アトピー・ニキビの原因と適切なスキンケア方法とは?

アトピーやニキビなどによって肌が赤くなっていたり炎症やかぶれが目立つような状態になっていると本当にツライですよね・・・。

子どもがアトピーで苦しんでいるというケースも多いですし、大人になってもアトピーやニキビが治らずに悩み続けているという人もたくさんいます。

ステロイド系の薬を使えば確かに一時的に炎症を抑えることはできるのですが、段々効果が薄れてきたり肌そのものの免疫力が低下するので根本的な改善にはならないことがほとんどです。

今回はアトピーやニキビの原因と適切なスキンケア方法についてまとめていきます。

実は薬に頼らずともスキンケアでアトピーの対策をすることもできますので、ぜひ取り入れて頂いて症状の緩和に役立てていただければと思います。

アトピーやニキビはどうしておきるの?

まずはそもそもアトピーやニキビといった肌荒れはなぜ起きてしまうのかと、1度できるとなかなかキレイな状態に戻りにくい原因について簡単にまとめてみました。

アトピーは体質によるところが大きい

幼稚園や保育園など小さいころに同じクラスに1人はいたアトピーの子ですが、同じ年ごろで同じような生活をしているのにこんなに肌がきれいな人とすぐに肌荒れを起こす人ではいったい何が違うのでしょうか。

実はアトピーはアレルギー反応と深い関わりを持っており、症状を引き起こす原因として一種の過敏症状を引き起こした状態だと考えられています。

なので、例えば花粉症の方は花粉の時期の前後に何もしていなくても空気中の花粉に過剰反応を起こしてアトピー性皮膚炎を繰り返してしまったり、シャンプーの洗剤に含まれる油分が合わず、シャンプーと触れた部分が過剰反応を起こし背中から全身へとアトピーを引き起こしたりします。

この過剰反応を引き起こす原因は元々両親のどちらかがアトピー持ちだったり、気管支ぜんそくなどアレルギー症状を以前に起こしたことがある方が起こしやすいと言われています。

なのでアレルギー物質や過敏症を引き起こす原因物質を徹底的に避けられない限り何度でも症状を繰り返してしまう可能性があるという事です。

ニキビが起きる原因は不明?!

実はアトピーと同じくらい肌トラブルで必ず上位に挙がってくるニキビによる肌荒れですがきちんとした発生原因については未だに分かっていないそうです。

しかし今のところ最有力として考えられているのが毛穴の中で皮脂とアクネ菌を男性ホルモンが何らかの作用で結びつけて炎症を起こさせてしまうためだと言われています。

なのでよく中学生や高校生といった青春時代といわれる時期にニキビが爆発的に発生するのは体内のホルモンバランスが安定せずに肌表面の皮脂バランスなど乱れやすい時期だからだと考えられます。

片顔にニキビが20個以上できている状態は日本の皮膚科学会のガイドラインでも重症と判定されているので顔のニキビを数えて片顔に20個以上ある場合は1度は皮膚科に相談したほうが良いでしょう。

つらいアトピーやニキビどうケアすべき?

アトピーとニキビでは症状を起こすまでの原因は全く違うのですが、健康的な肌状態を取り戻すために必要なスキンケアは基本的に同じポイントを注意していればいいんです。

もちろん重度の場合は専門家の元での薬を使った治療が必要なのでここでは自宅で行うべきスキンケアの共通部分のポイントについてご紹介します。

1 低刺激かつアレルギー物質には注意

アトピーもニキビも炎症を起こしている状態の皮膚は基本的に本来肌が持っているはずのバリア機能や保湿機能が壊れてしまっている状態だと考えられます。

そんな時に刺激たっぷりの化粧水などつけようものなら見る見るうちに赤くただれて痛いだけじゃなく最悪の場合は熱をもって腫れてきます。

アトピーやニキビによる肌荒れを起こしているときは気持ち的には、今の私の顔には皮が存在いしない!くらいの気持ちで細心の注意を払って肌につけるものを選ぶ必要があります。

皮がない状態なのに洗顔やスキンケアで何度も顔を手でたたいたりコットンで拭いたりすると絶対痛いですよね?アトピーやニキビを起こしている肌はそれくらいデリケートになっていますので普通の肌のお手入れとは考えずに慎重にスキンケアを行いましょう。

2 保湿に重点をおく

肌荒れを起こす要因としてまず乾燥によるものが大部分を占めています、始めはちょっとした乾燥でもスキンケアをサボっているうちに肌の奥底まで乾燥状態が進んでいって気づけば無防備で弱弱しい肌になっているのです。

肌のバリア機能を高めるためにもまずは何よりしっかりと保湿をすることをおすすめします。

しっかりと肌を保湿できると肌の奥にある細胞たちがカラカラのミイラ状態からぷりんぷりんの元気いっぱい状態へと変わっていき、そうなると肌の奥の細胞は古くなったいらない角層を押し上げてどんどん新鮮でピチピチの皮膚へと生まれ変わる手助けをしてくれます。

この皮膚のターンオーバーが活発になると皮膚表面にある荒れてカラカラになった不要な角質を垢としてポロポロと排出してくれるのでアトピーやニキビができても比較的早く健康な肌状態を取り戻しやすくなります。

3 バリア機能を取り戻す

保湿が充分にできたら必ず行いたいのが肌のバリア機能を正常に戻す美容成分などを積極的に肌に与えてあげることです。

アトピーやニキビで炎症症状が酷くなると最近による二次被害を予防するのに強い抗菌剤や洗顔やスキンケア用品でも抗菌、アクネ菌予防と書いてある商品を使用しがちです。

確かに最近による二次感染はしっかり防いでおきたいところですが基本的に毎日ぬるま湯や清潔なタオルで患部を清潔にしていれば問題ありません。(すでに何らかの細菌が発生している場合は除く)

バリア機能を取り戻すのに必要な成分はセラミドやアミノ酸といった成分を積極的に肌に与えてあげることが良いと言われており、化粧品の中にはバリア機能を独自の研究開発した成分で高めてくれるような化粧品も販売されています。

スキンケアポイントまとめ

  1. 低刺激かつアレルギー物質が入っていないか注意
  2. 保湿をしっかりする
  3. 肌のバリア機能を高める

基本的にアトピーやニキビによって肌に炎症性のトラブルなどを起こしているときは自分の肌は今は防御がない丸裸の状態だと思ってスキンケアするようにしてください。

アトピーやニキビ肌でも使えるオールインワンジェルなどもありますので、そういったものを上手く取り入れながら保湿とバリア機能の向上を目指していくのが一番の近道となります。

いま話題のローヤルゼリーもっちりジェルはアトピー対策になるか成分から徹底的に検証しているので、併せて確認してみてください。




気になる毛穴のケアに
【完全保存版】毛穴スキンケア化粧品ランキング

毛穴の黒ずみ・ごわつき・ざらつき・たるみに効果的な化粧品だけをピックアップして比較しました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です