日焼けによるダメージはアフターケアが重要

日焼けによるダメージは放置しているとシミやシワなど肌老化を加速させる原因になります。

今回はうっかり日焼けしてしまった時に知っておきたい日焼けダメージのアフターケアを紹介します。

⇒プロが選ぶ本気の日焼け対策はこちら

日焼けが問題になる理由

日焼けが美容面で悪影響を及ぼす理由は日差しに含まれている紫外線などの波長による影響が原因です。

太陽光には紫外線や可視光、赤外線などの様々な波長を持ったエネルギーが含まれていて肌老化を起こす原因と言われているのはこの中の紫外線です。

太陽光に長時間晒されていると肌は紫外線などのエネルギーによって日焼けという火傷状態に近い肌状態におちいります。

日焼け状態になると肌表面は赤くなりヤケドに近い状態となり、肌内部では紫外線によって傷つけられた肌細胞が異常を起こしたり、これ以上紫外線によるダメージを肌細胞内に進めないためにメラニン色素の生成が促進されます。

このように日焼けによって肌表面はやけどを負い、肌内部でも肌細胞の異常やメラニン色素の促進などが起きるため日焼けが問題となるのです。

日差しには色々な波長が含まれている


引用元:日本セーフティ・タンニング協会

 

先程少し触れたように太陽光には様々な波長のエネルギーは含まれています。

肌老化の原因となるのはその中の紫外線で、紫外線もUV- AとUV- Bという2種類が含まれています。

UV-AとUV-Bはそれぞれ波長が異なるため肌の中に届く範囲も違ってくるのでそれぞれ違った肌への影響を与えます。

UV-AはBに比べて太陽光の中に含まれる割合が多くシミなどの原因となることも分かっているためしっかり対策をすることが重要です。

UV-AとUV-Bによるダメージとは


先程から出てくるUV-AとUV-Bですがここでは少し詳しくそれぞれの影響などを紹介します。

UV-A

UV−Aは光老化と言われる紫外線によって引き起こされるシワやシミたるみなどを起こす原因と言われています。

UV-Aは地上に降り注いでいる紫外線の9割近くを占めている紫外線で肌老化の原因の大半を占めていると言えます。

降り注ぐ量も多ければ肌内部に到達するエネルギーも多く持っているためUV-Bよりもより肌の深いところへ透過し肌細胞へ影響を与えます。

UV-Aだけでは日焼け独特の炎症などを起こしにくいため気づいたら日に焼けていたというパターンが多いのが特徴です。

UV-B

UV−BはAと比べると太陽光中に含まれている割合も少ないですが、それでも肌への影響力を持っています。

UV-B はAとは違い肌表面に対して影響をあたえることが分かっています。

UV-Aが真皮層まで届いて細胞などに影響をあたえるのに対してBは肌表面付近の角層や基底層に影響を与え肌表面に炎症などを引き起こします。

一般的に肌が赤くなり日焼けしたという状態はUV−Bにより表面に炎症が起きて、肌内部でAによる細胞への影響が起きているといえるわけです。

日焼けによるダメージのケア法

日焼け部位を冷やす


まず日焼けしたらはじめにしたいケアが「冷やす」ことです。

先程から何度か言っているように日焼け状態は肌の軽度の火傷状態だと思ってください。

紫外線によって肌表面が赤く炎症を起こしている時は炎症部位を沈静化させるためにまずはアイスノンなどに薄いタオルやハンカチを患部に当てるようにしましょう。

保冷剤などキンキンに冷えた物を直接肌に当てると肌とくっついたりトラブルの原因となるので使用する際はガーゼやハンカチなど薄手の布で巻いてから当てるようにしましょう。

抗炎症成分で鎮静化

軽度の日焼けの場合はスキンケアとして抗炎症成分が含まれているものを使うのがおすすめです。

日焼けによって赤くなっている肌はかなりのダメージを負っている状態なので刺激が少なく抗炎症成分を含むタイプの化粧水などを優しく塗ってあげると炎症を治めるのに効果的です。

保湿で乾燥を予防


日焼け状態の肌は肌のバリア機能などもダメージを受けているため乾燥状態が進んでいます。

そのため日焼けした後は低刺激性の保湿効果が高いスキンケア用品でケアしてあげることが重要です。

管理人のおすすめとしては敏感肌など若干の炎症を起こしている肌でも使えるミノンやディセンシアの「つつむ」などがおすすめです。

肌のターンオーバーを促進


日焼けがだんだん落ち着いてきたら今度はシミの原因となるメラニン色素を肌内部に停滞させないために肌のターンオーバーを促進させるケアが必要です。

肌のターンオーバーを促進させるのに必要なのはしっかり保湿することと、肌の代謝を高めることです。

肌の代謝は20代を過ぎると徐々に低下しやすくなるため30代以降の方はプラセンタなどの肌代謝を根本から促進する美容成分をサプリや化粧品で積極的に補うようにしましょう

⇒肌代謝アップ系のプラセンタサプリはこちら

メラニン抑制成分を活用


ヒリヒリした肌表面の炎症が落ち着いたら早急に初めたいのがメラニン色素を抑制する美白成分が含まれた化粧品でのケアです。

管理人
この美白有効成分が含まれている美容液などでケアするかしないかで5年後のあなたの顔は大きく変わります。

 

目元を中心に顔の凹凸部分の凸部分は特に集中的に紫外線を浴びやすいため丹念に美白美容液などでケアするようにしましょう。

日焼けによる影響は1年後など忘れた頃に一気にドッと現れて見た目連例を急上昇させるので、シワやシミだらけの老け顔になりたくない方は肌が落ち着いたらすぐに美白ケアに移行しましょう。

塗る日焼け止めだけでは完全に防ぎきれない

日に焼けるとシワやシミができるから毎日しっかり日焼け止めを塗っているのに気づくと日焼けしている…そんな悩みありませんか?

実は日焼けって顔や腕ばかり中心に考えていますが全身日に焼けます、頭の頭皮も日に焼けますし、もちろん唇だって日に焼けます。

しかし塗る日焼け止めだと唇に塗るわけにいかないし、毎日体の隅々までケアするのって正直無理ですよね。

管理人
そこで活躍するのが飲む日焼け止めです。

 

飲む日焼け止めは1日に決められた量を毎日飲むだけで継続するほど紫外線による影響を受けにくい体質に近づきます。

日本と離れ紫外線の多い赤道付近の海外の人たちが元気に暮らしていられるのも、飲む日焼け止めに含まれている特殊な成分が含まれる食べ物を日常的に摂取しているからなんです。

飲む日焼け止め紫外線の影響が強い地域の人の食習慣などを参考に紫外線に対して効果を発揮する成分を配合することで、飲むだけで全身の日焼け対策が出来ます。

毎日毎日、腕や顔体中に日焼け止めを塗ったり、塗り直したりする手間が一切ないので新しい日焼け防止対策として注目されています。

本気で日焼けを防止するなら

地上で生きている以上は絶対に紫外線の影響からは逃げることは出来ません。

では紫外線と上手に付き合っていくためにはどうしたら良いかというと、塗る日焼け止めを活用するのはもちろんオススメですがプラスして飲む日焼け止めも使ってあげるとより効果的です。

塗る日焼け止めでカバーしきれない頭皮や唇、耳や首筋などちょっとした露出部分もしっかりガードできます。

飲む日焼け止めの注意点としては飲み続けることで効果を発揮するため1週間続けて止めてしまったりするとあまり効果は得られません。

この夏本気で日焼けを防止したいなら塗る日焼け止めと飲む日焼け止めのダブル使いは絶対にチェックしておくべき日焼け対策と言えるでしょう。

【保存版】飲む日焼け止めサプリおすすめランキングTOP3

2018.09.21

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。

ABOUTこの記事をかいた人

コスメコンシェルジュ・美容家のYURIEです!女性の健康と美容の両面をサポートする商品などを医学や美容の知識をもとにSNSなどで紹介しています。アットコスメのビューティースペシャリストとしても活動しています。日々のスキンケアからメイク方法まで女性の美と健康に関するサポートをします。