保湿クリームで安心して使える無添加製品とは?

季節の変わり目になると気になるのが肌の乾燥やキメが乱れたりする事で起きる肌荒れがですよね。

これからの季節は紫外線も強くなり何かと肌に負担がかかりやすくなっているので普段のスキンケアでしっかりと保湿することが重要になってきます。

保湿クリームと言っても最近は多くの化粧品メーカーから色々なタイプが販売されていますので今回は保湿力は落とさずに肌にも優しい無添加商品を中心に集めてみました。

安心して使うにはまず成分の確認を!

よく食品でも化粧品でも無添加がいいと言われますが無添加とはどういう成分が入っていないことを指すのか知っている方は少ないと思います。

無添加とは2001年に薬事法改正に伴い配合成分の全表示が義務化されたのですが、それ以前はアレルギーの危険がある石油系の原材料など102種類に該当する成分を含む時に表示するという決まりでした。

この102種類の成分が入っていない商品を無添加といっており、この102種類に該当しないであれば保存料など成分がどれだけ入っていても関係ありません。

なので無添加と言っても102種類の旧表示指定成分が入っていなければ良いので植物や果物などアレルギーを起こす可能性のある成分が含まれていても表示上の問題はなく、あくまでも指定されている成分が含まれていないだけだと思いましょう。

無添加は使用期限が短い?

肌の直接つける化粧品は無添加が良いと多くの方は選びがちですが肝心なのは自分に合った成分が含まれているかどうかですよね。

もちろんアレルギーを起こす危険がある危険な成分が入っていない方がいいのですが、中には保存料など菌が繁殖しにくいように化粧品を長持ちさせるために入れてある成分もあります。

こういった保存料なども入っていない化粧品は確かに無添加で肌には優しいかもしれませんが取り扱いには注意が必要になります。

容器の中に直接指を入れてしまうと手先についた雑菌がクリームの中で繁殖して成分バランスなどが崩れることもありますし、変色したり本来期待できる効果が得られない場合もあります。

なので全てが無添加が良いというよりは刺激性の強い成分だけ避けて、保存料など必要最低限の添加物は品質を保つためには必要なのです。

保存料や界面活性剤の成分を最低限知っておこう

むやみやたらにとにかく化学物質はダメと決めつけずに成分の特性や正しい知識を最低限持つことで自分に合った保湿クリーム選びの基準になりますのでぜひ参考にしてください。

無いと困る防腐剤とは?

大半の化粧品は防腐剤が含まれていますがイメージ的に防腐剤を含むクリームなんかは肌の刺激になりそうでちょっと買うのをためらってしまうという方もいると思います。

確かに指定成分に入っている成分が使われている場合はできるだけ避けた方が安心ですが、防腐剤でも指定されていないものについてはリスクは低いとされていますのでそこまで過剰に心配する必要は無いと思います。

主に問題になるのは長期にわたって使用し続けることでの身体に対する毒性に関して問題になる事が多いので不安があるものは長期にわたって使用しないことも大切です。

防腐剤としてはパラベン類・フェノキシエタノール・安息香酸Na・デヒドロ酢酸Na・ヒノキチオールなどがあり、旧指定成分に含まれているのは、パラベンと安息香酸Naが該当します。

あくまでも旧表示指定成分は国が安全性を認めていない成分で使用は消費者側に任せるというスタンスなので使用に関しては自分で確認して選ぶ必要があります。

意外と多く使用されている界面活性剤とは

洗顔料や化粧品では特に危険視されている界面活性剤ですがその種類は膨大で正直すべてを覚えることなんてできません。

しかし界面活性剤は化粧品にとって必要な油分と水分を結び付ける作用がありますのでこれなしではほとんど化粧品の品質を保つことが難しいのが現実です。

界面活性剤には主に4つの分類があり、アニオン・カチオン・アンホ・ノニオンといった種類があります。

界面活性剤の見分け方
石ケン・○○酸Na・○○オキシド・○○ソルビタン・PEG-数字○○グリセリル・○○アンホと成分表に書かれているものが界面活性剤の場合多いのでチェックしてみてください。

作用も様々でここで深く書くととんでもない量になるので書きませんが、界面活性剤を使っていない化粧品の多くは界面活性剤の代わりに増粘剤などを増量していることもあるので必ずしも界面活性剤がないから安心というわけではないと覚えておきましょう。

安心して使える保湿クリームとは!

では早速実際に私が使ってみて安心して使えると思った保湿クリームや保湿に特化したオールインワンをご紹介していきます。

1 ローヤルゼリーもっちりジェル

保湿という点を重視して使うならばやはりローヤルゼリーもっちりジェルは非常に優秀なオールインワンクリームとしておすすめできます。

ローヤルゼリーもっちりジェルは無添加(合成香料・合成着色料・鉱物油・アルコール・パラベン不使用)になっており、しかも多くの方に安心して愛用していただくためにアレルギーテストもパスしたものだけを使用しています。

実際に私も使っていても顔がかゆくなることなどもなく肌の状態はしっかりと保湿されていて満足していますので手軽にスキンケアをしたい方にはおすすめです。

ローヤルゼリーもっちりジェルの効果と1ヶ月使った本音の口コミ評価

2017.12.19

2 クレアル

美容皮膚科医推奨の製法で作られた13の無添加として幅広い方から愛用されているクレアルも保湿と無添加という部分を重視した場合やはりオススメ商品として入ってきます。

浸透力を特殊な方法を使って高めているので多少高くても浸透力が高く低刺激で肌に良いものをという方にはピッタリの商品です。

正直初めて使ったときはその驚異的な保湿力に驚かされます。

クレアルのオールインワンゲルを購入して感じた本音の口コミ!

2017.01.17

3 アベンヌ ディープモイストクリーム

とにかく低刺激で肌の最低限のスキンケアから始めたいという方向けなのが温泉水をスキンケア用品に使ったことで有名になったアベンヌのクリームです。

実際に私が乾燥肌でキメが乱れて顔が痛いという状態になったときにお世話になりました。

低刺激、香料・無着色・アルコール・パラベン・弱酸性・アレルギーテスト済みなどと敏感肌でも安心して使えるように厳しい試験をクリアした成分だけ使用しているので安心して使えます。

無添加保湿クリームに共通している事

私が実際に化粧品を選ぶときに無添加のモノをできるだけ選ぶようにしているのですが、そこで分かったことは

  • 無添加というのは大半は香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベン不使用と同じような項目を除外したものが多い
  • 無添加と書いていても何らかの化学成分は使用されている。
  • 完ぺきな無添加を目指すなら自分で食材など組み合わせて作るしかない
  • 旧表示指定成分には食べ物のトウガラシエキスも含まれており指定されているから恐ろしいと思い込むのは危険
  • 保湿クリーム選びで肝心なのは自分に合ったものかが重要

 

無添加にこだわりすぎて他の成分に自分のアレルギー成分が入っていたという事も実際ありますので、無添加に固執するよりはしっかりと自分自身も化粧品の知識を付けて自分で選ぶということが非常に大切だと思います。




気になる毛穴のケアに
【完全保存版】毛穴スキンケア化粧品ランキング

毛穴の黒ずみ・ごわつき・ざらつき・たるみに効果的な化粧品だけをピックアップして比較しました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です