間違った保湿方法で顔が逆に乾燥する!?効果的な保湿のやり方とは

毎日欠かさずに保湿をしているのにや腕など気づけば乾燥して痒くなってしまう、こんな方はその保湿ケア方法こそが乾燥を引き起こす原因かもしれません。

間違った保湿方法を続けていると逆に顔が乾燥してしまうことになります。

肌の乾燥が気になる方こそしっかりと肌の機能を知って正しい保湿方法でスキンケアをしましょう。

乾燥肌に化粧水パックは正しい?

私は顔の乾燥がきつい時は積極的に化粧水をコットンにたっぷりつけて化粧水パックをしています。

実際多くの乾燥肌にお悩みの方はパックでのケアをしている方も多いと思いますが実はこのパックでの保湿方法を隠れた落とし穴があるんです。

乾燥しているお肌は角質層など細胞も弱っている状態ですので保湿をすることはいいのですが、肝心の弱っている細胞たちを助けてくれる成分が配合されていないモノを長時間付けていると逆効果になるんです。

水分だけたっぷり含んだ化粧水パックを長時間すると肌の弱った角質層の隙間からどんどん必要な成分が流出してしまい結果的に乾燥肌がなかなか改善されないという事態につながるのです。

乾燥予防に必要な美容成分とは?

では乾燥してしまった肌に必要な成分とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

肌のバリア機能を強化する

乾燥してしまったお肌は肌本来持つはずのバリア機能が低下していることも原因となっていますのでバリア機能をサポートしてくれる成分が必要になってきます。

肌のバリア機能は角質から水分が逃げ出すのを防いだり外部からの刺激に対して内側を守る役割を持っていますので保湿を考える場合はしっかりと肌のバリア機能を強化してくれる成分が含まれているかチェックする必要があります。

肌のバリア機能を高める成分としてはセラミドという美容成分が非常に有名で他にはアミノ酸などの細胞の素となるような成分もしっかりと肌にあてえてあげることが大切です。

高い水分保持力でおなじみの成分

肌の水分を逃がさないようにしていても根本的に水分がなければ意味がありませんのでたっぷり水分を含んで細胞の隙間を埋めてくれるヒアルロン酸は保湿ケアには欠かせない成分です。

ヒアルロン酸は元々私たち人間の体の中にある成分でヒアルロン酸1gに対して約6リットルもの水分を保持できるといわれています。

また、ヒアルロン酸の生産力は年齢とともに低下していき50歳を過ぎると生まれた時の何分の一まで低下してしまうそうです。

肌のメイン成分コラーゲン

肌は表皮、真皮、皮下組織に大きく分けて分かれており真皮の部分のメイン成分がコラーゲンです。

コラーゲンといえば今では美容には欠かせない成分の一つといってもいいくらい一般に浸透していますがコラーゲンも元々は体の中で作り出される成分の一つです。

しかしヒアルロン酸と同じでコラーゲンも20代頃をピークに年齢を重ねるほどに減少していくのでしっかりサプリや化粧品で補ってあげなければ真皮の構造が崩れ乾燥を引き起こします。

乾燥から肌を守る正しい保湿方法のポイント

ほとんどの方がクレンジング→洗顔→化粧水→乳液→保湿クリームとスキンケアを行っていると思いますがどの保湿方法にも押さえておきたいポイントがいくつかありますのでご紹介します。

クレンジング、洗顔は低刺激のモノ

保湿をしっかりしようと思っている方は洗浄力に強い洗顔料やタオルなどで顔をごしごしと無駄に擦るのはやめましょう。

特に目の周りや小鼻の周囲は皮膚が薄くちょっとした刺激でもシワや乾燥の原因になりますのでできればぬるま湯で優しく顔を洗う程度にしてタオルで拭くときも顔を優しく抑える程度で我慢しましょう。

お風呂上がりの時も同じで湯船で柔らかくなった肌をタオルでゴシゴシとふき取るのではなく優しく水滴を吸収させていくように使いましょう。

化粧水は成分に気を付ける

肌に潤いを与えるのに高い化粧水をちょびちょび使うより安い化粧品を大量にコットンパックなどで使うほうが良いなんてよく聞きますがこのお手入れ方法は乾燥もしていない健康な肌状態の時だけにしてください。

先ほど肌のバリア機能に関しても言いましたが、肌の細胞をサポートする成分が入っていない化粧水をザバザバと肌にたっぷりつけたりパックしても水分を満たすどころか必要な成分までも水分と一緒に逃がしてしまうことがあります。

化粧水をたっぷり使ってスキンケアをしていても全然保湿がうまくいかないと感じている方は一度使っている化粧水やオールインワンなどの成分をチェックしてセラミドやアミノ酸などが入っているか確認しましょう。

乳液や保湿クリームのお手入れ方法

基本的に化粧水や美容液で肌の奥までしっかりと保湿が完了したら水分が逃げださないようにしっかりと蓋の役割をする油性の成分を塗ることが必要になります。

ここで注意していただきたいのが肌なじみのいいオイルなどを含んだ製品で何回も何回も重ね塗りなどしてしまうと肌の中で保たれているバランスが崩れて乾燥を引き起こす原因となる事があります。

乳液や保湿クリームなど油性のスキンケア用品は必要最低限つけるだけで十分効果を発揮してくれますので乾燥を防ぎたいからと過剰につけるのはやめましょう。

ローヤルゼリーもっちりジェルの効果と1ヶ月使った本音の口コミ評価

2018.07.09

乾燥が気になる有名コスメをたっぷり使う!

肌を一刻も早くぷるぷるで健康的な状態にしたいからと乾燥肌に効果的といわれるスキンケア用品をアレもコレもといっぱい肌につけるのは逆効果です。

基本的に乾燥が目立ち始めた肌は角質層のバランスなど崩れており外部からの刺激に弱くなっている状態です。

そんな防御の弱い時に刺激たっぷりの新しい化粧品や化粧水などいっぱい使ってしまうと肌はアレルギー反応や炎症など起こしやすくなります。

保湿をしっかりしたい時こそ必要な成分だけをできるだけ低刺激でお肌に与えてあげることが大切です。

乾燥予防にも最適な保湿方法

ではここまでのまとめとして乾燥を予防しつつ保湿ケアを正しくするための方法をまとめておきます。

クレンジングは顔にかなりの刺激を与えるのでできるだけぬるま湯洗顔、化粧落としはミルクやクリームタイプなど過剰に落としすぎないケアを心掛ける。

化粧水はセラミドできればヒト型セラミドといわれるセラミド6やセラミド6Ⅱを含むもの、アミノ酸を含む化粧水でのケアがオススメで、水分量をしっかりと保持するのに必要なヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分も含まれていると肌を満たすケアは化粧水で十分できます。

乳液や保湿クリームは基本的に仕上げにつけるのがおすすめですが目安として書かれている量よりも多く使わないようにしましょう、厚塗り厳禁。

以上のようにいつもと同じスキンケア方法でもちょっとスキンケアの中身をよく見なおしてみるだけで保湿ケアは全然違ってきます。

何だかポイントがありすぎて面倒くさいという方は低刺激で手間も少なくスキンケアを完了できるオールインワンジェルもおすすめです。

【保存版】乾燥肌におすすめの保湿化粧品ランキング

2017.12.18

最後に

乾燥肌は化粧ノリは悪くなるし、色むらは目立つシワやたるみまで引き起こす厄介な問題です。

しかし特に乾燥が気になる顔などは毎日のスキンケアの内容と方法を見直すだけでより高い保湿効果が得られますので今のスキンケアに満足していないという方は使っているコスメの成分などチェックしてみるのもいいかもしれません。

ちなみに肌のバリア機能をサポートする成分としてアミノ酸など紹介しましたがスキンケア用品だとローヤルゼリーなどとして含まれていることが多いので注意してみてみるといいと思います。

セラミド6、セラミド6Ⅱについては成分表にも出ていますのでわかりやすいと思いますし、セラミド6はシワの予防改善などエイジング作用も期待できるのでぜひとも押さえておきたい成分といえるでしょう。

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。




気になる毛穴のケアに
【完全保存版】毛穴スキンケア化粧品ランキング

毛穴の黒ずみ・ごわつき・ざらつき・たるみに効果的な化粧品だけをピックアップして比較しました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。