顔の脂が臭い!顔の脂のニオイを抑える対処法

ふとした時に自分の顔の脂のニオイが臭いと感じることありませんか?

実は男性だけではなく最近女性の間にも顔の脂が臭いと感じる人が増えてます。

今回は顔の脂が臭いと感じる原因と、ニオイを感じる時に始めたいスキンケア法を紹介します。

顔の脂は時間とともに臭くなる

顔の脂、つまり毛穴などから分泌される皮脂のことですが時間とともにニオイの元となるのってご存知ですか?

料理などに使う脂も時間の経過とともに独特のニオイを発するようになりますが、皮脂も同じで時間とともに酸化や雑菌などが繁殖することで変化が起きてニオイを発生させます。

特に年配の男性の場合は加齢臭の原因であるノネナールという成分が分泌されるようになるため、皮脂のニオイと加齢臭が混ざりより臭いと感じやすくなります。

顔の脂が特に臭くなりやすい部分

顔の脂がなんだか臭い気がするけど頬や目元は特にニオイを感じない、こんな風に部分的に顔の脂が臭いと感じる方意外と多くいると思います。

顔の部分によって脂のニオイが変わるのは皮脂の分泌量が違うからなんです。

皮脂の分泌量がより多い部分は毛穴つまりや皮脂の酸化などトラブルが起きやすくニオイの原因ともなります。

顔の中でもおでこや鼻、首は皮脂の分泌量が多い部分で特に鼻周囲は乾燥しやすくちょっとしたことで皮脂が過剰になるので顔の脂臭さを感じやすい部分と言えます。

他にも耳の裏や頭皮も皮脂の分泌が過剰な部分なので皮脂の酸化が進みやすく独特の臭いを発しやすい部分と言えます。

顔の脂が臭くなる原因

顔の脂は通常誰でも分泌されているものなのに、なぜニオイが気になる人と気にならない人がいるのか疑問に思う方も多いと思いますので原因を見ていきましょう。

皮脂の分泌量が多い


顔の脂のニオイが気になると感じている方の多くは元々脂性肌タイプの方が多く顔全体の皮脂の分泌が多い人が多いです。

やはり皮脂の分泌が多いとそれだけ毛穴が詰まったり、皮脂が原因で酸化や雑菌の繁殖などが起きるリスクも高まります。

皮脂分泌が多く、顔の表面に皮脂がついている状態だと時間とともに皮脂は酸化して独特の臭いを発するようになるため自分でも顔の脂が臭いと感じるようになるのです。

毛穴の中に皮脂が詰まっている


手で鼻を触ったりすると顔の脂が付いた手の部分が臭いと感じる方もいるようです。

管理人
このように鼻の周りなどを中心にニオイを感じる場合は、毛穴の中に皮脂が詰まっていて、詰まった皮脂がホコリや雑菌などいろいろな要因で悪臭を放っている場合が考えられます。

 

毛穴の洗浄は意識して行わないと正直なかなか汚れが落ちにくい部分でもあるのだ、クレンジングなど毛穴のケアをあまりしたいタイプの方は毛穴に詰まった皮脂のせいでニオイを発している可能性が高いと言えます。

脂っこい食事やインスタントが多い


唐揚げやポテチなど脂分の多い食べ物を頻繁に食べる方は、体内に取り込む油の量も自然と多くなり、皮脂の分泌量も多くなる傾向にあります。

管理人
インスタントやジャンクフードなど脂がたっぷり使われていて添加物など多い食事を続けていると体臭自体も臭くなり、更に皮脂分泌も増えて顔の脂のニオイも気になるようになります。

 

30代以降の女性の場合で運動などもせずデスクワークがメインだと1日の摂取目安の脂の量は38〜58gと言われています。

参考:脂マネジメント研究会

意外と多く感じるかもしれませんが、大さじに換算すると大さじ4杯程度ということになるので、少し油を使ったおかずを1品入れるだけでスグに到達してしまいます。

日常的に唐揚げやポテトなど脂っこい食べ物が好きという方は少しづつ油分を減らすのがニオイ対策への近道と言えます。

ストレスを毎日強く感じている


ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れやすくなり男性ホルモンが過剰に分泌されるようになります。

少し前に話題になった女性のオス化もストレスによって男性ホルモンが過剰になることで体毛が部分的に濃くなったり、肌質が変わったりすると問題になりました。

このストレスによって男性ホルモンが過剰になると皮脂分泌が本来よりも多くなるため、毛穴に詰まったり常に表皮に皮脂がついていたりすることでニオイの原因となります。

男性ホルモンが増えると肌の角化も進みやすくなるため女性特有の柔軟性のある肌質が失われゴワついて皮脂だけが目立つ男性のような肌質になる場合があります。

こうなると皮脂が過剰になり酸化等によってどんどん皮脂の臭いが強くなるので結果として顔の脂が臭いと感じるようになるのです。

乾燥による皮脂の過剰分泌


冬など一定の時期に急に顔の脂が臭く感じる場合は、肌が乾燥によって皮脂過剰になっていることが考えられます。

健やかな状態の肌は潤いと皮脂などによる油分のバランスがとれており柔軟性があり表皮もベタつくことはありませんが、肌が乾燥すると油分と水分のバランスが崩れて水分を失わないようにと皮脂が過剰に分泌されるようになります。

皮脂分泌が過剰になるとそれだけニオイを引き起こす原因が肌表面に増えてしまうため、時間とともに顔の脂の臭いが気になるようになります。

過剰な洗顔による肌の乾燥


顔の脂が臭いと感じるとどうしても洗顔したりデオドラント用品で拭いたりしてしまいますよね。

実はこの過剰な洗浄がかえって顔の脂臭さを悪化させてる場合があるのです。

洗顔は1日朝と晩の2回でも十分汚れを取ることが出来ます、しかし皮脂分泌が過剰な方の多くはニオイなどを気にして1日に何度も洗顔したり拭き取ったりして本来肌に必要な分の油分まで無くしてしまっている方が多いのです。

肌に必要な油分が減ると肌の中にある潤い成分が時間とともに蒸発していき乾燥肌を起こします、乾燥肌を起こすと肌は潤いを守るために更に皮脂の分泌量を増やします

管理人
この悪循環がサイクルになると拭いても拭いても皮脂が出てきて結果的に顔に油分が多くなり独特のニオイを発するようになります。

 

1日に何回も洗顔したり、過剰に拭き取ったりしている方は洗顔よりもまず保湿ケアを優先しましょう。

顔の脂の臭いをケアするには

顔の脂が臭い原因はだいたいわかったところで次はニオイを防ぐための対処法を紹介したいと思います。

汗をかく習慣を付ける


とにかく1番おすすめなのは毛穴を詰まらせないためにも良い汗をかく習慣を付けることです。

運動やヨガなどでもいいですが、なかなか時間を作るのが難しい方は岩盤浴や半身浴などを週に1〜2回取り入れるだけでも変わります

汗をかくことでデトックスしたり肌の保湿機能が高まるので結果として皮脂の分泌量が減ったり、毛穴に詰まっていた皮脂汚れがとれてニオイのもとを減らすことが出来ます。

最近では発汗作用が強いバスソルトなど自宅で簡単にデトックス効果が得られるタイプの入浴剤も出てきているので忙しくて運動などは無理!という方は入浴剤などで対策してみる事をオススメします。

毛穴の汚れをしっかり取る

毛穴に詰まってた皮脂汚れってかなり臭いんですよね…この皮脂汚れを放置するとニキビの原因になったり、顔の脂の臭いの原因になるので早めにきれいにしておくべきです。

毛穴の汚れをしっかり取るにはまずは気になる部分の毛穴を蒸しタオルなどでしっかり温めて肌を柔らかくしておく必要があります。

暖めずに力に任せて処理すると炎症などを起こす可能性があるので注意しましょう。

毛穴をしっかり温めて肌が柔らかくなったらオイルなどで気になる部分をクルクルと優しく撫でます。

毛穴が皮脂で詰まっていると手で触るとザラザラと引掛かる感じが分かるので5分ほど優しくクルクルとオイルと毛穴の脂を馴染ませるようにマッサージします。

5分ほど経過すると詰まっていた毛穴の汚れがポロポロとオイルに混じって取れてくるので、毛穴が綺麗になったら洗顔料でしっかり洗い流します。

洗う時にオイルが残るとそのオイルがまた酸化してニオイやニキビの原因となるので仕上げ洗いはしっかり行いましょう。

食生活を整える

皮脂の過剰分泌は食生活による影響も関わっているので、顔の脂のニオイをどうにかしたいならば、脂を控えてビタミン類を積極的に摂るようにしましょう。

お菓子や揚げ物などを控えるだけでも脂の摂取量を減らすことができるので結果的に皮脂の過剰分泌を抑制することにも効果が期待できます。

ビタミン類は抗酸化作用や美肌効果があるものも多いため肌のバランスを整えて皮脂の状態をコントロールするためにもおすすめです。

保湿ケアを入念に行う


女性に多いのが乾燥肌によって皮脂の分泌量が過剰になっているパターンです。

管理人
肌の乾燥を防ぐには化粧水でしっかり水性の潤い成分を補充して美容クリームなどで与えた水分を逃さないようにフタをする必要があります。

 

皮脂の分泌が過剰になっている方の多くは皮脂でベタついているからと仕上げの保湿クリームを行わず、水性成分だけ与えて終了という方が目立ちます。

化粧水と美容液でケアして終わりにすると結局時間とともに潤いが蒸発してしまい乾燥肌状態に戻るのでケアして2〜3時間後に皮脂の分泌が多くなり顔の脂臭い原因を作り出します。

乾燥肌で顔の脂臭いのを感じている場合は、化粧水・美容液・クリームの3ポイントによるスキンケアは絶対に必須です。

顔の脂臭さが気になる方におすすめアイテム

実際に管理人も小鼻周りや顎周辺など乾燥が強くなると皮脂分泌が増えてニオイやニキビなどのトラブルが起きやすい体質です。

そんな管理人が実際に使っていて皮脂のケアに効果があったのがビーグレンのホワイトケアでした。

ビーグレンと言うとニキビ系のコスメを想像しますが実は美白ラインも販売されていて、かなり優秀です。

特にホワイトケアセットの中に入っていたCセラムという高濃度ビタミンC配合の美容液は毛穴の汚れを浮かしだしてポロポロと出してくれて感動しました。

管理人
そもそもCセラムは角栓つまりを除去するアイテムではないのですが、ピーリング作用があるため角栓が詰まってザラザラしている部分をツルツルにしてくれます。

 

更にビタミンCは皮脂の分泌を抑制する効果がありニキビ対策にも使われているため、皮脂汚れで悪臭を放っている方には正にピッタリなスキンケア用品です。

正直ここまで高濃度ビタミンCをしっかり配合しているメーカーは少ないので顔の脂が臭いと悩んでいる方は試す価値があるコスメと言えます。

ビーグレンのホワイトケアはトライアルセットが用意されているので、まずは1週間試して顔の脂のニオイの変化を確かめてみる事をオススメします。

ビーグレンホワイトケアの美白効果と使って分かったリアルな口コミ

2017.11.29

まとめ

顔の脂が臭い!と感じ始めるととにかくちょっとしたことでニオイが気になってあぶらとり紙で拭いたり洗顔したりと嫌な気持ちになります。

顔の脂が臭う原因は以下のような事が原因でした。

原因
・体質による皮脂の過剰分泌
・毛穴の皮脂つまり
・脂っこい食事
・ストレス
・乾燥による影響
・過剰な洗顔・ふき取り

とにかく顔の脂が臭う原因は皮脂が上記のような原因によって過剰に分泌されて、それが酸化したり雑菌と混ざる事で独特のニオイを発します。

元々脂性肌の場合はスキンケアなどで皮脂の分泌を抑制するようなビタミンCなどを意識して取り入れると効果的です。

皮脂は元々肌の潤いを守ったり刺激から守るためのもので健やかな状態だと悪臭を放ったりしないので、顔の脂のニオイが気になるという方はまずは生活習慣やスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です