プラセンタ注射はリスクが有るって本当?献血ができなくなる理由とは

美容に対して効果が高いと注目されているプラセンタですが、プラセンタの中でもヒトプラセンタを使った注射には理論上避けられないリスクが有ると言われています。

実際にプラセンタ注射を受けた方は献血ができなくなるなど一部の制限があるようなので今回はプラセンタ注射がなぜ献血できなくなるのかその理由を紹介します。

プラセンタとは哺乳類の胎盤が原材料

プラセンタと聞くととにかく美容に対して高い効果を発揮してくれる成分というイメージで原材料やどんなモノなのかあまり詳しく知っている方は少ないと思います。

プラセンタは胎盤を英語で表すもので原料には哺乳類の胎盤が使用されています。

なのでサプリなどで出回っている商品も豚や馬、羊などの哺乳類のプラセンタエキスを使用したものがほとんどだと思います。

胎盤とは胎児を包み込んで母親と胎児をつなぐ大きな袋のような器官のことで胎児の成長のために必要な栄養を血液などを介してお腹の赤ちゃんにまで届ける役割を担っています。

なので胎盤には必然と多くの血液が含まれているので血液を媒介とするような感染症などのリスクが問題となるのです。

プラセンタの原料に牛がない理由

ヒトプラセンタを利用したプラセンタ注射にも関係することなんですがプラセンタの原料に牛を見かけないのは何故か知っているでしょうか。

実は以前は牛のプラセンタを作る動きもあったようなのですがBSE問題が起きたことをきっかけに血液を多く含む胎盤を利用するプラセンタではBSEの感染リスクを考えて使用をしないようになったようです。

現在使用されているプラセンタ注射の薬剤の添付分にも理論上、未知のウイルスや感染症のリスクはゼロとは言えないことから患者に対して十分に説明してから投与するように書き添えられています。

現在に至るまでBSE問題で感染の伝播が心配されていた変異型クロイツフェルト・ヤコブ病などが伝播したという報告はないので安全性は比較的高いとは言えるようです。

プラセンタ注射に潜むリスク

本題のプラセンタ注射をすると献血ができなくなるという理由ですがここまでに紹介したように血液などを介した感染症やウイルスの伝播が問題となるからなんです。

人間同士の感染症だけでも体液を介して広がるものにはHIVやB型肝炎など種類も様々あります。

もちろん医療用に使用されるプラセンタ注射は感染症の伝播を防止するための安全措置が講じられていますが100%安全と言えるわけではないのが現状です。

今までも戦後からしばらく行われていた集団予防接種において医療器具を使い回ししたことで起きたB型肝炎問題など有名ですが、後になって問題が発覚するケースも珍しくはありません。

プラセンタ注射は日本では1956年頃から使用され始めているので現在までに大きな問題もないことから安心できると思いますが自分が受ける際にはリスクの確認は必須と言えるでしょう。

プラセンタ注射液の安全管理について

プラセンタ注射に潜むリスクについてはだいたい分かったと思いますが、そんなに危険があるのになぜ病院などで使用されているか疑問に思いますよね。

プラセンタ注射用の薬剤には日本には現在ラエンネックとメルスモンという2つのプラセンタ注射用の薬剤があります。

両方とも原料となるヒトプラセンタ(胎盤)には非常に厳しい条件がありそれをすべてクリアした妊婦さんの出産時に一緒に出た胎盤を使用しています。

なので厳重な検査によって原料の安全性が確保されているのと、その後の滅菌処理や検査によってプラセンタエキスの中にウイルスなどが入り込んでいないかのチェックを行っているのでまず感染などの問題が飽きる心配はないと言えるんです。

プラセンタ注射以外でプラセンタを得る方法

ここまでプラセンタ注射について色々と読んできて

ともこ
やっぱり美容目的に受けるにはちょっとリスクが心配だからできれば他の方法でプラセンタを効率よく摂取したい。

 

 

そんな方にオススメなのがプラセンタ注射液のラエンネックという薬剤を作る時に使用されているラエンネック製法を使用してエキスを抽出しているキレイ・デ・プラセンタというサプリです。

薬剤の抽出のも使われるプラセンタの重要な成分を壊さずに抽出できる製法を使用しているので注射に比べて即効性などは落ちますが質の良いプラセンタエキスを手軽に取ることができます。

しかも原料には徹底管理され血統の確かな北海道産のサラブレッドの胎盤を使用していますので品質と安全性共に非常に高いプラセンタサプリと言えます。

馬のプラセンタを使用しているので感染などのリスクもほとんど心配なく献血制限などもないので安心して使えることから人気があります。

周りはもう始めてる!?キレイ・デ・プラセンタの口コミを徹底検証

2017.03.28

プラセンタ注射は保険が効くの?

プラセンタ注射を美容目的で受ける場合は基本的には自由診療で行うことになるので1回2,000円から3,000円ほどかかるところが多いようです。

しかし、元々プラセンタ注射は更年期障害や乳汁分泌不全、肝疾患などの治療薬として使われているのでこれらの疾患の治療の為に注射をする場合は保険診療で受けることが可能です。

治療用として注射液に含まれるプラセンタと同じ量を内服薬で摂取する方法もあるようなので病院によっては注射ではなく内服での治療も可能なようです。

プラセンタサプリにもリスクは有るの?

基本的には馬や豚を原料としたプラセンタサプリを経口摂取することで何か問題が起きたというのは報告されていませんがリスクとしては体質に合わずに過敏症など起こすことが考えられます。

プラセンタにはアミノ酸などを始めとする多くの成分や活性物質などが入っているので稀に体質に合わずに痒みや湿疹等を起こすこともあるようです。

管理人
基本的にはヒトプラセンタのような感染などのリスクは今のところ心配されていないので安心して使っても大丈夫といえるでしょう。

この記事のまとめ

プラセンタを使った美容法が流行りはじめて今では一般人でも気軽に美容クリニックなどでプラセンタ注射を受けることができます。

しかし、プラセンタ注射の原料となるヒト胎盤エキスは理論的にどうしても感染症など未知のウイルスの感染が100%無いと言えないことから献血などは控えるようにとなっています。

手軽にプラセンタ美容を始めてみたいと思っている方はリスクなどを考えるならば注射の前にまずは質のいいプラセンタサプリなどを使ってみてから考えたほうが良いでしょう。

実際に私自身もプラセンタ注射を受けようと思った時期がありましたが美容目的で受けるにはちょっとリスクが心配だったので現在もプラセンタサプリを愛用しています。

私が実際に今まで使ってきて良かったプラセンタサプリのランキングも要望にお答えして作ってみましたのでサプリをお探しの方はぜひそちらもチェックしてみてください。

人気のプラセンタサプリの徹底比較ランキング【プロが教える】

2018.02.15




内側から綺麗になる女性の味方
【完全保存版】プラセンタサプリランキング

美容美肌・健康維持・免疫力アップなど様々な効果が期待されるプラセンタサプリを12種類を比較しました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です