乾燥小じわを目立たせないファンデーション術

肌が乾燥してくると困るのが乾燥小じわですよね、口元や目元が特にできやすくて化粧をする時にファンデーションが溜まってとっても嫌な気分にさせられます。

そんな乾燥小じわが酷い時に知っておくと便利な乾燥小じわを目立たせずにメイクするファンデーション術を紹介します。

酷い乾燥肌で悩んでいた管理人が編み出したメイク術でツルスベ肌を手に入れましょう。

乾燥小じわは表皮のトラブル


冬場になると急増するのが乾燥によってできるちりめんじわなどの乾燥小じわによるトラブルです。

乾燥小じわは表皮が持つバリア機能などが乱れることによって本来維持するべき潤いが保てずにキメが乱れたり弾力が低下することによって引き起こされます。

この乾燥小じわの状態のままメイクをするとカサカサで毛羽立っている皮にファンデーションを塗るのと同じなため、乾燥によって目立つようになった皮溝(ひこう)などが余計目立ち老けた印象を起こします。

乾燥小じわが出来ている時に重要なのは下準備の段階で乾燥によって深くなっている皮溝をしっかりカバーしてあげる事が重要になります。

乾燥小じわができる原因と乾燥小じわの改善法

2017.12.07

乾燥小じわにファンデーションを入れない方法

ここでは具体的に乾燥小じわにファンデーションがめり込んで厚化粧にならないためにしておきたい下準備を紹介します。

準備1 顔全体を蒸す

まず乾燥小じわで出来てしまい肌全体もちょっと硬くなって化粧水が浸透しづらい状態だと仮定すると、まずは肌を柔らかくして化粧水などが浸透しやすい状態を作り出します。

そのために自宅で簡単にできるのが蒸しタオルです。

家にあるフェイスタオルなどを濡らして軽く絞り、レンジで30秒〜1分ほどチンしてください。

取り出して気持ちいいくらいの厚さであれば顔全体を覆うようにタオルで蒸します。

この時注意したいのが熱すぎるとヤケドや乾燥肌を起こす原因となるので、気持ちいいくらいの低めの温度に調節しましょう。

準備2 化粧水でコットンパック

蒸しタオルで顔全体を蒸したら大半の方は蒸す前よりも皮膚が柔らかくなっているのに気づくと思います。

この皮膚表面が柔らかくなっている間にコットンにたっぷり化粧水を取って顔全体に水分を与えていきます。

顔全体に化粧水を塗ったら仕上げはコットンを何枚かに割いて顔の乾燥小じわが気になる部分にコットンパックしていきます。

目元や口元は特に乾燥しやすい部分でもあるので細かく割いてしっかりパックしましょう。

準備3 美容液で栄養を与える

コットンパックを5分ほどしたらすぐに美容液で肌に栄養を補給してあげましょう。

おすすめの美容液としてはワンバイコーセーや米肌などの低刺激で保湿性が高いタイプの美容液が向いています。

美容液は手にとって顔の中心から外側へマッサージするように馴染ませていきます。

特に小鼻周りや顎周辺はしっかり指先で浸透させるように塗っていきましょう。

準備4 保湿クリームで潤いを閉じ込める

ファンデーション前の最後の仕上げは保湿クリームを少量手にとって乾燥小じわが気になる部分に塗っていきます。

ポイントとしては皮脂分泌が多くなる額や鼻周りは控えて乾燥しやすい頬や目元などを重点的にケアしていきます。

保湿クリームを塗って肌にしっかり馴染んだら手だ触ってもベタつきがなくなっているはずなので、ベタつきがなくなったのを確認してからファンデーションをしていきます。

乾燥小じわケア向きスキンケアの特徴

下準備の手順を解説してきましたが、乾燥小じわが気になる時に使うスキンケアで抑えておきたいポイントを簡単に紹介します。

ポイント
・効能評価試験済みのスキンケア用品
・高保湿で肌の保護機能が高い
・セラミドが高配合されている
・低刺激
・適度な油分を配合

乾燥小じわができているときに使うスキンケアはできれば上記のような特徴を網羅したタイプがおすすめです。

特に効能評価試験済みと書かれているスキンケア用品は試験によって乾燥による小じわへの改善効果が認められているスキンケアと言うことなので特にチェックしておきたいポイントです。

他にもセラミドや保護機能が高いスキンケアは乾燥によって乱れている肌の機能をサポートして正常な状態へと近づけてくれるのでできれば抑えておきたいポイントといえるでしょう。

小じわに入り込まないファンデーション術

乾燥小じわにファンデーションを入り込ませないようにするための下準備は出来ましたね。

では早速仕上げの小じわにファンデーションが入らないようにするメイク術を紹介したいと思います。

化粧下地は潤いが強めがおすすめ

乾燥小じわが出来ていたり乾燥状態が強い時は化粧下地は美容液配合のものや潤いが強いものがおすすめです。

私が愛用しているのはRMKのクリーミィポリッシュトベースNというクリームタイプの化粧下地です。

保湿効果の高いローヤルゼリーやヒアルロン酸などが配合されているので肌に伸ばした時にしっかり潤いをキープしてくれます。

化粧下地を付ける時のポイントは鼻周り、口周り、目周辺などの動きがある部分は手の指の腹でしっかり馴染ませます。

スポンジやブラシで伸ばすと乾燥していると筋になったり化粧浮きの原因となるので指を使うようにしましょう。

顔の輪郭側はしっかり塗らずに顔の中心から外へ伸ばす感じで薄付きで仕上げるとより軽やかな印象になります。

CCクリームで仕上げる

乾燥小じわが出来ている時はリキッドファンダーションやパウダーファンデーションはできるだけ控えるようにしましょう。

リキッドファンデーションを使うと時間とともにヨレてきたファンデーションが小じわに入り込む原因となりますし、パウダーはキメが乱れた部分に入り込んで肌荒れを目立たせるので乾燥がひどい時期は注意しておきたいアイテムです。

私のおすすめはSKⅡから出ているアトモスフィアCCクリームです。

これ1本でも本当は十分なのですが化粧下地で肌のトーンを調節してからCCクリームを使うことでより陶器のような滑らかな肌質を再現できます。

CCクリームは1円玉大を手にとってスポンジなどで鼻、おでこ、顎、両頬の5箇所に置きます。

置いたらスポンジでトントンと馴染ませるように顔の中心に向かって広げていき顔の輪郭へはほとんど付かずに、顔中心だけCCクリームでカバーするような仕上がりになります。

そうするとCCクリームの艶感が顔の中心に集まり、使用しているCCクリームの量も少ないので時間がたっても乾燥小じわに入り込まない自然なファンデーション付きが手に入ります。

今回使用したアイテムRMKのクリーミィポリッシュトベース
SKⅡアトモスフィアCCクリーム

SKⅡなんて買えないという方に

化粧品にそんなにお金をかけてられないという方に代替えとして私がオススメするのはメディアから販売されているクリームファンデーションです。

SKⅡよりも重い感じのファンデーションなので量を調節しながら使う必要がありますが、仕上がりがCCクリームに近い仕上がりにできるのでおすすめです。

メディアのクリームファンデーションはドラッグストアなどで1,000円前後で販売されているので是非乾燥小じわが気になる時期に試してみてください。

乾燥小じわで悩んだら

乾燥小じわで悩む女性はかなり多くいます乾燥が強くなるほど肌はゴワつき化粧ノリも悪くなるので早めに対策をねる必要がありますよね。

管理人
管理人も肌が弱く冬場になると粉吹きや乾燥小じわで悩まされていました。

 

毎年毎年同じ季節に乾燥小じわが出てきて悩まされるので色々なスキンケア製品を試してきましたが、効果を実感できたのはやはり高保湿で低刺激なスキンケア用品でした。

女性ホルモンの神様では実際に私が使用してきたスキンケアの中から本当に良いと感じたものだけをピックアップしてランキング化した記事もありますので気になった方はそちらもチェックしてください。

乾燥小じわが目立つ時のメイク術はいつもよりちょっと手間をかけてあげるだけでかなりきれいに仕上がりますのでメイクの参考にしてください。

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。