OSHIDEの磁気まつ毛は使えるのか本音の口コミ

AmazonでもおなじみのOSHIDEですが、今回はOSHIDEから販売されている極薄磁気まつげを実際に購入して使い方やリアルな口コミを紹介したいと思います。

接着剤などを使わずに磁石で手軽に装着できるという噂の磁気まつ毛、実際にそんな簡単に使うことはできるのでしょうか、使えるか使えないか早速チェックしていきたいと思います。

今回購入した磁気まつげ

今回管理人が購入したのはAmazonで販売されていたOSHIDEの磁気まつげで、8ペア入り全部で16枚タイプのものになっています。

Amazonレビューを見るとまつ毛が直線過ぎて使えない!などの評価があったので実際に届いて使うまでドキドキしました。

実際に磁気まつ毛を使ってみよう

購入してから届くまで


2月16日に注文して届いたのが3月10日前後くらいだったので注文してから手元届くまではかなり時間がかかります。

特に中国などで正月やイベント事がかぶると日本国内へ入って来るまでにかなり時間がかかるそうなので使用予定よりも2~3週間早めに到着するよう余裕を持ったほうが良さそうです。

届いたら全てケースが壊れてました


8ペアセットで1,967円とお安かったので今回購入しましたが、実際に届いてみるとやはりと言うか…磁気まつげが入っているケースが全て壊れていました。

ケース自体はコンパクトみたいな形で下の部分が磁石がつくように鉄っぽい素材になっています。

壊れていたのはコンパクトのフタを繋ぐ部分の蝶番みたいになっているところで、全て本来は2本鉄の棒が入って固定されているものが鉄の棒なしでパカっとフタが丸々外れてしまう仕様になっていました。

磁気まつげの種類は良かった

今回注文したセットは全部で4種類のつけまつげのタイプが入っていました。

クロスタイプ ロングタイプ ナチュラルタイプ 束感タイプ

 

それぞれ仕上がりの印象が違うつけまつげが入っているので服の雰囲気などに合わせて選べてセットの内容的には満足でした。

つけまつげの毛の口コミ

磁気まつげでも大事なのがつけまつげの毛の部分の素材感などですよね、プラスチック感が強いとテカテカして不自然な仕上がりになることもあるので管理人自身もかなりつけまつげの毛にはうるさいです。

実際に届いたOSHIDEの磁気まつげを取り出してみると3Dつけまつげと書かれていたように毛1本1本が細くてプラスチック感もなくかなり良い感じでした。

磁気まつげの毛質は全然問題なかったのですが、毛質のチェックをした段階で感じたのは磁石が大きすぎない?と感じました。※この磁石が後々厄介な事態を引き起こします…

磁気まつげをまつげにつけてみる

磁気まつげの毛質チェックも無事に終わり磁気まつげ自体には大きな問題はなかった(1つを除いては)ので早速自分のまつげに装着していきたいと思います。

下準備

まず、アイメイクを完成させてまつげは軽くマスカラをしてビューラーであまり強くカールがつかないようにゆるく上げておきます。

いざ装着

一応ピンセットを準備、磁気まつ毛の上パーツをもって自まつ毛の上に取りあえず置く、そして手で磁気まつげの下パーツを持って近づけると…

パチンっと結構しっかり磁気まつげ同士がくっつきました!しかし見て分かるように目が大変なことになっているのが分かると思います。

管理人
あぁ…レビューで書かれていたまつげが直線ってこの事か…と納得。

 

下準備②


開封してそのまま付けるとまつげに海苔がくっついたように異様な状態になるので、取りあえず磁気まつげをグネグネと曲げて柔らかく曲線を描くようにしました。

いざ装着②

またつけてみると…あ!今度は直線にはならなかったけどまつげの生え際から離れすぎて、これまた変な事になりました。

磁気まつげをつけようとすると上パーツを最初にまつげの上に乗せておいても下パーツを近づけると予期せぬところでパチンとくっついてしまうんですよね…

しかも、つけて見て分かりましたが磁気部分が思ったより大きく接着部分が白っぽくなっているので磁気部分が遠くから見てもモロバレ!これはなにか対策を練らねば…と思い取りあえず磁石を目立たなくすることに。

下準備③

磁石は普通のつけまつげにテープと接着剤みたいなもので止められているだけなので、白っぽくなって目立っていました。

まずマッキーペンで磁石を黒く塗りつぶして見ると意外にも付けてみるとあまり目立たなかったのでこのマッキー塗りつぶし作戦で行くことにしました。

磁気まつげを一通りマッキーペンで塗りつぶしたら後はひたすら付けるのみ!ピンセットで付けようとすると磁気がピンセットについて取れなくなるので頑張って手で持ってトライしました。

いざ装着③

結果から言うと、磁気まつげをカットせずにそのまま大きい状態で付けるのは自まつ毛がフッサフサのスーパーロングの方でないと無理と思われます!

管理人も自まつ毛は1cm以上あるので短い方では無いですが、カットせずに付けると違和感だらけの仕上がりにしかなりませんでした。

磁気まつげ攻略法

磁気まつ毛げをキレイに装着するためには目全体を覆うフルタイプのつけまつげではなく、目頭のみや目尻のみなどカットして使うのが良さそうです。

実際に管理人は購入したフルタイプの磁気まつげを目尻側の磁気2つを残すようにカットして使ってみるとかなり自然な出来上がりになりました。

海外製品なので磁気まつ毛自体がかなり長さがあるのでカットしても磁気2つのものと、磁気1つのものとして部分つけまつげとして使えます。

磁気まつげの付け心地

従来の接着剤で付けるタイプだと管理人はとにかく涙が出やすいのでいつも目頭の方から剥がれていました。

その点、磁気まつげは涙とか関係なく磁力でくっついているので全然剥がれず平気で使えます。

管理人
ですが、磁気をつけまつげ1枚につき2枚~3枚ついていて、それを自まつげを挟むように上下につけるため、かなりまつげが重く感じます。

 

雪がよく降る地方の方だと分かると思いますが、雪がまつ毛にずっと乗っているような感覚です。

慣れるとあまり気にならないですが、初めて使った時はチクチク感とかは無いですが、まぶたがちょっと重いような感覚になると思います。

磁気まつげの使い方まとめ

磁気まつげの使い方はちょっとしたコツも必要なので動画で詳しく解説しています、時間がある時に参考にしてみてください。

  1. 磁気まつ毛を自分の目の幅に合わせてカットする。※磁気がそれぞれのまつ毛の端に必ずつくようにカットすること
  2. 磁気まつげにカーブを付けるため磁気まつげの両端を持ってグネグネと柔らかくする
  3. 磁気まつげの上に来る方を自まつげの上に乗せる
  4. 磁気まつげの自まつ毛の下にくる方を指で持って目尻の方から磁気を1つずつ付ける
  5. 目のキワから離れてついて場合は磁気を1つずつ剥がして付けるを繰り返し微調整
  6. 最後にビューラーで軽く自まつ毛ごとカールして完了

磁気まつげの外し方

商品にもよりますが管理人が購入したOSHIDEの磁気まつげはかなり磁気が強力で1度くっつくとなかなか外れません。

無理やり外そうとするとまつ毛が抜けたりまぶたにダメージとなるので、外す時は磁気まつげ同士を逆方向にスライドするようにして外します。

両端の磁気部分を持って左右逆側にスライドさせるとすんなり外れるので是非試して見てください。

磁気まつげがおすすめな人

  • 自まつ毛が太くて長い
  • つけまつげの接着剤アレルギー
  • まつエクなど付けるのが苦手
  • 手軽に目元の印象を変えたい
  • 自まつ毛にコシがある

磁気まつげを使うには根本的に自まつ毛がある程度しっかり上向きにカールして垂れない必要があります。

弱々しくコシのない自まつ毛だと磁気まつげの重さに耐えられなくて時間とともに磁気まつ毛が垂れてきます。

管理人
磁気まつげを使いたい方は日頃から自まつ毛のケアを欠かさずに行っておくことが必要です。

自まつ毛とまぶたを一気にケアするなら

磁気まつげを使うにも普通のつけまつげを使うにもとにかく重要なのが、土台になる自分自身のまつ毛をしっかりケアすることです。

つけまつげやまつエクはまぶたの皮膚やまつげに大きなダメージを与えると言われています。

管理人が愛用しているのが目元周辺のアイケアとまつげのケアが両方いっぺんにできる「目元とまつ毛のご褒美」です。

目元とまつ毛のご褒美はアイクリームなんですが、そのまままつ毛にも塗ることでまつ毛のケアが出来ます。

一々アイクリームとまつ毛用ケア用品を買い揃えなくて済むのでコスパもよくインスタなどSNSで若い人を中心に人気です。

キャンペーンページから購入すると初回980円で買えるところも大きな魅力です。

⇒目元とまつ毛のご褒美のレビューはこちら

まとめ

磁気まつげは海外では大流行中とのことですが、残念ながら日本人のまつげのように細く下向きに生えているタイプの方には使いにくいと思います。

磁気まつげはつけまつげに細長い板状のマグネットがついているので、どうしてもマグネット部分が直線になり目元のカーブから浮きやすくなります

そのため、目元全体を覆うフルサイズの磁気まつげを自然な状態で付けるのはほぼ無理だと思います。

自然な形で付けたい場合は、磁気まつげをカットして部分的に目尻や目頭などにつけるのがオススメです。

悩み別おすすめアイクリームランキング【コスメコンシェルジュ監修】

2017.10.20

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です