アヤナスとつつむの違いとは?気になる効果について

これからの時期に気になるのが花粉や紫外線によって起こる肌荒れや敏感肌ですよね。

冬の間は保湿力に特化したオールインワンなどで乗り切っていた方も肌の状態によっては敏感肌用のものに変えなければならなかったりします。

今回は敏感肌用ブランドのディセンシアから販売されているアヤナスつつむ違いや実際に使ってみてわかった効果などについてまとめます。

アヤナスとつつむそれぞれの特徴とは?

それではアヤナスとつつむはそもそもどのような特徴がある商品になっているのかというところからチェックしていきましょう。

アヤナスの最大の特徴はプレミアムエイジングケア

アヤナスの最大の特徴はストレスによって揺るがない溢れ出す美しさを思いのままに肌も心も両方美しくなれる化粧品として販売されています。

ストレスによってダメージを負った敏感肌にエイジングケア成分をしっかりと効かせるスキンケアが自宅で簡単にできます。

なぜそんな踏み込んだケアが自分でもできるのかというと

アヤナスに採用されている独自技術
  1. ストレスバリアコンプレックス
  2. ヴァイタサイクルヴェール
  3. リラックス効果のある天然植物エキス
  4. エイジングに特化した5つの成分

これらのディセンシア独自の研究と開発によって得られた技術を使用することで誰でも簡単に敏感肌のエイジングケアが自宅でできるようになるのです。

アヤナスを実際に使用した口コミ・体験談はこちら

つつむの特徴は敏感肌が自ら輝く力を作り出す

アヤナスとは違い「つつむ」はとにかく敏感肌で普通の化粧品を使うと沁みる、乾燥が酷くて痛いといった超敏感肌の方を「つつむ」を使うことで肌の元々持っている力を育むことを目的としています。

アヤナスとの違いはバリア機能が低下している敏感肌状態を理想的な肌へと導くための成分が入っている事です。

つつむに採用されている独自技術
  1. ヴァイタサイクルヴェール
  2. 外部刺激をブロックするベントナイト
  3. 人体にあるものと全く同じのヒト型ナノセラミド
  4. 水分の蒸発を防ぐエモリエントプール成分

このような敏感肌を健やかな肌に導くのに欠かせない成分がグッとバランスよく配合されています。

つつむを実際に使用した口コミ・体験談はこちら

アヤナスとつつむの口コミ評価の違いとは

アヤナス トライアルセット

ローションはとろみ系で肌に馴染んでしっとりします。
乾燥肌には嬉しいです。
香りも穏やかで好きです。
美容液も浸透力が高くてスーッと入ってきます。
毛穴が目立たなくなるような気がします
クリームはしっかり蓋をする感じの濃厚なクリームですが
べたつかず、こちらも浸透早かったです。

37歳 乾燥肌 引用元:@COSME

アヤナス トライアルセット

ヒト型セラミド配合のスキンケアラインを使ってみたくてトライアルセットを購入しました。

とろみのある化粧水で、浸透もそこそこ良く、肌に刺激も感じず、好感触でした。

良い香りに癒されてのスキンケアタイムは楽しい( ´∀`)

おでこの小じわと、生え際がカサカサして痒かったのが約1週間使用した結果だいぶ改善しました。

ただ、ややお高めの価格とネットの口コミの高評価の割には、そんなに言う程いいか??と思ってしまいました 汗

確かに高保湿なのですが、これならドラッグストアで買える肌潤シリーズでもあんまり変わらないし。。というのが本音です。

スキンケアジプシー、まだまだ続いてしまいそうです。

36歳 乾燥肌 引用元:@COSME

 

つつむ トライアルセット

肌にやさしめのクレンジングは落ちが悪いことが多いのですが、こちらのクレンジングはアイメイク以外しっかりと落ち、冬の乾燥した時期に肌の乾燥が落ち着いたため、気に入りました☆

化粧水はひっとりめ、クリームも伸びは良くないのですが、十分に保湿できます。

引き続き、化粧水とクリームを購入しました^_^

29歳 混合肌 引用元:@COSME

つつむ トライアルセット

●ジェントルクレンジング
白いクリーム状のクレンジング。1回分がサンプル1包では全く足りない。2包でなんとか足りるぐらい。オイル状に変化するまでの、肌への摩擦が大きい。乳化させてから洗い流しても、なかなかベタベタ感がとれない。推奨されている6~7回のすすぎでは絶対無理。洗い流しても洗い流してもベタベタがとれないくせに、タオルで拭いた直後からカサカサ。メイクがきれいに落ちきってなかった。
→現品購入なし

●ローションセラムE
透明に近い乳白色で、とろみのあるテクスチャー。もはや化粧水というよりジェルのような感覚。驚くほどすっと浸透して、ベタつかないのに肌はもっちりする感じ。
→これは、現品を購入してみようと思います

●フェイスクリームS1
乳白色のジェルのようなクリームで、緩めのテクスチャー。ぐんぐん浸透していくというよりは、時間と供に徐々に浸透していく感じ。表面のベタつきは少ないのに、皮膜で保護されていて保湿されてる感はあまり感じないのに、乾燥はしないという不思議な感覚。軽めの皮膜感で、春夏や朝のメイク前にちょうどいい感じ。
→現品廃盤

●フェイスクリームR1
やや肌色がかったジェルのようなクリームで、かなりこってりしたテクスチャー。ぐんぐん浸透していくというよりは、時間と供に徐々に浸透していく感じ。表面のベタつきは少ないのに、皮膜で保護されていて、保湿されてる感はあまり感じないのに、乾燥はしないという不思議な感覚。皮膜感が強く、私には重いように感じる。真冬でも重いぐらいかも。
→現品購入なし

●フェイスクリーム
やや肌色がかったジェルのようなクリームで、ややもったりとしたテクスチャー。ぐんぐん浸透していくというよりは、時間と供に徐々に浸透していく感じ。表面のベタつきは少ないのに、皮膜で保護されていて、保湿されてる感はあまり感じないのに、乾燥はしないという不思議な感覚。程よい皮膜感で、私にはちょうどいい。
→これは、現品を購入してみようと思います

●デイモイスチャーヴェール
かなり黄色がかったクリーム。SPFが入った日中用保湿クリームの為、使用感は日焼け止めそのもの。使い心地は良かったし、乾燥することもなかったし、化粧が崩れやすいということもない。ただ、これだけだとSPF値が低いので、単体で使うには頼りない。日焼け止めは、もう少しSPF値が高いものを使いたいので、これは使い勝手はよくないのかも…。
→現品購入は見送り

※ジェントル ウォッシュ、ジェントル クリームウォッシュ、ふんわり洗顔ネットに関しては使用しませんでした。

32歳 敏感肌 引用元:@COSME

アヤナスとつつむのトライアルセットの口コミを比較してみると、やはり アヤナスを使用する方の多くはエイジングを始めたくて購入している方がほとんどでした。

それに対してつつむの方は敏感肌や乾燥肌など肌トラブルで困っている方が中心でほとんどが刺激や乾燥から肌を守る目的で購入している方がほとんどでした。

アヤナスとつつむの違い早見表

アヤナスとつつむの特徴と製品の違いを簡単に一覧表にまとめましたので文を読むのが面倒な方はこちらでチェックしてください。

商品名 アヤナス つつむ
商品画像
トライアルキット価格 1480円 1470円
トライアルキット内容 ・アヤナス ローションコンセントレート20ml
・アヤナス エッセンスコンセントレート 10g
・アヤナス クリームコンセントレート 9g
・アヤナス アイクリームコンセントレート 1回分
・つつむ ジェントル クレンジング 1.3g×14回分
・つつむ ジェントル ウォッシュ 10g
・つつむ ジェントル クリームウォッシュ 1回分
・つつむ ローションセラム E 14mL
・つつむ フェイスクリーム 10g
・つつむ フェイスクリーム S1 1回分
・つつむ フェイスクリーム R1 1回分
・つつむ デイ モイスチャーヴェール 1回分
 特徴  エイジングケア  敏感肌改善
 有効成分  ・バルマリン、ジンセンX、ビルベリー葉エキス、ヴァイタサイクルヴェール、セラミドナノスフィア、CVアルギネート、コウキエキス、シモツケソウエキス、ローズマリーエキス、コンドロイチン  ・ヒト型ナノセラミド、ベントナイト、ヴァイタサイクルヴェール、アミノ酸複合体、エモリエントプール成分
 効果  心を解きほぐし、敏感肌を立て直し美しい肌へと導く。
目元のシワやハリ感をアップ 乾燥やくすみすべてに対応
 ダメージを負った敏感肌に角層への潤いの連鎖を呼び覚ます
肌自ら潤い、強く輝く肌へ

※有効成分はそれぞれのシリーズの製品に含まれるものを抜粋したものであり全てに含まれているわけではありません。詳細については公式サイトをご覧ください。

成分だけで比較するとアヤナスのほうが良い?

一覧表で違いを見てみるとなんだかアヤナスの方がいっぱい効きそうな成分を含んでいてよさそうに思いますよね。

しかし、敏感肌は普通の肌と違って成分を多く含めばいいというものではなく、特に肌荒れが酷い時などはあえて最小限のケアで肌の力を呼び起こすことも必要なのです。

なので敏感肌でも状態が落ち着いていてほとんど肌荒れなどがない人には一歩進んだエイジングケア用にアヤナスをおすすめします。

ディセンシア「アヤナス」をトライアル購入!本音の口コミと効果

2018.09.08

ただし、肌荒れや乾燥など敏感肌状態が悪い場合はまずはつつむでしっかりと肌の土台を作ることをおすすめします。

ディセンシア「つつむ」の効果をトライアルで検証!本音の口コミ評価

2018.07.10

つつむはアヤナスと違い、各層の奥で作られてしまった負のスパイラルを断ち切って健康的な肌へと導く潤いのスパイラルを構築してくれるのでアヤナスとの最大の違いはここだと思います。

アヤナスは肌に必要な成分を与えて明るく若々しい印象に変えるのに対し、つつむは敏感肌の根本的な不調を断ち切って中から変えていくという違いがあります。

通常製品価格はアヤナスの方が高い

成分を見てもわかるようにアヤナスはプレミアムエイジングケアというだけあって非常に多くの貴重な成分を配合していますので価格面でもつつむよりも高くなっています。

なのでトータルケアを継続してすることを考えたときにつつむを使って部分的に目元や口元などスポット的にエイジングケア製品を組み合わせて使うのもアリだと思います。

一応公式サイトでは定期的に購入する場合は定期会員になると会員特別価格で少し安く商品を買うことができます。

まずはどちらか購入を迷っている方はトライアルキットでのお試しをおすすめします。

価格表 アヤナス つつむ
 ローション    
 スペシャルケア    
 部分ケア    
 クリーム    

自分の肌の状態に合わせて検討を

ついついプレミアムエイジングケアなんて聞くとなんだか効きそうでそちらを選びたくなってしまいますが、肌が荒れてすごいのにエイジングケア用品を使っても刺激になってかえって悪化してしまう可能性もあります。

肌が比較的落ち着いているならアヤナスもおすすめですが、肌荒れや乾燥が気になっている方はまずはつつむで肌の基礎作りをしっかりと作ることから始めるのが良いと思います。

実際に私はつつむを毎日のお手入れ用に使ってアヤナスはスペシャルケア用にちびちびと使っていますがくすみなど気になるときはやはりアヤナスが活躍してくれます。

どれか一つだけを使うというよりは自分の今手元にある化粧品などと組み合わせて使ってみるといいと思います。

>>つつむ公式サイトをみてみる

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

女性ホルモンの神様編集部です!美容・ダイエット・サプリ系の記事を主に担当しています。最近はメイク系YouTuberの動画を見るのが趣味です。細心の注意を払って正しい美容知識をお届けできるようにしています。またすべての記事はコスメコンシェルジュ・美容家のYURIEさんの監修も入っています。