アイクリームはいつから始めるのが正解?

多くの方が気にしているアイクリームいつから始めるべきかという問題。

いつかはアイクリームを使って少し本格的なスキンケアを始めておかないと後々シワやシミでおばさんくさくなるのは嫌だし…と悩んでいる方が多いと思います。

年齢とともに気になり始める目元の小じわやたるみと言った肌の老化を防ぐためにもアイクリームを始めるべき年齢やアイクリームの種類などをまとめみました。

目元ケアはいつから始めるのが正解か

年齢を重ねるごとに変化するのがお肌ですが、中でも目元や口元は皮膚が薄いこともありかなり早い段階で老化が始まります。

今回の題材でもあるいつからアイクリームなどを使った本格的なアイケアを始めるかというと、20代後半から30代前半に入ったらアイクリームなどを使ってしっかりケアを始めることをオススメします。

お肌は20代までをピークに30代に入るとどんどん美容成分の生成機能などが低下することによってハリが低下したり、くすみが気になりだしたりと老化が現れやすくなります。

管理人
すでにシミやシワが出来てからケアを始めるのでは正直遅すぎます。

 

肌表面に老化が現れる前である20代後半から30代前半の内にしっかりケアすることで目元の老化を食い止めることが可能になるのです。

アイケアは始める年齢とかかる金額は比例する

管理人がコスメコンシェルジュとして色々なアイクリームや肌質の方を見てきましたが、アイケアを始める年齢が高いほど比例してかかる金額も高額になる傾向があります。

例えば20代後半からアイクリームを使ったケアを始める場合はまだ肌の老化も始まっておらず軽めのケア用品でも十分サポートが可能なため5,000円前後のアイクリームでも十分ケアが可能です。

これが40代、50代から始めるとなるとすでにシワやシミが目元に出てきているものをケアしていかなければならないので、本格的なアイケアをするにはアイクリームだけでも1万円以上かかる場合が多くなります。

このようにアイケアは始める年齢が高くなるほどスキンケアにかかるお金も高くなるので効率よくケアを始めるには老化が始まる20代後半には始めておきたいですね。

目元の老化始まるメカニズム

目元の老化がどのようにして起きるかを知るには少し肌の構造について知る必要があるので簡単に肌の構造を紹介したいと思います。

肌は表皮と真皮が重要

肌の大きな構造としては表面近くを構成している表皮部分と表皮の下の部分を構成する真皮部分があります。

表皮部分は肌のバリア機能やセラミドやNMF(天然保湿因子)などが活発に働いており、肌の中から潤いが逃げるのを防いだり潤いを保つ役割があります。

真皮部分は約70%がコラーゲン繊維で出来ておりそのコラーゲンをつなぎ合わせるためのエラスチン繊維や隙間を満たすヒアルロン酸で構成されています。

そのため肌の弾力やしなやかさなどの肌の若々しい印象を左右する要因は真皮部分が深く関係している事がわかると思います。

シワからたるみへ進化する

目元の老化と言うとやはりシワやたるみが悩みでも多いですよね。

実は目元のシワやたるみは急にできるのではなく、少しづつ過程を経て老化が進んで行くのです。

第一段階 表皮性のシワ

目元老化の第一段階は表皮性のシワ、つまり乾燥によってできる乾燥小じわやちりめんジワとなどの比較的浅いシワです。

乾燥小じわとかって乾燥によって出来ているだけで、季節がまた変われば自然に治ると思っている方がいますが間違いです。

乾燥小じわなどは潤いが不足している状態で表皮の表面近くである角層が厚くなり柔軟性が失われている状態です。

管理人
つまり乾燥によるきっかけが原因で肌の中の状態が老化し始めている状態といえるのです。

 

この時期に早めにアイクリームなどでケアしておくと老化を緩やかにすることが出来ますが、放置してるとどんどんシワが加速していくので注意が必要です。

第二段階 真皮性のシワ

第1段階の浅いシワの状態が進むと次に進むのが表皮を超えて更に奥の真皮へと影響を及ぼす深いシワです。

多くの女性はこの深いシワが出来て初めて慌ててアイクリームなどでケアを始めますが、真皮までシワが及んでいると時間もお金もかかります。

管理人
真皮性のシワは加齢や紫外線などの影響でコラーゲンやエラスチンがダメージを受けることで弾力やしなやかさがなくなりシワとして現れます。

 

ケアをするには真皮まで働きかけるようなケアが必要となるため多くは美容皮膚科などでの施術が必要となる場合が多いです。

第三段階 たるみ

浅いシワから始まったこの進化も最終段階に入るとシワではなくたるみとして表面に現れます。

よく60代や70代の女性で目の下がブルドックのようにたるんで老けて見える方がいると思いますが、それは今回紹介した第一段階と第二段階を経てなった姿です。

管理人
たるみまで行くと正直市販で販売されているアイクリームではせいぜい第二段階の深いシワに戻すのが精一杯と言えるでしょう。

 

第二段階い戻すだけでも1本1万円近くする高機能アイクリームで毎日ケアして1年ほどかけてやっとたるみが少し改善してきたくらいの変化が精一杯だと思います。

目元の老化を防ぐには

目元の老化がなぜ起きるのか順を追って解説しましたが、目元の印象を老けて見える原因であるシワやたるみを予防するには乾燥小じわなどの小さいちりめんジワなどが出始めたらすでに危険信号です。

多くは20代後半ころから肌の機能が少しづつ下がり始めるのでこの時期から細かな乾燥小じわなどが出来始めると思います。

この浅いシワの内にしっかりアイクリームなどを使ってケアができればその次の段階の深いシワやたるみに発展するのを防ぐことができるのです。

20代後半にオススメなアイクリームは


比較的まだまだお肌にハリや潤いがある20代後半から使うべきアイクリームはアイキララです。

アイキララはくすみ系の色素沈着などの肌トラブル改善に強いアイクリームで20代の悩みに多い目の下のくすみ対策にも効果的です。

アイキララは医学雑誌にも掲載されるなど理論に裏打ちされた本格派アイクリームなのにお試しコースを利用すると3,000円以下で買えるので、アイクリームにお金をかけるのはちょっと…という方にもおすすめです。

愛用者の口コミ

1万円のアイクリームでも全く消えなかったクマが完全に消えることはなかったけど、薄くなりました。ただ、シワへの効果はあまりなかったです。

引用元:@COSME

▶▶アイキララのレビューはこちら

30代からのアイクリームは少し本格志向

20代と比べるとハリや弾力が少しづつ低下し始める30代、お肌の変わり目の時期だからこそ使いたいのが少し本格派思考のアテニア アイ エクストラ セラムです。

アテニアのアイクリームはアイキララと比べるとエイジング効果が高く、30代ころから現れ始めるまぶたの痩せや目尻の小じわ対策に向いています。

価格もアイクリームの中では安めのセット初回価格が3,000円台という事もあり愛用者の多くも30代前後の若い女性が多いのが特徴です。

愛用者の口コミ

2ヶ月ほど使用していますが涙袋がふっくらしてきた気がします。お手入れ方法や目元のリンパに効くツボ押しなど丁寧に記載があり毎日続けています。

引用元:@COSME 

▶▶アテニアアイクリームのレビューはこちら

40代以降は本格ケア


40代以降のすでに何らかの目元トラブルが起きているであろう世代にオススメのアイクリームは今までのアイクリームよりも本格派ケアが売りのBA ザ アイクリームです。

正直価格が1本2万円オーバーとかなりの高級アイクリームですが、その分効果は他のアイクリームと比較しても圧倒的です。

シワやくすみ、たるみと言った年齢特有の目元トラブルを肌の中からケアするので使い続けるほど活き活きとした目元へ蘇らせます。

目元の状態にもよりますが毎日しっかりアイクリームを使ってマッサージなどケアを続ければ半年ほどでかなり目元の印象が変わってきます。

愛用者の口コミ

高いけど本当に効果あります。目がぱっちりしました。たるみが薄くなりました。3本目のリピートですがずっとこの化粧品を使っていこうとおもいます。

引用元:@COSME 

▶▶BAアイクリームのレビューはこちら

女ホル編集部注目のアイクリーム

ここまでは年代別に最適なアイクリームを紹介してきましたが、番外編的な感じで女性ホルモンの神様編集部が今一番注目しているアイクリームを少し紹介します。

今1番熱いアイクリームは資生堂から販売されているエリクシールシリーズのリンクルクリームです。

2017年に発売されたPOLAのリンクルショットにつづいてシワへの効果が認められた美容業界大注目のアイクリームとして話題になりました。

その効果はもちろん選んだ1番の理由は価格の安さです!

リンクルショットは1本20gで16,000円ほどしますが、リンクルクリームは15gで6000円ほどとその価格は半分以下!

実際に使ってみた実感としても毎日使い続けることで確かに細かなシワはかなり目立たなくなりました。

最近ではリンクルクリームに更に美白効果がプラスされたタイプも発売されるなどシワ対策アイクリームがかなり盛り上がっているので美容好きの方は是非チェックしてみてください。

ポーラ?資生堂?シワ改善にはどちらの化粧品がオススメ?徹底比較

2017.07.03

まとめ

アイクリームを使ったケアはいつから始めるべきか…その答えは「20代後半から」が正解です。

アイケアは始める年齢が遅いほどケアにかかる時間もお金も高くなりますので、とにかく小じわが気になりだしたらスグにアイクリームを使って少し丁寧にケアしてあげましょう。

管理人
最初は小さなシワだったのが年数とともに深いシワになり、そして最後には大きなたるみへと進化します。

 

50代、60代になった時に目元がぱっちり活き活きとした明るい目元を保てるようにアイクリームを使ったケアがまだの方はこの機会にアイクリームを使ったケアも検討してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です