日焼けがおきる原因と正しいスキンケア

日焼け原因と日焼けした後に行うべき正しいスキンケア方法をコスメコンシェルジュの管理人が解説します。

日焼けが起きる原因

日焼けは紫外線を浴び続けることで肌に炎症(サンバーン)が起き、その影響で肌細胞の中にメラニン色素の生成が促進されて結果として肌に色素沈着(サンタン)が起き、黒くなるいわゆる日焼け状態になります。

日焼けは皮膚に紫外線が当たることで起きる急性の皮膚障害の一種になりますので程度やその人の肌質によっては重症化することなどもあるようです。

日焼けによって肌が赤くヒリヒリする状態をサンバーンと言い、日焼け後しばらくして皮膚が剥けたり黒く色素が沈着するのをサンタンと言います。

詳しくは次の項目でそれぞれ紹介していきます。

日焼けの症状と種類

ヒリヒリ痛いサンバーン状態

サンバーンと言う言葉を聞いたことがある方は一般の方だとあまりいないかと思いますが、日焼けと深いかかわりがある皮膚の変化です。

サンバーンは別名日光皮膚炎とも言われており紫外線に当たることで紫外線の中に含まれているUV-B(中波長紫外線)によって肌に発熱・痛み・発赤・水ぶくれなどを起こす状態を言います。

管理人
一般的に日焼けの直後や1日後などの日焼けした部分が赤く熱を持っている状態がサンバーンだと思ってください。

 

日光皮膚炎と言われることからも分かるように強い日差しに当たることで皮膚が炎症を起こしている火傷のような状態なのでその後のスキンケアが重要になってきます。

黒く色素沈着を起こすサンタン

次に日焼けで重要になるのが赤く火照った時期を過ぎたら今度は皮膚が黒く色素沈着を引き起こした状態であるサンタンという症状が出ます。

実はサンタン(色素沈着)を起こすのはサンバーンを引き起こすUV-Bではなく紫外線に含まれているUV-A(長波長紫外線)によるものなんです。

UV-AはUV-Bと違い肌の奥深くに存在する基底層部分のメラノサイトに刺激を与えてメラニン色素の生成を促進させてしまう効果があります。

よく日焼けによってシミやソバカスができるというのはこちらのサンタンが深く関係しているんですね。

日焼け後に押さえておきたいスキンケア

1 日焼け直後はクールダウンが必須

紫外線などによって日に焼けた状態のお肌は炎症を起こしている状態です。

そのため赤くなっている場合はなるべく早くに冷水や低刺激タイプの化粧水を冷やしたものを使って日焼け部分をクールダウンさせましょう。

日焼け直後のお肌はかなり敏感になっているので、できれば色々と成分がタップリ入っているものではなくアベンヌウォーターなどの水に近いタイプの化粧水を使うのがおすすめです。

2 72時間以内に美白ケアは徹底する

日焼けしてからの72時間の間にしっかりと美白対策を行うことが非常に重要です。

日焼け後72時間は紫外線によって活性化されたメラニン色素が働きだしてシミの原因を作り出すまでの時間です。

そのため日焼け後の72時間以内にしっかり美白スキンケアを行っていたかどうかでシミやソバカスの増加の具合が変わってきます。

オススメのケア法は美白系サプリと美白系スキンケア用品のダブル使いで内側と外側両方からケアするのがおすすめです。

3 肌の修復に必要な栄養を摂る

日焼けによって肌がダメージを負うとダメージを受けた部分を排出するために肌のターンオーバーが起きて脱皮するかのように皮が剥けます。

その為肌を修復・生成するための栄養が沢山必要となるため日焼けをスムーズにケアするには肌に必要な栄養をたっぷり取る事が大切です。

肌の修復や再生にはたんぱく質やアミノ酸などが大量に必要となるため、コラーゲンドリンクやプラセンタサプリなどアミノ酸類とビタミンなどがバランス良く配合されたサプリを積極的に摂るのが効果的です。

美白サプリの正しい選び方|シミ・そばかすを防ぐランキング

2018.03.11

日焼け後に避けたいスキンケア

日焼け後にしておきたいスキンケアがあるように、日焼け後に避けたいスキンケアもあるので紹介します。

1 熱めのお風呂は避ける

汗をいっぱいかいてしまうとお風呂に入ってサッパリしたくなりますが、ここで注意したいのがお湯の温度です。

お風呂って意外にも熱めの温度設定にしている方が多く、日焼け後のお肌には追加ダメージになってしまう恐れがあります。

管理人
日焼けして肌が赤くなっている場合はお湯の温度は少し低めの37〜39度くらいを目安にするとお肌への負担を減らすことが可能です。

 

シャワーも同じで日焼けした状態の肌に当てる時はいつもより少しお湯の温度設定を下げて使用するのが最適です。

2 刺激の強いケアはNG

日焼け後の肌はとにかく敏感になっていていつもは平気なケアでも痛みを感じたり肌荒れを起こす場合があります。

その為肌への刺激や負担が大きいピーリングやスクラブなどのスキンケアは日焼けが治るまでの間は避けるのがおすすめ

ついつい日焼けした部分の皮が剥けてくるとピーリングで一気に剥がしてしまいたくなりますが、それをすると肌が無防備で外敵からのダメージを受けやすい状態となります。

ピーリングやスクラブなどの肌に負担がかかるケアはしっかり日焼けがなお手からが鉄則です。

3 ナイロンタオルでゴシゴシ洗わない

夏場は特に身体が皮脂や汗、日焼け止めなど色々な成分でベタベタになるので体を洗うナイロンタオルでゴシゴシしたくなりますよね。

けどこのナイロンタオルで身体をゴシゴシするのはとても肌への負担が大きく、日焼け部分にダメージを追加してしまう可能性があるので日焼け部分を洗う時は素手で洗うなど摩擦が少なくなるようにしましょう。

日焼けしないために紫外線から肌を守るには

日焼け止めを塗るとモノによっては肌が白く浮いてしまったり暑さで汗と一緒に流れたりと悩ましい部分もありますよね。

日焼け止めを2時間おきに塗りなおすのが理想と言われるほど完璧にしようとするとかなり手間がかかります。

管理人
そこで活躍するのが飲む日焼け止めと言われている日傘サプリと言われるものなんです。

 

私自身も耳やうなじなどどうしても日焼け止めを塗りにくいい部分がサンバーンを起こしたりして辛い思いをしていたので今年は思い切って日傘サプリを活用しています。

日傘サプリは成分として含まれているニュートロックスサンという成分が体の中で紫外線によって引き起こされる酸化反応を防いで日差しに対して強い肌を作り出してくれます。

日傘サプリも最近では種類がかなり増えましたのでどれを選べばいいのかよく分からない、色々比べてみたいという方は私が実際に使用して感じた口コミなどまとめたランキングがあるのでそちらを参考にしてみてください。

【保存版】飲む日焼け止めサプリおすすめランキング!(比較検証済)

2017.06.17

まとめ

日焼け後のケア方法

状態 対処法
サンバーンが起きているとき 十分な水分補給とサンバーンを起こしている部分は刺激の少ないものでしっかり保湿
サンタンが起きているとき 皮が剥け始めたらとにかくメラニン色素を抑制する美白系化粧品を使ってケアしましょう

基本的には日焼けをしてしまったらこの2つのケアがポイントとなりますので万が一日に焼けてしまったらアフターケアだけはしっかりやっておいた方が良さそうです。

日焼けを放置しておくとシミやシワといった光老化をどんどん進ませる要因にもなります。

日焼けや紫外線の影響は忘れたころにシミやシワなど老化として目に見える形で現れますので徹底したケアが必要です。

管理人
最近では飲む日焼け止めなども出て以前よりも紫外線を防ぐ方法を増えましたので夏本番が来る前にしっかり日焼け対策を準備しておいてはいかがでしょう。