目の下のしわに効果があったスキンケアクリーム5選

目の下にできるしわ…老けて見える原因にもなるし何よりメイクのよれの原因にもなる厄介なトラブルです。

年齢とともにしわやシミが出てくるのは仕方がないけど、できることならしわを薄くしたい…

そんな方のためにコスメコンシェルジュの管理人が実際に使用して効果があったしわ対策スキンケアクリームを厳選して5つ紹介します。

目の下のしわをどうにか薄くしたい…そんな方のスキンケア選びの参考になればと思います。

⇒スキンケアランキングをチェックする

目の下はシワとたるみに分かれる

目の下にできるのはシワと言われる肌表面にできる凹凸と皮膚自体がたるんで溝のようにできるたるみの2種類があります。

シワもたるみも見た目年齢に影響を与える要因の一つとして40歳以降の女性の悩みとして上位に上がっています。

シワはたるみと比べてまだスキンケアでの改善が期待できますが、たるみによる深い溝はたるみ自体を改善する必要があるため美容皮膚科などプロの手が必要になる場合があります。

目の下のしわ・たるみの原因

現在目の下などにシワができる原因としては以下のような要素が関係していると言われています。

シワとたるみの原因
・遺伝によるもの
・年齢によるもの
・過剰な筋肉の使用
・慢性的な日光曝露
・喫煙
・大気汚染
・低BMI

 

シワやたるみができる背景には実は遺伝による影響も関係していると言われています。

そのため、欧米人と比較するとアジア人や黒人などのほうがシワの出現が遅い傾向にると言われています。

それでは具体的にシワの原因を1つずつチェックしていきましょう。

遺伝による影響

実は肌質や骨格など色々な要素が遺伝による影響を受けています。

その1つにシワも当てはまり、家族がしわができやすい体質であれば自分も年齢とともにシワが出来やすくなる可能性が高くなります。

先程も言ったように欧米人の場合は色素などの関係で日光の影響を受けやすく、光老化が進みやすいと言われています。

同じ年齢でもシワができやすい、できにくいは実は遺伝による肌質などの影響も関係しているのです。

年齢による原因

シワができる原因と言えばやはり老化による肌質の低下が1番最初に思いつくと思います。

管理人
女性の肌は30代がコラーゲン量のピークでその後は1歳年をとるにつれて1%もコラーゲン量が減少していくと言われています。

 

私達の肌は約70%近くがⅠ型コラーゲンで出来ているため、30代をピークにコラーゲン量が減少することで皮膚の厚さや弾力性が低下してしわを作り原因となります。

年齢による変化は誰にでも起きる止められない現象なので、対策としてはコラーゲンの摂取やビタミン類の摂取を積極的に行うことが重要だと言われています。

筋肉の使用による原因

目の下のしわを作り出す原因の1つとして筋肉の変化や使いすぎによる原因があります。

管理人
年齢を重ねると筋肉もどんどん薄く弱くなっていき、若い頃と比べると筋肉自体が縮小する傾向にあります。

 

目の周りの表情筋は浅頭筋と言われる皮下の浅い部分にある筋肉が殆どで、筋肉の片端が皮膚とつながっているものが多数あります。

その為筋肉の動きや萎縮などに合わせて皮膚も動くため、加齢によって弾力がなくなった皮膚が筋肉の萎縮などによって引っ張られるとたるみやシワを起こす原因となります。

特に日常的によく使う筋肉の場合は筋肉の引力が強いと皮膚が引っ張られて深いシワとなりやすいため、日常的にマッサージなどで筋肉の柔軟性を維持するケアが大切になります。

日光を浴びることでの原因

シワを作り出す原因でも有名なのが日光に含まれるUVによる光老化の影響です。

管理人
特にUV−Aは肌の奥まで透過して肌細胞に影響をあたえることでコラーゲンの生成を邪魔したり、しわの原因となる変化を起こします。

 

私達の身体の中でも特に日光の影響を受ける部分が顔・手・首の3部分が特に日光に晒される時間が長いと言われており、そのためシワも顔や首、手の甲と言った部分を中心にでき始めることが多いのです。

実際にシワの研究でも庭仕事などがなく日光に当たる時間が少ない人のほうがシワが少ないという結果もあるそうです。

喫煙による原因

喫煙による健康被害が広く知れ渡ることでかなり喫煙者の量は減少しましたが、喫煙は健康だけではなく美容面でも大きな影響を与えます。

喫煙はしわを悪化させる要因の1つだと言われており、男性よりも女性の方が喫煙による影響でシワが悪化しやすいことが研究によって分かっています。

 

喫煙によって起きる目の下のシワやたるみなどは実はスモーカーズ・フェイスと呼ばれるほど喫煙者の特徴として有名です。

タバコに含まれているにニコチンは血管の収縮を起こしたり一酸化酸素を発生させることで身体の中での酸素不足が起こりやすくなります。

管理人
更に女性ホルモンの低下を引き起こすなど女性の健康と美容に対して悪影響を及ぼす原因が詰まっています。

 

煙草によって体内に活性酸素が多くなるとシワやたるみなどを引き起こし、一気に老けて見られる容姿へと変貌してしまう原因となるので喫煙は自分のためにも早めに辞めることをオススメします。

大気汚染による原因

ここ数年で影響が危惧されているのが大気汚染物質による肌の老化です。

PM2.1やPM2.5などは私達の毛穴の大きさの約1/20ほどのであり、肌への影響があると言われています。

 

最近行われた調査によるとドイツで24年間の大気汚染の影響を調べた結果、PM10以下の大気汚染では汚染レベルが高いほど肌老化が早いという結果がわかったそうです。

最近ではCCクリームなどでも大気汚染から肌を守るタイプのバリア機能を持ったものが出てくるなど、大気汚染から肌を守るケアも今後は重要になってくるのかもしれません。

参考:日経スタイル

 

痩せすぎによる原因

実はしわができやすい人は低BMIの傾向が強いそうです。

痩せていることが一種のステータスのようにもてはやされた結果、標準体重を大きく下回るような低BMIの方が増えました。

実は若い時は痩せていても気になりませんが、40代を超えるとBMIが少ないほどシワたたるみが目の下や顔にできやすくなります。

実際に美容皮膚科など専門分野ではシワの要因の1つに低BMIが入っており、40代以降で老けて見られないためにはBMIが高いことが条件として有利であると言われています。

BMIが低く痩せ型の方は老化に伴う皮膚の厚みの減少などが顕著に起きるため、早い方だと30代後半でもビックリするくらいシワとたるみが出来てしまう事があるんです。

目の下のしわ対策で抑えておきたいポイント

目の下のしわ対策のためにスキンケア用品を検討している方が多いと思いますが、スキンケア選びで抑えておきたいポイントをいくつかまとめました。

★注目ポイント
・皮膚の弾力をアップさせる成分
・皮膚のハリを戻す成分
・肌のふっくら感を取り戻す効果
・ヒアルロン酸など潤い成分
・シワへの効果

目の下のしわを薄くするために選ぶスキンケアの選ぶ基準としてはまず、肌の弾力をアップさせる効果が期待できる成分が入っていることは必須です。

目の下のしわはそもそも肌の弾力が低下したことによって起きているので弾力アップ効果は絶対にチェックしましょう。

更にハリ感やふっくら感などをサポートするコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分もできれば配合していると肌の老化を緩やかにするためにも効果的です。

最後にしわへの効果が認められているクリームなども販売されているのでシワへの効果が書かれているかもスキンケア選びでは重要視しておきたいポイントといえるでしょう。

目の下のしわ対策スキンケアクリーム5選

第1位 リンクルショット


2017年ベストコスメにも選ばれるほど美容業界に衝撃を与えたPOLAのリンクルショットが1位です。

多くの方が御存知の通り、シワへの効果が認められた美容クリームとして爆発的な人気をはくしています。

紫外線や表情筋によるしわを独自の成分によって肌本来の力を利用してシワの改善へと導きます。

真皮まで届いて作用するニールワンという成分で深いシワから浅いシワまでしっかりとケアできるスキンケアクリームと言えます。

▶▶リンクルショットのレビューはこちら

価格 通常価格15,000円
内容量 20g
特徴  日本初しわを改善する薬用化粧品
愛用者の口コミを見てみる

第2位 リンクルクリーム


1位に続きしわへの効果が認可された純粋レチノール配合リンクルクリームが第2位です。

リンクルショットと違う点は純粋レチノールという成分によってしわを改善していきます。

レチノールによってしわの原因となる潤い不足を解決し、肌の中でヒアルロン酸などの生成をサポートします。

▶▶リンクルクリームのレビューはこちら

価格 6,264円
内容量 15g
特徴  純粋レチノール配合、新効能認可
愛用者の口コミを見てみる

第3位 珠肌のうみつクリーム


お取り寄せ殺到中の美容クリーム珠肌のうみつクリームが第3位です。

珠肌のうみつクリームの最大の特徴は昔から伝わる卵美容をもとに開発した卵殻膜LOX成分です。

卵殻膜にはひなが成長するのに必要な栄養素がたっぷりと含まれており、いわばプラセンタにも似た働きを担っている部分です。

そんな高い栄養を含んでいる卵殻膜の中にはしわへの効果が期待されているヒアルロン酸やセラミドなどがたっぷり含まれています。

使い始めて7日間で変化を実感できるという公式サイトの売り込みの通り、使い始めて数週間で肌の変化を実感できます。

▶▶珠肌のうみつクリームのレビューはこちら

価格 通常12,000円 → キャンペーン価格 7,000円
内容量 30g(1ヶ月分)
特徴  業界初卵殻膜LOXを配合、肌のバリア機能を修正
愛用者の口コミを見てみる

第4位 PCCプレミアムジェルF


第4位は肌の再生力を高めてエイジングケアを促す高機能型オールインワンのPCCプレミアムジェルFです。

年齢によって低下している肌の代謝を活性化してたるみやくすみと言ったトラブルの元をケアします。

発酵プラセンタ原液をまるまる1本使用している贅沢思考の高級スキンケア用品です。

▶▶PCCプレミアムジェルFのレビューはこちら

価格 通常8,100円 → 定期初回 1,980円
内容量 50g
特徴  高浸透力、肌の再生力をアップさせる新感覚エイジングケア
愛用者の口コミを見てみる

第5位 スキンケアクリームナノアルフファ


最後の1品はニッピコラーゲンから発売されているスキンケアジェルNMバランスです。

コラーゲンと言えばニッピコラーゲンというくらいコラーゲン製品の大手ブランドが本気で作ったスキンケア用品です。

生コラーゲン配合で洗顔後に肌につけるだけで肌の内側からふっくらと弾力のあるプルプル肌へと変えていきます。

目の下のたるみや表情ジワによってどんより沈んだ皮膚をコラーゲンの力でぷっくり若々しい印象へと変えてくれるスキンケアクリームです。

▶▶スキンケアジェルNMバランスのレビューはこちら

価格 通常2,777円 → お試し価格1,080円
内容量 通常35g(お試し10g)
特徴  生コラーゲン使用で肌の弾力とハリアップ
愛用者の口コミを見てみる

スキンケア選びに迷ったら


目の下のしわ対策スキンケア選びに迷ったらオススメするのは珠肌のうみつクリームです。

1位のリンクルショットは抜群のしわへの効果が期待できますが3ヶ月以上使用しないと効果が実感しにくいのと、何より価格が高価なため買う人が選ばれるアイテムだと思います。

その点はリンクルクリームはリンクルショットと同じくらいのしわへの効果を持っていながら価格がリンクルショットの半額程度と安いので初めて使う方でも手が出しやすいしてアイテムだと思います。

しかし、珠肌のうみつクリームは実際に使ってみると分かりますが高保湿で目元だけじゃなく顔全体しっかりケアできるので、目の下のしわ以外にも気になる部分につかえて割引もあるのでしっかり続けて使いたい方は珠肌のうみつクリームをオススメします。

化粧品以外での対策法


今回は目の下のしわを改善するのに役立つスキンケア用品を5つ紹介しましたが、スキンケア用品以外でも美顔器を活用することで目の下のたるみを解消することが可能です。

目の下のたるみは筋肉などが年齢とともに脂肪に変わることでたるみとして起きるのでEMSなどエステで使われているような機能を持った美顔器を使うことでもケアは可能です。

管理人は普段運動や入念なお手入れをサボりがちなためヤーマンのキャビスパを使って顔のお手入れをしています。

お風呂場で軽く顔全体を撫でるだけで筋肉を刺激してたるみを予防してくれるので楽にしわやたるみ予防をしたい方にはおすすめです。

目の下のしわと加齢


目の下にできてしまうしわは歳を重ねるごとにどうしても目立ってきます。

管理人
年齢とともに肌の機能は衰え、肌の弾力を維持するコラーゲンなどの生成力が低下するのがその原因です。

 

今回紹介したスキンケアアイテムはどれも加齢によって不足する肌の成分を補う効果が入っているため目の下に出来てしまったしわへの効果も十分期待できるものになっています。

どうしてもスキンケアによる対策だと最低3ヶ月ほどは様子をみなければならないので、早急にしわをなくしたいという方は美容皮膚科などで行っているボトックス注射なども検討してみると良いかもしれません。

まとめ

目の下に出来てしまったしわは早めに対策するほどキレイにすることが可能になります。

今回紹介したスキンケア5つはどれもしわへの効果が高く愛用者の満足度も高い製品になっているので気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。

しわを作らないためには30代を過ぎたら皮膚の美容成分を補ってあげるようなスキンケアを意識する必要があるのかもしれませんね。

乾燥小じわができる原因と乾燥小じわの改善法

2017.12.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です