く戦後の動乱が落ち着いてきた昭和31年に日本国内で販売が始まり、その数年後には医薬品として医療現場で更年期障害や乳汁分泌障害などの治療に使われました。

医療現場で使用されるようになった後もプラセンタの研究は続けられて傷跡を早く治す効果や肝機能の改善効果など次々と効果が発見されました。

元々プラセンタは医療現場で使用されるヒト由来のものが殆どで最近の美容ブームで動物由来のものや植物由来のものなど種類が一気に増えました。

プラセンタの効果と成分とは

プラセンタの詳しい効果をご紹介する前にプラセンタがなぜここまで美容や健康に対して効果を発揮するのかその秘訣を簡単に紹介します。

プラセンタの成分
リジン、アラニン、アスパラギン酸、ロイシン、グルタミン酸、グリシン、バリン、セリン、チロシン、 フェニルアラニン、スレオニン、アルギニン、プロリン、イソロイシン、メチオニン、ヒスチジン、カリウム、鉄、マグネシウム、リン【成長因子】HGF・NGF・EGF・FGF・IGF・インターロイキンⅠ~Ⅳ

プラセンタにはとにかく様々な成分が含まれており人間が生きていく上で重要なアミノ酸類をはじめミネラルなど多くの成分が含まれています。

更にプラセンタが他の美容成分と決定的に違うところが成長因子(グロースファクター)という生体内で細胞の増殖を手助けしたり様々な器官の調節過程に深く関わっている成分を含んでいます。

成長因子の種類 効果 効果の例
肝細胞増殖因子(HGF)  肝細胞の再生や増殖に関わる 肝機能強化・改善
神経成長因子(NGF)  種々の神経細胞の分化促進、活性に関わる アルツハイマー型痴呆症に対する効果
上皮成長因子(EGF)  DNA合成や細胞の増殖に関わる 肌細胞の活性化
繊維芽細胞増殖因子(FGF)  血管の修復、創傷治癒、細胞の増殖分化に関わる 動脈硬化予防・創傷治癒
インスリン様成長因子(IGF)  各種器官の細胞の成長と細胞のDNA合成に関わる インシュリン様効果・各種細胞の活性
インターロイキンⅠ~Ⅳ  免疫機能に関わる アレルギー症状・感染防御

プラセンタは現在医学学会などで分かっているだけでも6分野に関わる成長因子が含まれていると言われています。

この基本的な身体を構成するアミノ酸などの成分だけでなく特殊な成長因子を持つことでプラセンタは美容や健康に対して効果を発揮すると言うわけです。

プラセンタの効果とは

プラセンタの効果と言うと美容効果が先に思いつくと思いますが現在分かっているだけでも美容分野以外の様々な分野で効果が分かっています。

効果一覧
  • 肝機能の改善効果
  • 自律神経調節効果
  • 内分泌調整効果
  • 疲労回復効果
  • 血行促進効果
  • 抗炎症効果
  • 免疫改善効果
  • 抗アレルギー効果
  • 活性酸素の除去効果
  • 貧血改善効果
  • 美肌効果

今回はプラセンタの効果を臨床医学会などの発表なども参考に簡単にまとめましたので気になる効果を是非チェックしていってください。

参考:日本胎盤臨床医学会

肝機能の改善効果


実はプラセンタ注射で有名な「ラエンネック」は肝機能障害と診断がつくと治療薬として保険が適応されます。

プラセンタには肝細胞増殖因子(HGF)が含まれており更に他の成長因子などが相互に効果をもたらすことでダメージを負った肝細胞の代謝を促進したり肝機能の改善効果が期待できます。

実際に医療現場でC型肝炎などの患者にプラセンタとC型肝炎などの治療に使われるインターフェロンを使ったところ肝機能の状態を示すトランスアミナーゼ(AST・ALT)の数値に改善が見られたというデータもあります。

プラセンタに含まれる肝細胞増殖因子(HGF)が直接働きかけて肝臓の状態を良くしているというよりは、プラセンタに含まれている様々な成長因子やアミノ酸などの相互作用によって細胞の修復や活性が起き、結果的に肝機能の改善効果が得られると言われています。

管理人
病院でプラセンタ注射が保険適応になるのはB型・C型肝炎、自己免疫性肝炎、アルコール性肝炎、薬剤性肝障害などです。

自律神経調節効果


若い方に多い自律神経失調症などの自律神経の不調からくる症状に対してもプラセンタは効果があると言われています。

プラセンタには神経成長因子(NGF)が含まれているので自律神経とも関わりのある中枢神経系の細胞の修復や活性などの効果が期待できます。

さらに内分泌調整作用などもあり自律神経の不調に原因となるホルモンバランスを整えたり、様々な成分を配合することで中枢神経に作用して体全体のバランスを整える効果があります。

自律神経の不調はストレス等によりホルモンバランスや体内の器官の調子が狂うことで起きますので総合的に効果を発揮するプラセンタは正に最適な成分と言えます。

管理人
実際に最近では心療内科などでもプラセンタ注射を導入したりプラセンタサプリの販売を行っているクリニックも増えてきました。

 

自律神経の不調は特に女性に多くひどいと日常生活にも支障をきたすこともありますので不調を感じる場合は対策を講じることも必要です。

内分泌調整効果


プラセンタにはエストロゲンのバランス乱れなどを整える内分泌調整効果があります。

管理人
この内分泌調節効果により更年期障害をはじめとした女性ホルモンの乱れによって起こる不調の改善が期待できます。

 

プラセンタ自体を摂取することで得られるエストロゲンの量は非常に微量ですが学会などではプラセンタに含まれている賦活化因子が働くことで更年期などの症状に効果が現れていると考えられいます。

エストロゲンには美肌作用など美に関する効果も知られていますのでこの内分泌調整作用は美肌効果にも深く関わっていると言えるでしょう。

疲労回復効果

プラセンタ、いわゆる胎盤ははるか昔は出産後母体の体力回復のために出産後の自分の胎盤を食べていたと言われています。

管理人
実際にプラセンタには他の成分にはないほどの豊富な成分が凝縮されており疲労回復効果があるアミノ酸類や細胞の修復に必要なタンパク質類も含まれています。

 

プラセンタをサプリや注射などで摂取することで身体の中で不足している栄養を補い調子を整えてくれる効果があり、結果的に疲労回復につながります。

実際にプラセンタサプリを始めてから寝付きが良くなったり朝の寝起きがスッキリするようになったなど疲労回復効果を実感している方も多く、仕事で疲れがちの方には抑えておきたい成分ていえます。

血行促進効果

プラセンタには維芽細胞増殖因子(FGF)といって美容や育毛と言った分野で注目されている細胞の増殖因子が含まれています。

管理人
この線維芽細胞増殖因子(FGF)は細胞の成長などを手助けする効果があり血管の修復や促進といった効果をもたらします。

 

この細胞の活性により頭皮や肌の血行促進を始め手先足先など血流が悪くなりがちな部分の改善があり冷え性にも効果があります。

血行促進効果が全身にもたらされると新陳代謝なども活発になり美容・健康両方にプラスの効果をもたらします。

抗炎症効果

成長因子の中にあるサイトカインと言われる免疫系の成長因子インターロイキンⅣは実は抗炎症効果があることでも知られています。

何度もいいますがプラセンタに含まれている成功因子だけの効果で様々な不調に対する効果が得られるのではなく、相互作用によって効果がもたらされていると考えられます。

このインターロイキンⅣはリウマチなどの強い炎症が元で起きる疾病にも関わっており、実際にリウマチなどの方にプラセンタ注射をしたことで症状の緩和があった例もあるようです。

炎症は身体の酸化を促進させ老化の原因ともなりますので抗炎症作用があるプラセンタは若々しさを保つのに欠かせない成分がたくさん入っていることが分かります。

免疫改善効果

私達が健康的に過ごすためには免疫はとても重要な役割を果たしており、免疫反応を起こすためにはサイトカインと言われるタンパク質などが重要になります。

プラセンタにはこのサイトカインであるインターロイキンⅠ~Ⅳが含まれており、免疫反応を調節する効果があります。

このインターロイキンにはそれぞれ免疫反応を引き起こす特徴があります。

種類 作用
インターロイキンⅠ 炎症反応を引き起こす、発熱、リンパ球や好中球の活性
インターロイキンⅡ T細胞の活性、増殖分化、細胞傷害性T細胞(CTL)への分化誘導
インターロイキンⅢ 骨髄幹細胞の活性
インターロイキンⅣ Th2細胞への分化誘導、B細胞の増殖分化、IgG・IgE産生促進

インターロイキンの効果としては上記のような物がありますが、簡単に言うとインターロイキンを得ることで体内の各器官の免疫調整効果が期待できます。

プラセンタを摂取することで免疫力がアップして炎症による疼痛が軽くなった用に感じたり、風邪をひきにくくなるなど免疫の底上げ効果が期待できます。

参考:インターロイキン

抗アレルギー効果

プラセンタの効果である抗炎症効果・抗アレルギー効果・自律神経調節効果・細胞活性効果・血行促進効果などが相互作用することでアレルギーに対して効果があると分かっています。

アレルギーを起こす原因としては身体が異物と判断したものに対して体を守るためにIgGやIgEなどと言われる作用因子がフル稼働することで炎症など症状を引き起こします。

IgGとIgE
IgGとは免疫グロブリンという抗体の一種で感染防御などに役立つ成分です。例)出生前の胎児に対して母体から送られ生後数カ月に渡って乳児の感染防御に役立ちます。
IgEは同じく免疫グロブリンの一種でアレルギー性鼻炎や気管支喘息、アレルギー性皮膚炎といった即時型アレルギーに深く関係している成分です。

参考:日本血液製剤協会

花粉症などアレルギーを頻繁に起こす方は体内で過剰に反応してしまったリンパ球が増えて症状を引き起こすので、プラセンタのように異常化した細胞の排除効果などもある成分を取ることでアレルギー症状が軽減することも期待できます。

プラセンタには先ほど紹介したように免疫系の調節作用などもありますのでアレルギーの原因になっている異常免疫成分がコントロールされることで抗アレルギー効果が得られます。

管理人
実際に一部の皮膚科などでプラセンタ注射をアトピー性皮膚炎の方に定期的に行ったところ痒みの改善と下肢部分の皮膚の状態の改善が認められたケースも有るようです。

 

更に花粉症による肌のかゆみ等にも効果を実感している方も多く症状の度合いによってプラセンタを活用している方が増えています。

プラセンタはアレルギー疾患の治療薬として確立されている成分ではないため、あくまでも個人で使用する分で効果が期待できるかも、と考えてもらえればと思います。

活性酸素の除去効果

活性酸素による体内の酸化は老化の原因にもなりますし臓器などへのダメージの原因にもなり得ます。

プラセンタにはビタミン類も含まれていると言われており抗酸化作用のある成分もバランス良く含まれていると言われています。

管理人
更に酸化などによって傷ついた異常細胞などの修復効果や除去効果もプラセンタは持っているので活性酸素による影響を幅広くサポートしてくれます。

 

プラセンタが美容面に対して大きな効果をもたらすと言われているのもこの効果が関係しています。

活性酸素による酸化はシミやシワの原因となりますのでプラセンタを継続することで酸化によってダメージを受けた細胞のケアが期待できます。

貧血改善効果

女性に多い貧血ですが一般的に多い貧血は鉄欠乏性貧血といって血中の鉄分量が不足することで起きます。

管理人
プラセンタには鉄分などのミネラル類も含まれておりビタミンも入っているので効率よく身体に鉄分を補給することが出来ます。

 

更に貧血の原因となり得るホルモンバランスの崩れなどにも内分泌調節効果が有るためその場しのぎではなくトータルでの貧血対策に役立ちます。

通常健康な方だと血液検査で貧血の度合いがわかる血色素量(ヘモグロビン)の量が男性で13.0g/dl女性で12.0g/dl以上とされています。

この基準値を超えている場合は自己判断でサプリなどを使った対策も可能ですが、血液検査で基準値を下回る場合は病院への相談が必要となります。

プラセンタは元々母体内で胎児を育てるために発達する器官なので身体を健やかな状態に維持するための成分が豊富です。

そういった成り立ちの面からも多くの効果があることはとても自然なことだと思えますね。

プラセンタで貧血改善!貧血改善のメカニズムとは

2017.12.07

美肌効果

プラセンタといったらやはり美容効果が一般的には広く知られていますよね。

プラセンタにはとにかく豊富な細胞の素となる成分が含まれており、更には美容ホルモンと言われるエストロゲンの乱れを整えて不調をサポートする効果があります。

管理人
更に抗酸化作用も強くコラーゲンの生成などを促進する効果もありエイジング対策としてこれだけ最適な成分と言えます。

 

実際に多くの芸能人やモデルさんもプラセンタ注射をしていたりサプリを活用してエイジングケアに役立てているようです。

最近では一般に流通しているプラセンタサプリも品質が向上してきており続けることで美肌効果が期待できるものも多くなっています。

シミやシワへの即効性はありませんが体内からエイジングをできるという面で健康と美容両方に効果があるプラセンタは今や女性の間では欠かせないアイテムとなりつつあります。

プラセンタの効果的な摂取法

プラセンタが様々な効果を持つことはわかったと思いますが気になるのが摂取方法ですよね。

プラセンタの効果をとにかく早く実感したいという方はリスクはありますがクリニックなどで行っているプラセンタ注射が最適です。

管理人
多少時間がかかってもリスクを低くして体質改善をしたい方は馬プラセンタや豚プラセンタサプリがおすすめです。

 

とにかくプラセンタのリスクをゼロにしたいという方は植物性プラセンタと言われる効果は下がりますがプラセンタで言われるリスクが無いものが合っていると思います。

プラセンタの種類 即効性
医療機関でのプラセンタ注射(ヒトプラセンタ) 即効性が高い
市販の動物性プラセンタサプリ 3ヶ月以上の継続が必要
植物プラセンタサプリ 3ヶ月以上の継続が必要、動物性でない分効果が緩やか

サプリなどで経口摂取をした場合でもコツコツと続けることで着実に効果は期待できますので自分にあった無理のない方法選びが大切になります。

プラセンタを試してみたいけど不安…

プラセンタには興味があるけどいろいろな噂を聞くし種類もありすぎてどれが良いのか分からないという方のために実際に私自身が使用して本当に良かったものだけのプラセンタランキングを作りました。

管理人
プラセンタランキングの中でも紹介していますが私が実際に使用しているのがオージオから販売されている「ヴィーナスプラセンタEX」です。

 

ヴィーナスプラセンタはプラセンタの含有量が多いだけではなく品質も高く、更に美容成分もプラスされているのでこれ1つでトータルケアが期待できます。

どうしてもサプリっていくつも種類を併用しがちになりますが、プラセンタの場合他のサプリとの併用による肝機能障害の報告例も学会に上がっていますので飲み合わせには注意が必要です。

ヴィーナスプラセンタEXのようにプラセンタの含有量が分かるもので、極力飲み合わせる必要がないサプリがプラセンタサプリ選びでは重要です。

人気のプラセンタサプリの徹底比較ランキング【プロが教える】

2018.02.15

プラセンタの効果まとめ

プラセンタの効果は幅広く医療現場でも現在は美容関連の科のみならず様々な科で使われています。

特に西洋医学の治療で効果が得られにくい場合は積極的にプラセンタでの治療を行うクリニックなども増えているようです。

最後に今回紹介したプラセンタの効果についてまとめたいと思います。

プラセンタの効果
肝機能の改善・自律神経調節・内分泌調整・疲労回復・血行促進・抗炎症作用・免疫改善・抗アレルギー作用・活性酸素の除去・貧血改善・美肌効果

プラセンタは身体の中で免疫・修復・増殖・代謝・解毒・調節といった様々な効果を発揮することで美容や健康の維持をサポートしていると考えられます。

管理人
これだけ1つのもので成分が豊富に含まれているものはプラセンタ以外にはほとんどなく、そういう面でもプラセンタがクリニックなどでも使用されています。

 

プラセンタの効果は多岐にわたるため今まで病院などで原因不明の不調で悩んでいた方も思い切って使ったら調子が良くなった気がするなど色々な体験談が寄せられています。

プラセンタは元々出産のために胎児に栄養を供給するための器官ですので栄養が豊富で身体に必要な成分がほぼ網羅されています

そのことからも美容だけでなく様々な面で効果を発揮するというのもうなずけるような気がしますね。

記事監修:日本胎盤臨床医学会 専門会員 渡部 友里絵

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。




内側から綺麗になる女性の味方
【完全保存版】プラセンタサプリランキング

美容美肌・健康維持・免疫力アップなど様々な効果が期待されるプラセンタサプリを12種類を比較しました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。